涙雨とセレナーデ最新44話【ネタバレ・感想】孝章の父の悪事と、新たな真実が明かされる!

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
ekiss10月号2021

KISS10月号(2021)の涙雨とセレナーデ最新44話のネタバレ感想です☆
涙雨とセレナーデ8巻の続きにあたるお話です!

 

想いが溢れ、ついに身体を重ねた二人♡!!
そこにオルブライト邸が火事との知らせが入り…!?

 

涙雨とセレナーデ全巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

涙雨とセレナーデ 最新43話【ネタバレ・感想】素性を明かし、結ばれる陽菜と孝章!

 

涙雨とセレナーデ44話

 

【涙雨とセレナーデ44話あらすじネタバレ】

 

 

オルブライト邸での火事を聞き、孝章と共に、走って駆けつけるヒナ!!!
ほんの数時間前までいたオルブライト邸はごうごうと燃える炎に包まれていました( ゚д゚)!!!

 

 

菊之進(きくのしん)の安否を祈るヒナ…。
燃え盛る炎を見つめ『他人(ひと)の世話ばっか焼いたまま どこ消えてんだよ菊之進』と叫びます…!!!

 

 

するとその時、風間さんが話しかけてきました!

 

 

菊之進は無事、オルブライト邸から逃げ出していました〜!!!

 

 

木陰で寝ている菊之進の元に連れて行かれたヒナと孝章。
菊之進はすぐに逃げ出せた為軽症でしたが、痛めていた足を庇って逆の足も挫き、歩行が困難になってしまっていました…。

 

 

風間さんは座長に付き添って病院に行くため、菊之進を港の倉庫まで運んでほしいとヒナたちに頼みます。
(横浜にいない筈の菊が、火事の現場に居合わせたと周りに知られると、犯人だと疑われる可能性があるからだそうです(°_°))

 

 

 

そして風間さんは、邸の地下室に火を放ったのは座長だと打ち明けます。
まるで無理心中のように思えてならなかった、と。

 

 

 

風間『座長自身の此の危うさも
初代超曲斎天菊の死の繕いも

商会や一座の内外問わず
知られる相手によっては

我々にとって
大きな綻びとなるだろう』

 

 

そう危惧する風間さん。
すると話を聞いていた孝章が、座長の見舞客の中に、自分の父も含まれるのか、と尋ねます。
孝章の父・章尚とオルブライトは長らくビジネスパートナーだったと聞いた孝章はショックを受けます…。

 

 

 

どんな商売でつながっていたのか…孝章が呟いたその時、菊之進が目を覚まし答えます。

 

 

 

菊之進『…女衒だ

お坊ちゃんの辞書にはない言葉だろうが』

 

 

女衒とは、人身売買の事でした…( ゚д゚)!!!

 

 

目を覚ました菊之進は、正気に戻った座長があまりに簡単に色々吐くから、おかしいと思っていたと話し出します。(で、その後、無理心中しようと火を放ったんですかね〜。)

 

 

『…つーか 駅前の宿に行き先指定したよな俺 結局たーくんの所にまっしぐらかお前』と、ヒナの行動に指摘する菊之進w

 

 

そう言って菊之進はまた眠ってしまいました。
菊之進に恩があると言う孝章は、おぶって自分の部屋へ菊之進を連れて行きます!!!

 

 

孝章におぶられ運ばれながら、座長の言葉を思い出す菊之進。
菊之進と早苗(初代天菊)も元はオルブライトが商品にする予定で連れてこられていました…。

 

 

孝章、菊之進と一緒に歩きながらヒナは“こんな時にナンですが 私はこのままこの3人でさっきの部屋に向かうコトにけっこーな抵抗感があります”と考えていましたwww

 

 

ヒナが特に気にしていたのは…(孝章と身体を重ねた)布団でした(°_°)
が、孝章は菊之進を(さっきヒナと過ごした部屋とは)別の部屋に案内し、座布団?を数枚用意し『今晩は此の寝具で我慢してくれたまえ』と伝え、孝章は台所で、ヒナは2階で休むと言います。

 

 

そして、菊之進と座長とのやり取りを改めて聞かせてほしい、と頼みます。

 

 

 

菊之進は『貴様は当事者にあまりにも近すぎる 話しても構わぬが今宵はちと疲れたな』と答えます。
すると孝章は、明後日時間を作ってほしい、と。

 

 

 

菊之進『…何故

貴様は本社ではなく
横浜に配属になったのだろうな

何も…
こんな実母の因縁の地に…』

 

 

と呟く菊之進。
孝章は???で、『母の出身は東北の筈』と返します。

 

 

すると菊之進は、自分の生まれはロンドンで両親と姉と共に帰国する途中、乗っていた船が難破して、自分と姉だけがオルブライトの船に助け出され生きながらえた、と言います…。
そう言い聞かされて疑わずにきたが、今となっては真実のところは…とうな垂れる菊之進。
海賊にさらわれたのかもしれないし、飲んで育ったミルクは盗品だったかもしれない、と。

 

 

 

翌朝、孝章は横浜支社へ出かけて行きました!
菊之進のために風呂を沸かしたヒナ。

 

 

菊之進はヒナに、

 

 

菊之進『本郷孝章の母親は
一時期オルブライトの愛人だった

 

早苗とノアの
数少ない友人でもあった』

 

 

 

そう打ち明けます…!!!

 

 

ここまでが、涙雨とセレナーデ44話のあらすじでした〜。

 

 

【涙雨とセレナーデ44話感想】

 

ううう〜とりあえず、菊之進が無事でよかった(°_°)!!!
座長は菊に全てを話して、無理心中しようとしたってコトなんでしょう…。

 

早苗や菊も売り物にしようと連れてこられた子供だった事が判明し、信頼していたオルブライトの裏切りと悪事に、菊之進は本当にショックだったろうなぁ〜…。

 

孝章におぶられながら涙を流す菊之進…こちらまで胸が痛くなった。

 

そして、44話ラストでさらなる事実が!
孝章の母親がオルブライトの愛人(°_°)!?ややこしすぎるだろう〜( ゚д゚)!!!

 

そうなると、孝章の本当の父がオルブライトっていう可能性も出てくるって事???
はぁあ〜真実が明らかになるたびに辛い、でも気になる!

 

次回の涙雨とセレナーデ45話も楽しみです♫

 

 

【次回!涙雨とセレナーデ45話掲載kiss発売予定日】

 

 

次回の涙雨とセレナーデ45話は10/25発売のkiss12月号(2021)に掲載予定です!
次号はお休みです。

 

 

 

《引用元 作品DATA

出版社:講談社
著者:河内遙
掲載誌:KISS

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です