私たちはどうかしている2巻【感想・ネタバレ】(BE LOVE KC)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
私たちはどうかしている2巻

横浜流星×浜辺美波主演で実写ドラマ化・わたどう!

 

【あらすじ】
七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。七桜は彼を拒絶できない――!?

 

私たちはどうかしている各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

実写ドラマ化!私たちはどうかしている1巻【感想・ネタバレ】(BE・LOVEコミックス)

 

私たちはどうかしている2巻のあらすじ&感想です♪
さっそく2巻ラストでドキドキの展開が待っていました〜〜〜♡!

 

 

私たちはどうかしている2巻

 

【私たちはどうかしている2巻あらすじ】

 

 

何者かに嵌められ、光月庵(こうげつあん)にとって長い付き合いの“白藤屋”に大失態を犯してしまった七桜(なお)。帰り道、椿はなぜ七桜が“注文が入った”と嘘をついたのか責めます。

 

 

椿『誰が犯人だとか
そんなことは今更どうでもいい

 

わかってるのは
大切なお客様を
一人失ったという現実だ』

 

 

 

…と。
和菓子を真っ赤に染め、七桜を嵌めた犯人は…(もちろん!)椿の母(女将)でした。
女将は七桜に金を握らせ出て行くよう説得しますが、七桜はそれを拒否します。
『この疫病神!!』と暴言吐き、庭の池に七桜の大切な和菓子道具の入った荷物を捨てる女将。

 

 

 

池に入りずぶ濡れの七桜の前に現れたのは、椿でした。
『七桜にはもうすこしここにいてもらいます』と言い、白藤屋から“七桜が作った最中”の注文を受けた…と伝えます。
(白藤屋に注文させたのは、七桜に母からの手紙を私た謎の男性でした!)

 

 

 


 

 

 

その翌日から、厨房で椿に光月庵の命であるあんこ作りを教わる七桜。
色々な邪魔が入る中、七桜はある事実を知ります。
それは…

 

 

 

椿は光月庵を継げないということ。

 

 

なぜなら、光月庵は血のつながりのある人間にしか継がせない、道具を継がないと決めているから。
椿は“母親の不貞の子”だと言う椿の祖父。
(あのめちゃくちゃ冷たい態度もそのせいだったんですね。)

 

 

 

七桜(なお)と二人きりになった椿は、思いを吐露します。

 

 

 

椿『くだらない

 

血のつながりになんの
意味があるんだ

 

大切なのは
和菓子に対する情熱だ

 

意思だ

 

約束したんだ

 

 

絶対誰にも渡さない』

 

 

 

…と。
その後、七桜の作る“光月庵”のあんこを“完璧”だと認めた椿。
でも、七桜が光月庵のあんこを美味しいと思っていないことに気づいていましたw
七桜が美味しいと思うあんこを作らせ食した椿は、白藤屋には七桜のあんこを持って行く、と決定します!
(でも、白藤屋の女将の気持ちを考えた七桜は通常の光月庵のあんこを使った最中を持って行き、結果、その判断は正しかった様です♪)

 

 

 

無事、ピンチを乗り越えた七桜と椿。
が、しか〜〜〜し!その夜、家族の食事の席に呼ばれた七桜は、椿の祖父(大旦那)から“偽りの嫁”だと罵られてしまいます!
結婚すると言いながら部屋も別々で、互いに目も合わせようとしない二人を見ていた様です。

 

 

 

大旦那は、『この家に入り込んできた女が二人いた』と言い、一人は椿の母(現女将)で息子を裏切り、血の繋がりもない子供(椿)を残した…と。

 

 

 

大旦那『もう一人は
職人だと言って入ってきた

 

その女は息子の命を奪った

 

おまえは……
おまえはなにを奪うつもりなんだ

 

私の大切な
なにを奪うつもりだ』

 

 

 

そう言って七桜に手を伸ばす大旦那…((((;゚Д゚)))))))!!!
(いや、ここホラー。大旦那さまは北大路欣也しか浮かばないw)
その瞬間、椿が大旦那に水をかけ七桜を抱き寄せます。

 

 

 

 

椿『俺の部屋へ来い』

 

 

と!!!

 

 

(引用元 私たちはどうかしている2巻)
私たちはどうかしている2巻

 

 

 

 

椿『今晩から
七桜(なお)と部屋をいっしょにします

それで文句ないでしょう』

 

 

 

 

と、大旦那にすごむ椿。
大旦那と女将の前では冷静な態度を取る七桜でしたが、母親の事をなにも言い返す事ができず、その後涙を流します。

 

 

そして、その夜から七桜は椿の部屋で一緒に寝ることに…。
布団を並べ背を向けて横たわる二人でしたが、椿がふと呟きます。

 

 

 

椿『「七桜(なお)って「さくら」なんだな」

 

「七」つの「桜」

 

……昔……
この家に「さくら」って名前の女の子がいて
ここでよく二人で御菓子を作った』

 

 

 

 

と話し始めます。
自分に気づいたわけではなくとも、椿も覚えている、と感じた七桜は顔を赤らめ、『どんな子……だったの』と尋ねます。

 

 

 

 

椿『……大人しくて
泣き虫で……

 

でもこの暗い家の

 

唯一の明かりだった』

 

 

 

と言う椿。
その言葉を聞いた七桜は思わず振り向き、手に触れてきた椿を、背後から抱きしめます…♡!!!
キスをして、その後、肌を重ねるふたり…♡

 

 

が、しかし!!!
行為後、『もし その「さくら」って子が 目の前に現れたらどうするの?』と尋ねた七桜は、椿の言葉に凍りつきます。

 

 

 

椿『「さくら」が目の前に…

 

 

消えてもらうよ

 

 

俺の前から永遠に』

 

 

その頃、椿の母(女将)は七桜の素性を調べさせ、七桜の正体に気づいていました…!!!

 

 

 

ここまでが、私たちはどうかしている2巻のあらすじでした〜。

 

 

【私たちはどうかしている2巻感想】

 

母の真実を知るために、憎い大キライな椿と結婚を決意した七桜と、“店の名前”だけが目当ての女なんて利用するだけすればいい、と考えていた椿でしたが…お互いに少しずつ惹かれ始めた様ですね〜…♡

 

自分がかつて椿に感じていた気持ちと椿の気持ちが同じだったと知った七桜は、どこか寂しげな椿に肌を許しました…が、凍りつく様な、まさかの言葉が待っていました(;゚Д゚)!!!ヒー

 

 

私たちはどうかしている3巻のあらすじ感想に続きます♪

 

 

私たちはどうかしている3巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

 

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です