最新刊!私たちはどうかしている13巻まとめ【感想・ネタバレ】(BELOVE)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
私たちはどうかしている13巻

日テレ水曜夜10時!
横浜流星×浜辺美波主演で実写ドラマ化・わたどう!

 

【あらすじ】
新当主となり不安を抱える七桜の光月庵に椿が戻ってきた。プライドを捨て職人として光月庵で働きたいと言う椿に誰もが驚き訝しむなか、七桜自身も椿の魂胆がわからず混乱する。だが手を負傷している七桜は店のために椿を雇うことを決意。一方、椿が自分の異母兄弟だと知らされて胸の内に憎しみの芽が生まれた多喜川は、ライバル心から七桜との結婚を押し進めようと急ぐ。光月庵に乗り込んだ椿は、自らの記憶をたどり18年前の真犯人を突き止めるために動き出すが!?

番外編「城島の決意」を特別収録!

 

私たちはどうかしている各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

 

最新刊!私たちはどうかしている12巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

2020.8/7私たちはどうかしている(わたどう)最新13巻発売しました〜♫
当ブログでは、わたどう13巻収録内容を1話ずつ記事にしてましたので、まとめました!

 

12巻ラストで、椿が光月庵に戻ってきた〜♡!!!
13巻では…ついに15年前の事件の真相に迫る展開になり、様々な新事実が発覚!
更には、七桜にプロポーズした多喜川の裏行動も色々と明かされてます((((;゚Д゚)))))))

 

椿と多喜川の七桜(なお)を巡る争いもヒートアップしてました!
また同じ場所で暮らし始めた七桜と椿の接近にドキドキの13巻でした♡

 

 

(番外編:『城島の決意』あらすじ、ドラマ感想を下記に載せてます♫)

 

 

【最新刊!私たちはどうかしている(わたどう)13巻まとめ】

 

 

私たちはどうかしている(わたどう)13巻58話↓

実写ドラマ化!私たちはどうかしている13巻58話【感想・ネタバレ】(BE LOVE)

私たちはどうかしている(わたどう)13巻59話↓

私たちはどうかしている13巻59話【感想・ネタバレ】(BE LOVE)

私たちはどうかしている(わたどう)13巻60話↓

私たちはどうかしている(わたどう)13巻60話【感想・ネタバレ】(BE LOVE)

最新話!私たちはどうかしている(わたどう)13巻61話↓

最新話!私たちはどうかしている13巻61話【感想・ネタバレ】(BELOVE)

 

 

 

【番外編『城島の決意』あらすじ】

 

番外編『城島の決意』では、光月庵の火事から七桜(なお)が姿を消し、8ヶ月後の話が描かれてました!

 

先輩の和菓子職人になかなか認めてもらえない城島。
自身の菓子作りに行き詰まっていた時、実家から連絡が入ります!
城島の菓子を食べた母親の知り合いが、その菓子に感動し能登の店で働かないか、と依頼してきたそうです♫

 

自分の菓子を認めてもらえた事に喜び、“これは受けるべきだよな”と考える城島。
そんなある日、椿から毎年恒例の茶会に一緒に来るように言われます!
堅苦しい茶会が苦手な城島は、当日もカチコチの緊張ムード。

 

茶会に連れて来られたのは“椿の嫌がらせ”だと思う城島。
茶会中、子供に話しかけられた城島は(椿の冷たい視線を感じつつも)一緒に仲良く遊びます♫

 

すると茶会後、椿に『今日は助かった 感謝している』とお礼を言われます( ゚д゚)!!!

 

 

驚く城島。
実は今回の茶会は毎回家族参加が多く、アットホームで椿はどう対応していいか困っていたらしい。
『すごいことだ』と城島を褒めます。
そして、城島が上司に注意されていた、城島の作る鮮やかなお菓子も『いつかきっと強みになる』と椿は言います!

 

照れつつも喜ぶ城島。
そこで、1年前に七桜が同じ茶会に行った時の事を思い出す城島。

 

 

自分の前を歩きながら、桜を見つめる椿を見て、(七桜に)“未練ありまくりなんじゃないか”と感じる城島なのでした。

 

 

母親に、引き抜きの申し出を断る連絡を決意する城島。
まだここで学ぶことがある、見届けなきゃならないことがある気がするー…と。

 

 

ここまでが、番外編の簡単なあらすじでした〜!
この話の後に(本編で)、城島は七桜(なお)を見つけ会いに行くんですね♫

 

 

【ドラマ私たちはどうかしている(わたどう)1話の感想】

 

ドラマ私たちはどうかしている1話観ました〜!!
浜辺美波ちゃん、横浜流星くんの美しい和装姿&登場する菓子の美しさ…まさにこれぞ眼福ドラマ♡!!
椿登場(流星くん)の背筋ピーン!な後ろ姿だけでキュンとしてしまいましたw
(実は流星くんは普段猫背らしいんですが、着物を切ると背筋が伸びる!とインタビューで答えてました♫)

 

ストーリーは原作通りですが、実写ドラマになると若干ドロドロ感&サスペンス感強めに感じる( ゚д゚)!?
和菓子のイメージシーンもすごく美しくて惹き込まれました〜♫セットもすごい!!

 

原作の椿も最高ですが、流星くん…椿そのもの!もしくはそれ以上!!
あの上から〜な冷たい目線に終始興奮しておりましたwww

 

七桜が椿の挙式に乗り込むシーン。
漫画だと当たり前ですんなり入ってくる“突然の人前でのキス”ですが、ドラマだと若干違和感…( ゚д゚)w
まぁこれからはもっと大人な展開も盛り込まれてますので…その辺もドキドキしながら楽しみに待ちたいと思います♫

 

13巻あとがきの作者によるスタジオ見学レポでは、ドラマプロデューサーさんが分単位の年表まで作成していたと明かされていました!
(プロデューサーさんはめちゃくちゃ漫画を読み込んでいて、作者本人より詳しいのではと感じるほどだそうです♫)
ドラマ私たちはどうかしている2話も楽しみです〜!!

 

ちなみに、ドラマ私たちはどうかしている1話の視聴率は9.6%だそうです。

 

ドラマ私たちはどうかしている2話の予告動画です♫↓


《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です