私たちはどうかしている70話【ネタバレ・感想】七桜がプロポーズした相手は…!

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
ビーラブ 6月号

BE LOVE6月号(2021)掲載の【私たちはどうかしている70話】のネタバレ感想です☆

 

女将をかばい、電車の前に飛び出した椿…!!
どどどどうなったー(>人<;)!?クライマックス直前です!!

 

私たちはどうかしている全巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

前回までのあらすじ◎山奥で身を隠していた多喜川の父・秀行にたどり着いた七桜と椿は「犯人は薫だと思う」と言う秀行の言葉に愕然とする。そしてその夜、七桜を亡き者にしようと現れた女将、光月庵を訪れた多喜川、椿が一堂に会し修羅場に。次々明らかになる18年前の新事実。七桜をかばって傷を負った多喜川を看病しているその隙に、行方をくらました女将を追いかけた椿だが…!?

私たちはどうかしている・69話【ネタバレ・感想】多喜川じゃない!? ついに樹殺しの真犯人が判明!!

 

私たちはどうかしている70話

 

【私たちはどうかしている70話あらすじネタバレ】

 

今日子(女将)をかばい、迫りくる電車を目の前にした椿。
大旦那の“おまえだけのお菓子を作るんだ”という言葉がよぎります…。
『つばき!!』と叫ぶ今日子。

 

 

椿は…椿は無事でした(>人<;)!!!!!

 

 

(よ、よかった!よかったァア!!でも、、瞬間移動した?)

 

なんとか必死に身をかわし線路を出た椿。
女将に怒りをぶつけようと手をあげますが、思いとどまります。

 

 

その後、橋の上を歩く椿と今日子。
今日子は『どうして助けたの?』と椿に尋ねます。死んでくれた方がよかったんじゃないのか、と。

 

 

すると椿は『悔しかったからだ』と答えます。
多喜川の父や、由香莉は今日子のいいところを知っているのに、自分は知らない…。
『どうして俺は知らないんだ』と悔しそうな表情をする椿。

 

 

 

そして椿は今日子に、あの事件の日、樹(父親)が息絶える前に言った言葉を伝えます。
それは、『今日子を守ってやってほしい』でした…。

 

 

椿は、樹が間違えて殺されたのではないと思うと言います。
寝ていたところを刺されたのではなく、今日子の事をかばったんだと…!!!
相手は女性だから、自分に向けられた殺意なら止められたはずだと。

 

 

 

(樹は今日子に対し)女性としては愛せなかったかもしれない、でも、愛情はちゃんとあったと…。

 

 

 

椿『人は変われる

出会った人やもらった言葉…
些細なことで変わることができるんだ

俺も
ひとつくらい
母親のいいところを見つけたい

 

だから生きていてほしい

 

 

椿の言葉に、崩れ落ち『ごめん なさい…』と謝罪する今日子。
そんな今日子に寄り添う椿の姿を、病院から戻った七桜が見ていました…。

 

 

七桜:その日の朝日の暖かさを
私は一生忘れないー…

 

(女将さんは警察に行って事情を聞かれることになったようです)

 

 

 


 

4月、園遊会が近づいていました。

 

和室で樹(旦那様)の着物の整理しながら話す、椿と七桜。
(多喜川さんはまだ入院しているしているそうです)

 

七桜は椿に、光月庵がなかったらお菓子と出会ってなかったかもしれない。
だからいいところだけ残して守り、この世界で生きていくと決めたと言います。
椿は『そうだな おまえにならできるよ』と言って微笑みます。

 

 

 

七桜の襟元を直しながら椿が切り出します。

 

 

 

椿『明日 この店を出ていく

 

おまえが守ってくれたこの目で
いつか俺だけのお菓子を作る

自由に

俺にしか作れないお菓子を

 

だから約束してほしい
絶対幸せになるんだ』

 

 

椿の表情を見て、“ああ 椿はやっと 呪いから解放されたんだ”と感じる七桜。
そして椿は店を出て行きました…。

 

 

 

園遊会当日、近くに椿の気配を感じつつ、お菓子を作る七桜。
(今まで使えなかった“赤”を七桜が…(°_°)!!感動!!)
七桜が披露したのは、「幸せ」という菓銘の桜の御菓子でした…!!

 

 

お菓子を食べた人たちの幸せそうな笑顔を見ながら、この一番嬉しい瞬間を椿にも伝えたかった、と感じる七桜。

 

 

 

すると

 

 

多喜川『あいかわらずだな 七桜ちゃんは』

 

 

 

明日退院のはずの多喜川が現れました!!!
多喜川は七桜に『もう嘘はつかなくていいんだよ』と言います。

 

 

君は本当に好きな人しか受け入れられないくせに、どうしてこんな時まで自分の心に嘘をつくの?と。
ほしいものはほしいって言っていいんだ、そう伝える多喜川。
ためらう七桜。

 

 

 

多喜川『以前 七桜ちゃんに言ったこと
もう一度言うよ

きみは後悔しない?』

 

 

 

七桜は駆け出します!!!

 

椿を探し、町中を走る七桜。
足を痛め、かがんだ七桜の目に入ったのは…。
その頃椿は墓前で手を合わせていました。

 

 

 

墓参りを終えた椿と、やっと出会えた七桜!!!
話したいこと、伝えたいことはたくさんあるけれど…

 

 

 

七桜:でもいまは
このひと言しか思いつかない

 

 

七桜『ねえ椿 私と結婚しない?』

 

 

ここまでが、私たちはどうかしている70話のあらすじでした〜。

 

 

【私たちはどうかしている70話感想】

 

 

あああ〜…よかった、よかっったぁああ!!!
椿が助かって!七桜がやっと素直になれて(>人<)♡!!!
“赤”も克服できてましたね〜。椿と同様、七桜も呪いから解放されたんでしょう。

 

高台までの階段を登りやっと椿と出会えた七桜。
プロポーズの時の背景(シーン)が美しくてなんか感動が増しましでした!!!
もうこれ最終回じゃない?って雰囲気だったw

 

椿が死んでしまうんじゃないか、七桜が多喜川を選ぶかもしれない、なんてソワソワしていた69話ラストでしたが…椿エンド確定で安心しました〜♡!!!

 

 

ドラマでは七桜と椿の復縁についてはフワッとしてたので、漫画でしっかり描いてもらえるのかな〜とワクワクしてます♡
七桜のプロポーズが、椿と出会った時の『俺と結婚しない?』にかけてるのかな〜と。。

 

 

次回が最終回なのか!?
みんなどうなるのか楽しみです〜!!

 

 

【次回!私たちはどうかしている71話掲載予定 BELOVE7月(2021)号発売日】

 

 

次回の、私たちはどうかしている(わたどう)71話掲載予定のBE LOVE7月号(2021)は6月1日に発売です♫

私たちはどうかしている・最新71話【ネタバレ・感想】七桜のプロポーズ、椿の返事は…!?

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:安藤なつみ
掲載誌:BE LOVE

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です