最新刊!来世は他人がいい3巻【感想・ネタバレ】(アフタヌーンコミックス)

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...

「次にくるマンガ大賞2018」(コミックス部門)1位受賞!
はみだし者たちが織り成す、スリルと笑いが融合した極道ラブストーリー! 

 

【あらすじ】
中毒者続出の恋物語!吉乃の昔馴染みの男・翔真の登場により、吉乃&霧島の関係に変化が訪れる。更に吉乃の従姉妹・椿も現れて……。それぞれの思惑が交錯する第3巻!番外編“布袋の子育て日記”も収録。

 

来世は他人がいい各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

 

来世は他人がいい2巻【感想・ネタバレ】(アフタヌーンコミックス)

 

 

管理人、どハマり中の“来世は他人がいい3巻”は2019.5/25に発売しておりました( ´ ▽ ` )!!!
吉乃の(血の繋がらない)家族・翔真の登場によって霧島の感情に変化が…!?ややこしさ、増し増しですw
3巻では吉乃の従姉妹(イトコ)・椿や、霧島の元カノ(元セフレ?)も登場します〜!

 

かなりざっくりとしたあらすじ&感想です!

 

来世は他人がいい3巻あらすじ

 

【第10話 悪女、もしくは破滅を呼ぶ女】

 

翔真が東京に来てから、霧島の態度がなんだかおかしい!!!
何を話しても当たり障りない、内容がない会話…霧島が自分に飽きてきた(過去の)態度に似ていると、吉乃は気づきます!

 

また飽きたと言い出すのではないかと思った吉乃は“面倒くせえ男だな”と感じつつも、とりあえず“飽きられやすい女にならないため”にどうすべきかググってみます。が…!

 

吉乃:なんの役にも立たねえな

 

一般的なアドバイスじゃ何の役にも立たないwww
彼氏じゃないし依存もしてないし、霧島が普通じゃなさすぎてアドバイスがクソに思えてしまうwww

 

 

だがしかし!霧島の態度の変化は…“飽き”ではなかった!
度々感じる霧島からの殺意。その正体は…

 

 

 

“嫉妬”でした!!!

 

 

(引用元 来世は他人がいい3巻)
来世は他人がいい3巻

 

 

 

翔真への、ですね( ゚д゚)!!!
(吉乃が実は翔真と付き合ってても構わないけど(寝取られ願望あるから)、やることは全部自分の目の前でやって欲しいとか、そして最後に男を殺して帳尻を合わせるとか…さすが霧島様。感覚ブチ抜けてますw)

 

 

そんな頭のイカれた霧島の“気持ち”を信じろと言う方が無理だ、と言う吉乃。
そんな吉乃のために、『普通(の男)になろうか?』と提案する霧島でしたが、その発言が吉乃の怒りに触れてしまう…!

 

 

吉乃『お前女の機嫌取るために
自分の生き方曲げるんか』

 

 

 

ドス吉乃ちゃん降臨、です。(チェックお願いしますw)
本当ならば、1年経って霧島を捨てて大阪に帰るつもりだった吉乃。
でも“フェアじゃないから”と、その事を霧島に暴露し、

 

 

吉乃『でも今決心ついた

もし万が一わたしがアンタに惚れるようなことあったら
このまま東京に住みつづけたるわ』

 

 

 

と宣言します!
そして、“中途半端に真人間装うくらいなら、世界で一番頭おかしい男になれ”と言い放ちます。
そんな吉乃の言葉を聞いて、霧島は惚れ直してしまったようですw

 

 

霧島『俺は吉乃が吉乃で有る限り
永遠にずっと吉乃のことが好きだ』

 

 

なかなかレアな頬染めた霧島が見れますよ。

 

 

【第11話 頭がいいのか馬鹿なのか】

 

 

毎年恒例の夏風邪を引く吉乃と、えげつない程に心配し、甲斐甲斐しく看病する霧島、が描かれてました( ´ ▽ ` )
霧島の発言が重すぎてニヤニヤが止まりませんwぜひ読んで頂きたい!

 

 

 

(引用元 来世は他人がいい3巻)
来世は他人がいい3巻

 

 

 

ただ、吉乃が熱でうなされ寝ている間、誰が侵入してきてもすぐ反応できる場所(部屋の隅)で待機してる霧島を見て、フツーの恋人同士の看病じゃないな、とw
吉乃を襲う人間がいるとすればそれは霧島に恨みを持つ人物。
さらっと『そりゃあ俺が吉乃のことを好きだからだよ』なんて笑顔で言う霧島に、不覚にもキュンとしそうになりました…が!

 

 

その後、吉乃の祖父と連絡を取り合う霧島の会話に、んん???となった。

 

 

 

吉乃祖父『迷惑かけてすまんが
とりあえずあと1年面倒みたってくれ』

 

霧島『ええ もちろんです
ストーカーでもなんでもやりますよ

そういう約束ですから』

 

 

 

どゆこと!?( ゚д゚)ですね。

 

 

【第12話 椿姫】

 

吉乃のいとこ・椿(つばき)が京都から横浜に引っ越してきます!(吉乃の祖父の愛人の娘の娘らしい)
椿に会いに横浜へ行く吉乃。に、同行する霧島。

 

 

椿は中身も見た目も生粋のお嬢様で、吉乃曰く、女に嫌われそうな女=霧島の好みドンピシャな女!
そして霧島と同じく貞操概念皆無な椿。椿と霧島のぶっ飛んだ会話。面白すぎますwww

 

 

(引用元 来世は他人がいい3巻)
来世は他人がいい3巻

 

吉乃はこんな二人について行けず基本キレまくってます。(いつもか)
横浜での食事や買い物を楽しんだ3人。
椿は霧島と2人きりになったとき、

 

 

 

椿『お会いする前は掴みきれない人だろうと思っていましたけど
あなた想像していたよりはわかりやすい人ね』

 

 

 

と言います。
霧島の、吉乃と自分(他の女)に対する扱いが違いすぎると言う…!
霧島の椿に対して優しくしてあげたいし、できれば吉乃に構って欲しいという気持ちを、椿は見透かしていました〜♪

 

 

吉乃を好きな気持ちはもちろんあれど、更にその想像の斜め上をいく霧島。
今回、吉乃について椿に会いに来たのには理由がありました!!!
(吉乃が先に東京に帰らなくてはならなくなり、霧島が待ち望んでいた、霧島と椿二人きりになる時がやってきます…。)

 

 

そこで霧島は、椿に尋ねます。

 

 

霧島『単刀直入に聞きますけど
吉乃の腎臓って今どこにあるんですか?』

 

 

 

と。
実は椿の母親の交際相手は国内最大規模の大病院の院長らしい。
しかもそのグループは医療界のヤクザみたいなもので、政治、ヤクザとの関わりはもちろん違法な臓器移植を行なっている。吉乃が頼るとすれば信用している椿しかいないと思ったようです!

 

 

霧島の読みは当たってました。実は…

 

 

吉乃の腎臓は抜き取られていなかった!
代わりに1500mlの血を抜き、それを400万で椿が購入していました…!!!

 

 

吉乃はそのことを知らず、血は椿が保管しているらしい。
椿は、霧島の吉乃に対する本気度が伝わった事で思わず口外してしまった雰囲気ですね。
でも、さすが吉乃のいとこ。霧島に釘を刺します!もしも霧島がクズ野郎に成り下がった時は…

 

 

 

 

椿『吉乃ちゃんのこと整形させてでもいい

アンタが一生血眼になって探しても
会われへんようにしたるから』

 

 

 

と宣言し帰って行きました…!

 

(提出物のために)先に東京に戻った吉乃でしたが、霧島が椿に臓器の探りを入れている事は察していました。
12話ラスト…二人が話していると、霧島宛に椿から吉乃の水着写真が届きますw

 

 

【第13話 無関心ならいっそ嫌われたほうがいい1】

 

 

 

13話では霧島の元カノ???元セフレ???の汐田菜緒(しおたなお)が登場します〜!
菜緒は元子役。親の海外赴任を機に芸能界は引退しましたが、大学のミスコンで優勝し、来年から女子アナとしての活動が決まってました!

 

 

見た目も可愛くてぱっと見お嬢系…ですが、腹黒くてあざとい、女子に嫌われる女子(=霧島のタイプ)ですw

 

 

菜緒はあるパーティーで霧島と再会します!
菜緒と霧島は、菜緒が大学1年の頃夏休みで帰国した時に知り合い、ほぼ毎日会ってやる事(セッ◯ス)やってたらしい。
ヤバイ男だとわかっていたのに、タイプだったから“日本にいる間くらいいいかも”と遊んでたみたいですね。

 

 

みんながいる前では互いに知らないフリをしていましたが、二人きりになった時、霧島は菜緒に優しい言葉をかけ、自分の連絡先を渡します。

 

 

その夜、吉乃は大阪に(霧島を連れて)帰る期間を考えてました。
ちょうど霧島が家に帰ってきたのを察し、電話をかけて8月前半頃大阪への帰る事を伝えます。
が、霧島はできれば7月に出発したいと言い出します。

 

 

7月の出発を受け入れつつ、予定が合わないのならちょっと顔を出してすぐに帰ってもいいと伝える吉乃でしたが…

 

 

霧島『まさかそんなことしないよ

楽しみにしてるんだ
早く大阪行きたいな』

 

 

と霧島は答えます。
同時に、(パソコンで)菜緒が参加する大阪のイベントが7月30日にある事をチェックし、不敵な笑みを浮かべてました〜!

 

 

ここまでが、来世は他人がいい3巻のざっくりとしたあらすじです〜!

 

 

【来世は他人がいい3巻感想・考察】

 

 

いや〜〜〜。3巻まできても、吉乃が霧島を好きになりそうな気配が1ミリも見えないのがたまらんですね。
ここまでくると、今後、吉乃のほんの少しの変化で悶えまくれそうですw(でもな〜翔真もいいんだよな〜。)

 

霧島もますます吉乃に惚れ込んでいる様に見えますが、(吉乃祖父・染井組長)との裏がある様な意味深な会話だったり、元カノへ接触しようとしていたり、まだまだ謎が多くて真意は測れません( ゚д゚)!!!

 

(吉乃の事を)好きだ好きだ言いつつも、それが本当なのか掴めない霧島ではありますが…

 

 

・(3巻では)中1の頃、霧島がなけなしのお金で吉乃を見るために大阪まで行っていた事が椿との会話で判明。(1巻1ページの吉乃の写真を見た後アクションを起こしたのか?)
『なぜ拘っているのかと聞かれても好きだからとしか言えませんね』と椿に伝える。

・twitterで作者が10話で“霧島が本当の意味で吉乃の事を好きになる”と呟いていた。(チェックしとるんかい。)

 

 

などなどを踏まえると、表面通り霧島はやっぱり吉乃にベタ惚れで間違いないのかな〜と。
染井組長は霧島の吉乃への執着・愛情を信用して何かの理由で椿を霧島に預けているのかな?!(その理由は全くわからないけどw)

 

霧島と吉乃祖父はやたら連絡を取り合ってますが…。
もしかすると、1巻で霧島が一度吉乃に飽きて突き放した時、そのタイミングで祖父から連絡があり吉乃は奮起しますが、あれも実は裏で仕組まれたことだったのか?とか。

 

 

そして霧島は元カノを調べて大阪で接触しようとしてるっぽいけど…あの笑顔怖いなぁw
ヨリ戻したいとかそんなのじゃぁなさそ。
13話のタイトル通り、無関心ならいっそ嫌われる為に元カノに接触?
か、仕事絡みで何か利用しようとしてるとか?

 

大阪編の4巻、楽しみに待ってます!翔真と霧島のバトルはよ〜〜〜!!!
3巻の番外編も最高でした!

 

 

ぜひ!ぜひ!来世は他人がいい3巻チェックしてください〜♪

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:小西明日翔
掲載誌:月刊アフタヌーン

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です