中毒者続出。【来世は他人がいい1巻感想・ネタバレ】(アフタヌーンコミックス)

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
来世は他人がいい1巻

はみ出し者たちが織りなす、スリルと笑いが融合した極道エンタメがここに誕生!!

 

【あらすじ】
極道の家で生まれ育った女子高生、染井吉乃。家庭環境は特殊でも、おとなしく平穏に日々を過ごしてきた。婚約者の深山霧島(みやま・きりしま)と出会うまでは――!デビュー作『春の呪い』で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位にランクインした小西明日翔の最新作。

 

来世は他人がいい各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

「次にくるマンガ大賞2018」(コミックス部門)1位受賞!このマンガがすごい!2019(オトコ編)第8位!

読んでみたいな〜とは思っていたものの、ヤクザものだし…男性誌だし…なんか絵がカ◯ジっぽいし(←おい)…と敬遠しておりました…が、とりあえず1巻だけ!と思って読んでみました…。

 

 

面白すぎて既刊3巻まで一気読み。読み終えた後アドレナリン出まくりで興奮して眠れなかった…_:(´ཀ`」 ∠):!!!!

 

はい。どタイプでしたwww
ヤクザの孫娘×ヤクザの息子なんでもちろんヤクザ絡みなんだけど、話はぶっ飛んだ登場人物の恋愛ものでございます!
刺激的な恋愛作品をお探しの方には絶対におすすめ。

 

とにかく1巻読んでみて欲しい!
ざ〜っくりとあらすじ&感想でございます。

 

来世は他人がいい1巻あらすじ

 

【来世は他人がいい第1話 負け犬に出る幕はない<前編>】

 

主人公・染井吉乃(そめいよしの)は関西最大の指定暴力団染井組組長・染井蓮二を祖父に持つ女子高生(17)。
周囲からはヤクザの孫として恐れられ、美人すぎる顔立ちのせいであらぬ陰口を叩かれます。が、人柄は至って普通。
隙のない性格のせいで彼氏がいた事はありませんw

 

 

 

そんな吉乃を見かねた祖父が、(昔からの知人である)関東最大の暴力団総長・深山萼(みやまがく)と兄弟盃を結んだことをきっかけに、深山の息子・深山霧島(みやまきりしま)との婚約を勝手に結んできてしまいます( ゚д゚)!!!

 

 

(霧島って名前なのか。どっちも苗字みたいだな。)

 

 

 

祖父の無茶ぶりに抵抗する吉乃でしたが、結局流され東京にいる深山霧島と会うことに!
(祖父曰く、霧島はかなり乗り気で、実際に会ってうまく行きそうだったらうちに住んでいいとまで言っていたらしい。)

 

 

吉乃は婚約者・霧島と初対面!

 

 

(引用元:来世は他人がいい1巻)
来世は他人がいい1巻

 

 

若干、霧島の距離の近さは気になりつつもw、極道に生まれたとは思えないほど優しく、常に笑顔な霧島に好印象を抱いた吉乃。

 

 

 

で、半年後・東京に住むことになりましたwww

 

 

(割と印象良かったって話したら、トントン拍子で押し切られたらしいw)

 

 

霧島と同じ高校に編入し、深山家の離れで暮らし始める吉乃。(霧島は別室)
霧島は外見も頭も良く、常に笑顔で優しい為、学校でとにかくモテる!
エスコートしてくれる霧島と常に行動を共にする吉乃でしたが、だんだん、霧島の張り付いた様な笑顔には“別の顔”があるように思えてくる…。

 

 

そんなある夜、血まみれのスーツを着た霧島が帰宅するのを目撃してしまう吉乃。
一瞬目が合うも、思わず隠れてしまいます…!

 

 

 

吉乃『ヤクザみたい』

 

 

吉乃は動機が止まりません。

 

 

【来世は他人がいい第2話 負け犬に出る幕はない<後編>】

 

 

あの夜の事は何もなかったかの様に、いつも通りの笑顔を吉乃に向ける霧島。
でも吉乃は妙な距離感を感じていました。
登下校以外で会話をしないどころか顔すら会わせる事がない、と。あの夜の事を思い出し…

 

 

 

吉乃:学校行く以外で
何かやってるのか?

 

 

と。

 

 

放課後、生活用品を買うために霧島に付き合ってもらい街にでる吉乃。
一瞬一人になった時、男たちにナンパされ裏道に強引に連れていかれそうになります!
その時、霧島が助けにくる…んですが

 

 

 

相手が死ぬ一歩手前までガッシャガシャやっちゃいます。平然と。

 

 

その後、吉乃に『気をつけたほうがいい ここは大阪じゃないんだぜ』と張り付いた笑顔を見せた霧島。
そして血のついた服を脱ごうとした時…背中一面の刺青が露わに……。

 

 

 

 

 

驚きと同時に、霧島に対し恐怖を感じ、差し出された手を払ってしまう吉乃。
すると霧島は

 

 

 

霧島『もうダメだ 面倒臭い』

 

 

と笑顔を強張らせ、本性をさらけ出します。
霧島の本性。それは…

 

 

 

 

霧島『女に嫌われてて女友達一人もいないような女に
人権無視でメチャクチャに振り回されるのが最高に好きなんだ』

 

 

と。

 

 

破滅願望のあるドMさんでした…_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

染井組組長の孫娘で美人な吉乃を“死ぬほどワガママで自分が世界の中心だと思っている女”だと期待していたそうです。
で、吉乃が普通すぎて“飽きてしまった”と言います。

 

 

 

霧島『ごめん1年は退屈しないと思ったんだけど
今もう相手するのも面倒臭くてさ

まあ勝手に期待してた俺が悪いんだけど

俺にがっかりした?
どうしようか大阪帰る?

こっちに居てもいいけど
今の吉乃って俺にとって
なんの価値もない女だからさ

それならもっと一緒にいて
俺の儲けになる女になってくれない?』

 

 

と。(本性出した瞬間めっちゃ喋るなww)

 

 

 

(引用元 来世は他人がいい1巻)
来世は他人がいい1巻

 

 

 

 

 

婚約者に体売って来いってよ( ゚д゚)!!!

 

 

 

霧島『それが無理なら帰ってくれていいよ
大阪帰ってさ俺の言ったことそのまま話してくれない?

それが火種に回り回って
抗争にでもなったら最高だな

俺の人生終わるかも

楽しみだ』

 

 

ですと。(ドMのヤクザ(じゃないよ男子高校生だよ)って最強。)

 

 

 


 

 

 

それ以来、霧島と一度も顔を合わせないまま高校に通う吉乃。
高校ではイジメも始まりついに『…大阪帰りたい』と口にしてしまう。

 

 

そんな時、祖父・蓮二から吉乃を心配し連絡が入ります。
そこで、どれだけ上手く行かなくても“1年は帰ってくるな”と言われる吉乃。
1年かけて霧島を死ぬほど惚れさせて、1年経ったら容赦なく捨てて帰って来い、と!!!
それが男に一番効く復讐だ、と。

 

 

 

その言葉で腹が据わった吉乃。
『そこまで言うんやったら 期待通りやったろやないか…』
とブチ切れ、どこかに連絡を取ります。

 

 

 

そして2週間後、教室にいた霧島の元に現れた吉乃。
霧島の目の前に現金の入った紙袋をドサッと置きます。
そして

 

 

 

吉乃『だから売ってきたったわ 体
腎臓片方 400万』

 

 

 

 

 

取り柄の顔と体を売って金にしてこいって言われて、臓器(体)売って金作ってた_:(´ཀ`」 ∠):!!!

 

 

 

そして、大阪には帰らないと宣言します。

 

 

吉乃『あとわたし大阪帰らへんから
アンタがドMクソ野郎っていうのも
別に勝手にしてって感じやし

でもあんまり調子乗っとったら
わかってるよな?

オイお前らにも言うてんやぞ』

 

 

と、近くにいた(嫌がらせをしてきた)女子たちにも啖呵を切ります!!!

 

 

 

(引用元:来世は他人がいい1巻)
来世は他人がいい1巻

 

 

 

 

(いや〜。さすがヤクザの孫娘。キレたら半端ないですね。
なめられたくない一心で臓器売り飛ばし、この凄みwww
関西弁かっこいいわ〜。)

 

 

立ち去ろうとする吉乃の手を掴み、霧島は『好きだ』と言います!
今まで生きてきて一番最高にゾクゾクとした…と。
もうね目がイっちゃってますwww

 

 

 

(引用元:来世は他人がいい1巻)
来世は他人がいい1巻

 

 

 

 

 

態度が急変した霧島に青ざめブチギレの吉乃。
必死で逃げようとしますが、掴んだ手を離してもらえないwww

 

 

 

【来世は他人がいい第3話 誠意を見せたいあわよくば少し好きになってほしい1】

 

 

その出来事以降、休み時間のたびに霧島につきまとわれストレスで気がおかしくなりそうになる吉乃。(GPS仕込まれてたw)
それでも意地でも

 

 

ここで怖じ気づいたら完全に負けや…!!
何があろうとも
絶対大阪にだけは帰ったれへんからな…!!!

 

 

と決意します!

 

そんな時、ある事件が起こります。

 

 

赤座興業の会長の娘が行方不明になった、と。
(本家の三次団体、上から3番目。深山一家は上から2番目らしい。)
さらわれた可能性もあるから、会長の娘が見つかるまでは用心のため、“霧島と四六時中行動を共にしろ”と忠告される吉乃。

 

 

 

外出を控えようとする吉乃とは反対に、霧島はすでに料亭を予約してましたw
事件について何か知っていそうな霧島。
知っている事を教えてもらう条件に、一緒に食事をすることに。

 

食事をしながら、吉乃に可愛いだの好きだの歯の浮くようなセリフを吐く霧島。でしたが…

 

 

 

吉乃:好きだと言われて
豪華な食事まで用意されて

どう考えても下手に出られているのに

こっちが優位に立ってる気が全くしない

 

そう感じる吉乃。
(そもそも今まで好きとか言われたことないから比べようがないらしいw)

 

 

そして約束どおり、会長の娘・赤座しおりの写真を見せながら自分が知っている事を話し出す霧島。
霧島によると、今回の事は自分達には関係なく、ただの(しおりの)家出かどっかのチンピラに連れ去られて売り飛ばされた可能性が高いと笑顔で話す( ゚д゚)

 

 

笑いながら話す霧島をみて“他人事じゃない”と言う吉乃でしたが、『俺は大丈夫だよ』と返す霧島。

 

 

 

霧島『だって俺吉乃と違って
深山総長の実の孫じゃないから』

 

 

 

と。
実は、総長は霧島の祖父の兄らしい!(総長は未婚。)
12才くらいの時に霧島が勝手に押しかけたという。
そう聞いた吉乃は、『もしかしてヤクザになりたいの?』と霧島に尋ねます。

 

 

 

笑いながら、

 

 

 

霧島『行き着くとこまで行ったら
あの家だっただけだよ』

 

 

と答える霧島。
その時、霧島に連絡が入る。
赤座興業の組員が死体で見つかったという。

 

 

『何か起きてるな』

 

 

と。
そして、何事もなかった様に笑顔で食事を始める霧島。
え?さりげなく吉乃の隣に座って食べさせようとしてキレられてるw

 

 

 

ここまでが、来世は他人がいい1巻のあらすじでございました〜。

 

 

【来世は他人がいい1巻感想・考察】

 

兎にも角にも、読んで霧島の末恐ろしさ・ぶっ飛び具合いを感じて頂きたいw
闇系男子が好きです( ´ ▽ ` )なんてよく言ってる管理人ですが、霧島はもはや“闇系”なんて言葉ブチ抜けてますw!

 

 

かっこいい通り越して怖いし、怖い通り越して気持ち悪いよ( ´ ▽ ` )!!!

 

 

学校では優等生なのに夜は家業(ヤクザ)に完全に染まってる。でもヤクザではないw恋愛面では破滅願望ありのドM。
二面性すごすぎて何を考えてるのか全く分からないし、謎もいっぱいだけど、やはりそこが魅力です〜。
吉乃の事は中学生の頃から知ってたみたいですね。

 

そして、そんな霧島に恐怖を抱きつつも、動じることなくぶつかっていく吉乃がめちゃくちゃカッコいい!!!
普段は標準語なのにキレた時だけは関西弁でドス効かせるとことかも〜ゾクゾクしちゃいます♡!!!
さすが、関西最大級の暴力団総長の孫だなぁと。
肝の座り具合と、霧島も惚れる程の負けん気の強さ…。

 

そして個人的に気になるのはタイトルですね!
『来世は他人がいい』とはどういう意味を含むのか?勝手に考察。

 

・来世は関わりたくない程霧島がヤバイやつ
・二人が結婚し、来世は他人がいいw
・(来世=死)どちらかが死んでしまう(死ぬとしたら霧島っぽい)
・実は血が繋がっている

 

最後のは今の情報ではありえないけど、ふと思ったヤツです。
3つ目の死ぬ、も嫌だな。絶対。
二人が結婚、が理想ですかね。(pixivでは結婚してんの?)

 

2巻では登場人物も増え、霧島と吉乃の関係性も複雑に変化し、どんどん面白くなっていきます!
長くなりましたが…ぜひ!来世は他人がいい1巻読んでみて下さい( ´ ▽ ` )!

 

来世は他人がいい2巻【感想・ネタバレ】(アフタヌーンコミックス)

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:小西明日翔
掲載誌:月刊アフタヌーン

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です