私たちはどうかしている12巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
私たちはどうかしている12巻

横浜流星×浜辺美波主演で実写ドラマ化・わたどう!

 

【あらすじ】
除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。ある重大な真実を知った椿も動き出し事態は急変!?

 

私たちはどうかしている各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

実写ドラマ化!私たちはどうかしている11巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

 

ついに…ついに!光月庵(こうげつあん)の新当主が決まる12巻!!!
勝敗の行方を女将に託した大旦那。女将が選んだのは!?
ざっくりとしたあらすじ&感想です♫

 

 

私たちはどうかしている12巻

 

 

【私たちはどうかしている12巻あらすじ】

 

 

 

大旦那『光月庵はおまえに譲るー…』

 

 

 

大旦那がそう告げたのは…七桜(なお)。
光月庵の新当主は
七桜(なお)に決まりました!!!

 

 

七桜が作った柚子の上生菓子を、椿が作ったものだと思い女将は選んでいました…。
椿が作った“つばき餅”が父親から初めて教わった菓子だとは知らずに…。
結果を受け、椿を罵倒する女将。
女将を止めようとした大旦那でしたが、その瞬間発作を起こし、救急車で運ばれてしまいます!

 

 

 

病室に、椿を呼ぶ大旦那。
椿の作った“つばき餅”に魂をふるわされた、本当にうまかった…そう伝えます。

 

 

 

大旦那:それでも
あの菓子を選ぶわけにはいかなかった…

 

大旦那『わしの……
わしのために……

 

わしだけのために
向けられた菓子だった……』

 

 

 

大旦那は椿に謝り、もっと自由に菓子を作っていい…と伝えます。
『おまえだけの菓子を作るんだ』…と。
そう言って大旦那は亡くなりました…。

 

 

 

椿『まだ 二つ

 

たった二つしか食べてない…

 

これからもっともっと
食べてもらう

 

いままでの分ももっと……』

 

 

 

そう大旦那に叫び、涙を流す椿…。

 

 

 


 

 

 

大旦那の葬儀の日、光月庵の後継者は誰なのか…と噂する参列者の前に七桜(なお)が現れます。
そして、遅れて椿の姿が…。
椿はなんと、親族が着る“正式礼服”ではなく、“略礼服”で現れ焼香を行います。
ざわつく参列者&驚く女将の前で深く一礼し、光月庵を去って行きます。

 

 

 

店を出る椿を、七桜が待っていました。

 

 

 

椿『18年前と逆になったな……

 

 

あのときからずっと
こうしたかったんだろ

 

やっと自分のものを
取り戻せた

 

よかったな

 

 

ひとつ頼みがある

 

 

 

光月庵を絶対つぶさないでくれ

 

 

 

 

そう七桜に託し、去っていく椿。
そんな椿の背中を見つめ、“泣く権利なんか ない”と覚悟を決める七桜。

 

 

大旦那の葬式に、栞の姉・由香莉(ゆかり)が参加していました。
多喜川と知り合いのようで、、、

 

 

 

由香莉『今日は
あなたにお祝いを言いにきたの

 

目的を果たすことができて
おめでとう多喜川さん』

 

 

 

と、意味深な発言を…。

 

 

 


 

 

 

光月庵の当主として店に戻った七桜。
七桜が用意してもらった部屋は、かつて母親と一緒に過ごした場所でした。

 

 

翌日、当主として大勢の従業員の前で挨拶をする七桜でしたが…よそ者というだけでなく、“椿を追い出した人間”という目で見られ歓迎ムードではありません。
“思っていたよりずっと覚悟が必要かもしれない”と感じる七桜。

 

 

 

そんな七桜にお客様が。
栞の姉であり、年明けに“長谷屋”を正式に継いだ由香莉でした!
品があって華がある由香莉に思わず見とれてしまう七桜w
由香莉は七桜に“武六会(ぶろくかい)”の招待状を持ってきていました!

 

 

 

武六会とは、加賀の伝統を守る象徴のような存在で、数多ある名店の中でもそこに名を連ねることができるのは6店だけ…という特別な存在。

 

 

会に出ることができるのは、正式に跡を継いだ者だけであり、椿すら出席したことはないという。
武六会の一員としてふさわしい店かどうか毎年審査があるらしく、もしも外されることがあれば、その店は“終わり”を意味すると言います…。

 

 

400年続く光月庵の看板の重みを噛み締め、由香莉に連れられ武六会の会合に参加する七桜。
参加メンバーの強い圧に飲み込まれそうな七桜を助けてくれたのが、多喜川でした!
多喜川の家も名家で、武六会の一員でした♫
多喜川のおかげで緊張が解けた七桜でしたが…

 

 

 

七桜の評価を決めるべく、2月末にある奉納の儀に献上する菓子を作って欲しい、と提案されます。
しかも、代々当主に受け継がれる“あの道具”で作るように…と。

 

 

 

 

七桜『作ります

 

かならず皆さまの納得いく御菓子を』

 

 

 

 

 

と、武六会メンバーに約束する七桜。

 

 

 


 

 

 

が、しかし!!!
その道具を持ち出した女将が光月庵から姿を消してしまいます(;゚Д゚)!!!
必死で女将(道具)を探す七桜。
そんな七桜をフォローしたのは、栞でした。

 

 

栞は七桜と一緒にツテを使って女将を探します!
二人で話しているとき、栞は姉の由香莉に気をつけるよう七桜に忠告します。
実は由香莉と多喜川は過去に付き合っていたらしく、その時の多喜川は気まぐれで“心がない”雰囲気だったと話します…。

 

 

 

その話を聞き、多喜川のことを考える七桜。
多喜川がいなければ生きてさえいなかったかも…と思います。

 

 

 

七桜:大切な人……
信じて向き合いたい

 

嘘もなにもなく
ちゃんとー…

 

 

七桜は、多喜川のプロポーズに向き合おうと考えていました。

 

 

 


 

 

 

その頃椿は、石川県の小料理屋にいました!
客と喧嘩していた椿を止めに入ったのは、偶然にもかつて“七桜の母親役”を演じていた夕子でした!
椿は夕子に『少しまえに目の手術をした』と話します…もう大丈夫だと♫

 

 

光月庵を奪う為に、七桜が夕子に母親役を頼んでいた、と思い込んでいた椿。
『現に七桜は正体がバレて あの火事の中姿を消したー…』と椿が漏らすと、夕子は必死で否定します。

 

 

 

 

夕子『違う!それは……!!

 

 

違うよ……それは……

 

 

あの子は妊娠してたんだ

 

 

あんたの子供を

 

 

 

 

 

衝撃の事実に、表情がこわばる椿。
火事で流産してしまい、七桜は自分を責めて本当に辛そうだった、と夕子から聞かされます。

 

 

 

 

椿『……ど どうして……

 

 

なんでなにも言わないんだ
そんな大事なこと……!』

 

 

 

そんな椿を見た夕子は『よりを戻すことはできないの?』と尋ねます、が…。
結局自分たちは“偽りの夫婦以外なんでもなかった”と答える椿。

 

 

 

椿『あいつとは
出会ってからずっと
傷つけ合ってばかりだ』

 

 

椿:会えばまたかならずー…

 

 

 

…と。

 

 

 


 

 

 

七桜と栞はついに女将を見つけ出します!!
女将が宿泊していた場所に向かうと、神社の階段を上がり代々伝わる道具を燃やす女将の姿が…!!!
七桜は着ていた着物で必死に火を消し、道具を守ることができます!!

 

 

 

道具を大切そうに握りしめ、フラつく七桜。
そんな七桜を受け止めたのは…椿でした!!!

 

 

そして、逃げた女将を待ち伏せていたのは、多喜川でした。
『どうして父はあなたみたいな人に夢中になったのかな』と言います。

 

 

 

 

多喜川『ねえ今日子さん

 

想像してみたことあります?

 

あなたと父が逢瀬を重ねた結果

 

父親を奪われた家族が
どういう末路を迎えるか』

 

 

 

今日子の今の(ボロボロの)姿を見ることがずっと夢だった、と言う多喜川。
でも、実際に目の当たりにしてもちっとも気分が晴れない…と。

 

 

 

そんな多喜川に女将は衝撃の発言を…。

 

 

 

女将『そうだわ
光月庵がダメなら

多喜川家を椿に継がせようかしら

 

だってそうでしょう
椿は多喜川家の血を継いでるんだから

 

 

不出来なお兄さんより
ふさわしいと思わない?

 

弟のほうがー…』

 

 

 

…と。
驚く多喜川。

 

 

ここまでが、私たちはどうかしている12巻のあらすじでした〜!

 

 

 

【最新刊!私たちはどうかしている12巻感想】

 

 

わわわ〜〜〜(;゚Д゚)!!!
やっぱり、やっぱり!女将の不倫相手…椿の父は多喜川の父でしたね〜(;゚Д゚)!!!
でも多喜川は椿と異母兄弟だということまでは知らなかったようですね。

 

て、ことは待てよ…。
七桜に母親からの手紙を渡して光月庵に近づくように仕向けたのも、全ては父親を奪った女将に復讐するための多喜川の作戦だったってことなのか…( ゚д゚)!?
由香莉の『おめでとう』もその意味なのか、、。
多喜川が七桜に惹かれプロポーズしたのは嘘ではないと思うけど、もしも多喜川に利用されたと七桜が知ったら…かなりショックなんじゃなかろうか。

 

 

そしてまさか、旦那様を殺した犯人は(女将に指示された)多喜川の父じゃないか!?と一瞬頭をよぎりましたが、そうなると椿の父が七桜の父を殺したことになるから、さすがに辛すぎるので打ち消しました…。

 

 

 

 

そんなことより!
椿が七桜の為に戻って?来てくれたーーー( ´Д`)♡!!!

 

 

 

(引用元 私たちはどうかしている12巻)
私たちはどうかしている12巻

 

 

 

椿:会えばかならずまた傷つく

でも俺は
どうしてもここに
戻ってきてしまうんだー…

 

 

 

という椿のモノローグ。
憎しみやしがらみよりも深い七桜への愛を感じました!

 

 

私たちはどうかしている13巻も楽しみすぎます!

 

 

【次巻 私たちはどうかしている13巻発売予定日】

 

 

私たちはどうかしている13巻は2020.7/13に発売予定だそうです♫

 

 

実写ドラマ化!私たちはどうかしている13巻58話【感想・ネタバレ】(BE LOVE)

 

最新刊!私たちはどうかしている13巻まとめ【感想・ネタバレ】(BELOVE)

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です