私たちはどうかしている6巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
私たちはどうかしている6巻

横浜流星×浜辺美波主演で実写ドラマ化・わたどう!

 

【あらすじ】
身体の変化に戸惑う七桜だが、そのことを吹っ切ろうとますますわらび餅作り専念していく。七桜がなにかを隠していると気づく椿だが、そこには触れず思いやりを見せる。距離が縮まる二人。一方、城島も自分のしていることに疑問を抱きはじめ揺れる。七夕のデパート催事当日までにわらび餅は完成するのか!?
そして、これ以上椿に嘘がつけないと思った七桜はようやく決心する。過去と現在の真実が明らかになる衝撃巻!!

 

私たちはどうかしている各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

実写ドラマ化!私たちはどうかしている5巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

5巻ラストで浮上した七桜(なお)の妊娠疑惑
そしてこの6巻では、衝撃の事実が明かされます!!
とにかく展開が早くてついていくのに必死&夢中でハマって読んでる自分がいますw

私たちはどうかしている6巻のざっくりとしたあらすじ&感想です♪

 

私たちはどうかしている6巻

 

【私たちはどうかしている6巻あらすじ】

 

 

百貨店催事の下見の帰り道、妊娠しているかもしれないと動揺する七桜(なお)。
いまだに(事件や母親の)真実も見つけられないし、椿を拒むこともできずにいる自分に“何をやってるんだろう”と感じていました。それでも、椿の横顔を見た七桜は自分の想いに気づきます。

 

 

七桜:けっきょく私は
小さいころとなにも変わらない

 

仕草ひとつに
鼓動が速くなったり

 

言葉ひとつで
気持ちが明るくなったり
心揺さぶられる

 

いくら憎もうとしても
何度否定しても
あのころのまま

 

どうしようもなく
この人のことが好きなんだーー…

 

 

 

その日以来上の空状態が続いていた七桜は、わらび餅作りに集中する為に、妊娠しているかをハッキリ確かめようと検査薬を試します…。

 

 

催事前日、七桜はようやく城島の父が作る“わらび餅”を完成させることができました!
が、しかし、女将の陰謀で催事用に準備したわらび餅を全て台無しにされてしまいます( ゚д゚)!!!
怒りに震える七桜は

 

 

 

七桜『どうして
あなたみたいな人が
この店の女将なんですか

 

椿さんの母親なんですか?』

 

 

 

と問います…。
ですが、七桜&椿は、きっと女将が邪魔をしてくるだろうと見越して、作戦を立てていました!
女将がダメにしたのは、七桜が練習中に失敗したダミーのわらび餅。
本物をちゃんと出品することができ、光月庵が催事で出したわらび餅は飛ぶように売れ、完売します♫!

 

 

 

さらに、その後も城島の父の店名である“しまやのわらび餅”と椿が命名し、光月庵でも販売することに(^ ^)
(城島もしばらく光月庵で働き続けることになりました〜。)

 

 

 


 

 

 

椿との挙式の準備が進む中、七桜(なお)は椿に全てを打ち明けようと覚悟を決めます。

 

 

 

椿との子供を妊娠していること、そして、自分の正体は、“さくら”であることを…。

 

 

“さくら”を憎んでいる椿ですが、今の自分たちなら大丈夫、受け入れてもらえる…と感じた七桜(なお)は椿に全てを話そうとしますが…その夜から椿が出張に行ってしまいます。

 

 

椿が不在の中、あることをキッカケに城島の部屋を再び訪れた七桜(なお)。
城島の部屋で一人になった時、幼いころ母親に隠れて寝ていた押入れを懐かしみ開けます。
そして、その奥に隠されていた母親の道具箱を見つけた七桜。
そこには、母子手帳や亡くなった椿の父(旦那さま)から母にあてた数々のハガキ、そして“七桜へ”と書かれた封書が入っていました…。

 

 

 

封書の中には、DNA鑑定書が2枚入っていました…!!!
そこに記された衝撃の事実。

 

 

七桜(なお)と椿の父が(血の繋がる)本当の親子であり、椿と椿の父は、血が繋がっていませんでした( ゚д゚)!!

 

 

 

自分の本当の父親が椿の父(旦那さま)であり、椿は旦那さまの本当の子じゃない、と知った七桜は目の前が真っ暗になります。

 

 

 

 

七桜:ママはいつかこれを私に渡すつもりだったの?

 

私になにかあったとき

 

椿じゃなく
私が光月庵の人間だって
証明するため

 

私を守るためにー…

 

 

 

動揺し、部屋に戻ろうとした七桜に声をかけたのは大旦那さま(椿の祖父)でした。
自分たちの結婚式の為に、大切な茶会の日にちを大旦那が変更したことを知っていた七桜は、『椿さんを認めてくださったんですよね』と尋ねます。
すると大旦那は、自分が一番恐れていることは、光月庵が自分の代で終わってしまうことだ…と七桜に伝えます。

 

 

椿は血の繋がりがない孫だから…。
そして七桜にすがる大旦那。ある女の子を探している、と。

 

 

 

 

(引用元 私たちはどうかしている6巻)
私たちはどうかしている6巻

 

 

 

 

 

『さくら』と呼ばれていた女の子が自分と血の繋がる本当の孫で、椿にも探せと言ってある…と。
必死で“なにもわからない”と返した七桜。
その時、幼い椿が父親と(七桜の)母が密会している所を見た時、“自分はやっぱりお父さまのほんとうの子供じゃない”と気づいたんだと悟る七桜(なお)。
そして…

 

 

 

 

 

七桜(なお):椿が「さくら」を憎んでるのは

 

 

父親を殺した女の娘だからじゃない

 

 

どうしよう
目の前が真っ赤でなにも見えない

 

 

 

事件の夜の椿のあの表情、そして『だれにも渡さない』『この命をこの店を継ぐことに使う』と言っていた椿の言葉を思い出す七桜(なお)。
その夜、七桜は茶会に出す菓子の製作を進めながら、涙を流していました…。
後日、椿も出張から戻りますが…

 

 

 

七桜:消えるしかない

 

この人の前からーー…

 

 

 

 

そう感じる七桜なのでした…。
ここまでが、私たちはどうかしている6巻のあらすじでございます〜!

 

 

【私たちはどうかしている6巻感想】

 

 

七桜の妊娠発覚&出生の秘密が明かされたとんでもない衝撃巻でございました〜( ゚д゚)!!!
(もう城島のゴタゴタなんか一瞬で吹き飛びましたよw)

 

 

ずっと七桜(なお)の父親について触れられてなかったから、もしかして〜…?とは思っていました、が。
まぁ椿と“兄弟説”(←個人的な)は崩れてよかったけれど…!!!

 

 

 

光月庵を継ぐと命をかけている椿にとって、一番憎く遠ざけたい「さくら」が七桜だなんて…辛すぎる展開でございます…(;゚Д゚)しかも、七桜のお菓子を試食した大旦那さまの言葉で、「七桜(なお)」が「さくら」だという疑念が椿の中でまた浮かび上がってるようだし…。

 

 

椿を愛してしまったからこそ、七桜は椿の前から姿を消そうと決意したんですよね。
なんとも切ない展開になってきました。
七桜の母を演じる夕子への椿の挨拶や、七桜への愛の言葉を聞いている分、胸が苦しいよ〜。
二人で蛍を見るシーンからの椿の愛の言葉、最高だったのに…。

 

 

(引用元 私たちはどうかしている6巻)
私たちはどうかしている6巻

 

 

しかも、七桜(なお)のお腹の子供どーすんの!?っていう…。

 

 

私たちはどうかしている7巻あらすじ&感想に続きます♫

 

私たちはどうかしている7巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です