センチメンタルキス1巻2話【感想・ネタバレ】(マーガレット)

1 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
マーガレット12号

マーガレット12号(2020)に掲載のセンチメンタルキス2話のあらすじ感想です☆
2話はセンチメンタルキス1巻に収録予定と思われます。

 

センチメンタルキス各話ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

センチメンタルキス1巻1話【感想・あらすじ】(マーガレット)

 

『もう君に会う事はないから』
大学生の佑菜(ゆな)が出会った、高校2年生の男の子・日和。
二度と交わるはずではなかったふたり。でもー

 

センチメンタルキス2話のあらすじ&感想です〜♫

 

 

センチメンタルキス2話

 

 

【センチメンタルキス2話あらすじ】

 

 

佑菜『あーやあっと
具合よくなってきたぁ…』

 

 

大学の教室で、水を一気飲みする佑菜。
佑菜から昨夜の話を聞いた友人の恭子は、『ねぇその男の子ってカッコよかった?』と尋ねます♡!

 

 

 

佑菜(ゆな)は、日和(ひより)の顔をイマイチ覚えていませんでしたwww

 

 

かすかに覚えていたのは、竹刀を持つ綺麗な立ち姿と、“日和”という名前だけ。
もしかしたら、その男の子が佑菜を探しているかも…佑菜に気があるかも…と言い出す恭子。

 

 

 

佑菜『中学から一緒の恭子は
あたしのモテないっぷりは
知ってるでしょ』

 

 

と否定する佑菜。一番話した男子は亜蘭(あらん)だった、と。
ふたりは教室を出て別れます!

 

 

 

その後、亜蘭と会った恭子。
佑菜が“モテない”と言っていた事を亜蘭に話します。

 

 

 

亜蘭『まあそうなんじゃね?』

 

恭子『…なんでだろね』

 

 

 

(含みアリな恭子の発言w大学内を歩く佑菜を、通りすがりの男子学生たちは目で追ってます〜w)

 

 


 

 

その頃、日和は高校で佑菜を探していました!
3年のクラス全て訪ねますが佑菜はいない( ´Д`)!
事情を知った友人に、『幽霊だったんだよ!』と言われてしまいますw

 

 

 

日和『絶対いたんだよ』

日和:倒れこんでるのを
俺が見つけた

俺が連れ出した

 

 

そう思い出す日和。
放課後、日和はコンビニから出てきた佑菜を見つけ、驚きます!!

 

 

一瞬目が合いますが、佑菜は日和に気づかず行ってしまいます。
思わず、佑菜の肩を掴み、引き止める日和…!!!
(佑菜、めちゃくちゃ驚いてますw)

 

 

 

佑菜『え…っ
あっ あの

 

あっ!!

 

もしかして日和くんですか!?

 

 

 

顔を覚えてもらえてなかった事にショックを受ける日和w
そして佑菜が大学生と知り、驚きます。

 

 

佑菜は、日和に“幽霊だったんじゃないか”と友人に言われた、と聞き思わず吹き出します。

 

 

 

佑菜『あははっ
ほらちゃんといるでしょ?

 

 

それから

 

 

太陽の下で
ちゃんと顔見たから

 

今度こそ日和くんの事覚えたよ!』

 

 

 

と、笑顔を見せます♫
そして、日和に自己紹介する佑菜。
少しテレた表情で、(名前を)“知りたかったんだ”と、内心嬉しそうな日和なのでした。

 

 

ここまでが、センチメンタルキス2話のあらすじでした〜!

 

 

【センチメンタルキス2話感想】

 

 

二度と会うはずのなかった2人でしたが、再会できましたね♫
佑菜に覚えてもらってなくてショックを受けつつも、探し出せて嬉しそうな日和が可愛かったですw
(一目惚れってやつですね。きっと。)

 

佑菜は一切“モテ”の自覚無しな女子っぽいですねw
でもきっとそれは亜蘭が守ってた(阻止してた)的な感じなのかな?

 

 

佑菜の可愛い笑顔とさりげないボディタッチに、日和は更に惹かれたんじゃないでしょうか♡

 

 

(引用元 センチメンタルキス2話)
センチメンタルキス2話

 

 

 

ざっくりとしたあらすじなので、ぜひセンチメンタルキス2話をマーガレットでチェックしてみてください♫

 

 

【次回!センチメンタルキス3話掲載予定マーガレット発売日】

 

センチメンタルキス3話は6/5(金)発売のマーガレット13号に掲載予定です!

 

 

最新話!センチメンタルキス1巻3話【感想・ネタバレ】(マーガレット)

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:小森みっこ
掲載誌:マーガレット

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です