実写ドラマ化!私たちはどうかしている10巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
私たちはどうかしている10巻

横浜流星×浜辺美波主演で実写ドラマ化!

 

【あらすじ】
目に不調を抱えながら復活した椿。そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!?

 

私たちはどうかしている各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

実写ドラマ化!私たちはどうかしている9巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

 

3年ぶりにライバル同士として再会した椿と七桜。
2人の距離が久々に近く…嬉しくなったのも一瞬でした…。
私たちはどうかしている10巻のざっくりとしたあらすじ&感想です♫

 

 

私たちはどうかしている10巻

 

 

【私たちはどうかしている10巻あらすじ】

 

 

椿のおかげで、なんとか他の男性客には見られず温泉から出ることができた七桜(なお)。
間違えて伝えてしまった、と仲居が謝罪をしてきます!(…が、これは多喜川が七桜の行動を試すため、2人きりにしようとお願いした事でした。)

 

 

 

その後、ふたりはフェアの御菓子作りについて話すため、椿の部屋で一杯飲むことに…。
七桜とふたりで飲むのは3年ぶりだと言う椿。
3年前、五月雨亭の茶会のあとの祝い酒…。2人が抱き合った夜でした。

 

 

 

椿『あの夜も嘘だったのか?』

 

 

 

と七桜に尋ね、キスをしようとする椿。
七桜は冷たい表情で『試してみたら?』と返します。

 

 

そのまま椿が部屋を出て行こうとした瞬間、視界が歪み倒れこんでしまいます( ゚д゚)!
七桜は、椿の目のことを知っていると打ち明け、手術するよう説得しますが、椿は園遊会が終わるまでは無理だと突っぱねます。
園遊会には地元の名士や著名人が多く集まるため、そこでヘタな菓子を出せば光月庵の評判が地に落ちてしまうから…。

 

 

 

 

椿『……俺の光月庵が終わる

 

視力を失うことと同じことだ』

 

 

 

そう言って、厳しい表情を見せる椿。
七桜は、『だからって 私は光月庵を自分のものにすることをあきらめないから』と言い、椿に覆い被さりキスをします…。

 

 

 

七桜:好き いまでも 椿が…

 

私が

 

椿を光月庵の呪いから

解放するーーー

 

 

でも、椿から唇を離した七桜の表情は冷め切っていました。
七桜のキスを“なんの熱も心も感じない”キスだと受け取った椿。
七桜も冷たい視線を椿に向け、『母親の潔白を証明する』と伝え部屋を去ります…。

 

 

 

 


 

 

翌日、それぞれの店に帰った椿と七桜。
多喜川に何があったか聞かれた七桜は、椿の目の事を打ち明けます。
“椿にずっと御菓子を作って欲しい”と涙を流す七桜を見た多喜川。

 

 

 

多喜川『なるほど

 

椿くんに早く
治療を受けてもらうために
一刻も早く
光月庵を奪うことにしたわけだ

 

椿くんは恨むだろうね
きみを一生許さない』

 

 

 

七桜の気持ちを見透かしていました…。
そして『椿くんが羨ましいよ そんなふうに思われて』と言います。
ひたむきに何があっても負けずに一つのことを追い続けている七桜。多喜川は七桜に本気で惹かれていました…。

 

 

多喜川『七桜ちゃんに誓うよ

僕だけは
ずっと君のそばにいる』

 

 

そう言って、七桜の額にキスをします。

 

 

 


 

 

一方、宿から帰った椿は栞が(自分との子供を)妊娠したと聞かされ驚きます。
結婚の話までもう進められていることにも…。

 

 

その夜、栞は必死に『子供をください』『現実にしてください』と椿に(全裸で!)迫りますが、椿はハッキリと拒否。
七桜への気持ちがまだ残る今、『絶対に無理です』と言い部屋を出ます…。

 

 

 


 

 

 

七桜は今の光月庵を潰すため、女将と裏で繋がり不正を行なっている政治家・溝口に近づきます!
作戦はうまくいきませんでしたが、そこで“大旦那がもうすぐ死ぬ”と聞かされます…!!
七桜の動きを聞きつけた女将(椿の母)は、慌てて大旦那の元に。

 

 

 

(光月庵の)次期当主の決定権がある大旦那に名乗りをあげようと、母の残したDNA鑑定書を持って、大旦那が入院する病室を訪れた七桜。そこには、昔の威厳も何もない廃人のような大旦那の姿と、慌てて退院させようとする女将がいました!

 

 

椿の子供を栞が妊娠したと聞かされ、ショックを受ける七桜でしたが…

 

 

 

 

七桜『私が光月庵の
正式な後継者なのは変わらない…

 

樹さんの
本当の子供は私です』

 

 

 

 

 

と、大旦那に告げます!!!
そのまま女将に連れ出されてしまう大旦那。

 

 

後日七桜(なお)は、フェア用の御菓子ができたと椿に連絡し、隙を見て大旦那の部屋を探します!!
その途中、栞に遭遇した七桜。
七桜は栞に、椿に目の手術を受けるよう説得して欲しいと必死で頼みます…!!
自分では無理だけど、椿の子を妊娠している栞ならきっと説得できる、と考え…。

 

 

 

七桜:近づけば憎しみ合うだけ

 

私が光月庵を奪っても
椿には支えがある

 

きっと幸せになれる

 

 

 

 

 

椿の目のことを知らずにいた栞は動揺し、言葉を濁し去ってしまいます…。
七桜の中に椿への思いが残っていると気づいた栞。
“私にもまだ 好きな人のためにできることがあるかもしれない”と感じた栞は、ずっと椿に隠していたことを打ち明けます。

 

 

 

栞『3年前のあの火事のとき

 

椿さんは
七桜さんとの約束を
守ろうとしたんです』

 

 

 

と。

 

 


 

 

 

大旦那の部屋を見つけ、2人きりになることができた七桜。
がしかし!大旦那が『「さくら」なのか?』と七桜の腕を掴んだ瞬間、大旦那はその場に倒れてしまいます…!

 

 

慌てて大旦那の名前を呼ぶ七桜。
そこに現れたのは、椿でした…!!!

 

 

ここまでが、私たちはどうかしている10巻のあらすじでございました〜。

 

 

【私たちはどうかしている10巻感想】

 

 

くぅううう〜〜〜。
なんとも歯がゆい10巻でございました!!!

 

母親の夢を叶えること、椿を光月庵から解放することが、七桜の目的になった…。
けどそれは同時に椿に一生恨まれることなワケで…。

 

互いに愛情があるのに、結ばれることは許されない、決してそうしない2人の切ない展開に胸が痛かったです。
栞も城島の言葉で父からの愛に気づかされ、椿に本当のことを伝えることが出来ましたね。

 

どこまでも卑劣な女将。ブレないな〜。
ついに後継者争いに向け、動き出した七桜。
私たちはどうかしている11巻のあらすじ&感想に続きます!

 

実写ドラマ化!私たちはどうかしている11巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です