自転車屋さんの高橋くん1巻【ネタバレ感想】世話焼きヤンキー男子×内気アラサー女子のピュア恋◎

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
自転車屋さんの高橋くん

世話焼き年下ヤンキー×ちょいネガティブなアラサー女子のご近所ラブストーリー!

 

【あらすじ】
飯野朋子(はんのともこ)、略してパン子30歳。
上司からのビミョ~なセクハラや同僚からの誘いを断れないのが悩み。
近所の自転車屋で働く高橋くんはいつも距離が近いし、ちょっと強引なところもあるけど…不思議と嫌じゃない。
それどころか、普段は言えない本当の気持ちも彼にならぜんぶ話せる――。

自転車屋さんの高橋くん全巻ネタバレはこちら

続きはネタバレ注意

 

大好きな渡辺ペコ先生オススメとあって、去年初めて手に取ったこの作品。
すごく好みな作品で「このマンガがすごい!」に投票するか迷うほどでした◎

何か大きな出来事があるわけでもないご近所ラブストーリーなんですが…読むとなんだか心がじわじわと温まる。

ちょっと強引で口は悪いけど、ピュアで優しい高橋くんに、ハマってしまう…かも!?

 

自転車屋さんの高橋くん1話無料はこちらで読めます!

 

自転車屋さんの高橋くん1巻

 

【自転車屋さんの高橋くん1巻あらすじネタバレ】

 

 

毎朝、パンを食べながら自転車で会社に通勤する主人公・飯野朋子(通称・パン子)。
ある日道端で自転車が壊れ困っていると、見知らぬヤンキーが直してくれます!!

 

 

お礼すると言う朋子に、そのヤンキーは

 

『あんたよ〜
ブレーキうるせーでよ

自転車屋(ケッタ)に修理持ってきゃあ』

 

と( ゚д゚)岐阜弁?です…。
その夜、なぜヤンキーが“ブレーキ音”の事を知っているのか不思議に思う朋子なのでした。

 

 


 

 

ちょっとネガティブで気の弱い朋子は、上司からのセクハラや、他部署からの仕事の押し付け、興味のない同僚イケメンからの誘いを断れない事が悩み。

 

そんな朋子にとって、職場での唯一の救いは同期の“きみちゃん”でした!
超毒舌なんですが、とっても優しくてパン子の味方です。

 

 

ある夜、朋子は近所で例のヤンキーに遭遇。
朋子の自転車が所々故障しているのを見たヤンキーは、『ウチ持ってき』と言います。
『なんっ何でですか』と内心“輪される!?”なんて怯える朋子でしたが…

 

 

ヤンキー・高橋くんの家は自転車屋でした!

 

 

『てか自分明後日休みやないんけ?』『なら持ってき』『用事あるん?』『何ウチじゃヤ?』と何だか強引で距離の近い高橋(°▽°)(質問責め〜〜〜wwwヤンキーだけどイケメンの高橋くんに朋子、テレちゃってます♡)

 

 

約束通り、高橋の店に自転車を修理に持っていったパン子。
修理を待つ間、高橋流のオモテナシなのか、なぜか(自転車屋に続く家に上がらせ)DVDを見せてくれたりバナナをくれたりしますw
修理を終え代金を払おうとするパン子でしたが…ない!前日の飲み会で使ってしまい、財布にお金が入ってませんでした( ゚д゚)

 

 

すると高橋は『ええよ 晩メシ奢ってや 今日』と言い出します。

 

 

驚くパン子。
『なんか用事あるん?』『なら6時に来て』とやっぱり強引!!

 

 

高橋『あと
「お兄さん」やのうて
オレ「遼平」やから』

 

 

と!
顔の近い遼平にまたテレてしまう朋子なのでした〜。

 

 

 

 

夜、ネットで検索した店(バル)に遼平を案内したパン子。
でも遼平は『何かちゃうなー あんたこっちのが好きやて』と言って子汚い中華料理屋に連れていきます!!
(サラッと手を繋いでる!イケメンはこういう事しても許される国の人間なんだ!怖い!ってパン子は思ってますw)

 

 

その中華屋は遼平の友人の店でした。
そこで遼平が年下(26才)だという事が判明!(パン子は30です。)
料理がおいしくて、思わずがっついてしまう朋子♫遼平もそんなパン子を見て嬉しそう。

 

 

帰り道、楽しかったとお礼を言って帰る朋子に何か言いたげな遼平でしたが、その日はサヨナラ。

 

 

でもまた翌朝、遼平と会ってしまいます♡
そこで遼平に名前を聞いてないとつっこまれ、(今更w)自己紹介する朋子。

 

 

(引用元 自転車屋さんの高橋くん1巻)
自転車屋さんの高橋くん1巻

 

 

 

 


 

“何故こうなってしまったんだろう”
朋子は同僚の爽やかイケメン・山本の誘いを断れず映画をみに来ていました!

 

 

ドラえもんが見たいと言う朋子に山本は爆笑し、他の人が“よかった”と言っていたという映画を選びます。(人気俳優が余命3ヶ月で死ぬやつ…)朋子が噛み合わなさを感じていると…

 

 

映画館のロビー?で遼平にバッタリ会います!!!
遼平は友人たちとその子供と一緒にドラえもんを見に来ていました!
遼平がドラえもんを観ると聞いて羨ましがる朋子。

 

 

その時、山本が『ボクのツレです』と必死な顔で割って入ります!
朋子が男と来たと知った遼平は

 

 

遼平『ほうか

カレシと来とったん

ジャマしたな』

 

 

と言って、去ってしまいます…!
その後映画を見ながら“めちゃくちゃつまんない”と感じた朋子が横目で山本を見ると…ケータイいじってる( ゚д゚)

 

 

呆れた朋子が場内を出てロビーにいると、(ドラえもんを見終えた)遼平たちがやってきました!
思わず泣いて本音を漏らしてしまう朋子。
話を聞いた遼平はブチ切れです!!!(友達大慌てで止めてますw)

 

 

 

遼平『殺ってきたる

オレはドラえもんバカにするやつと
映画まともに観きらんやつ

大っきれぇじゃ』

 

 

と( ゚д゚)!ソコマデ!?
慌てて朋子は遼平をなだめ、『遼平くんが怒ってくれたから もうどーでもいいんです…!』と伝えます。
すると遼平は、『ん…殴ってこんでええんか ほうか』と落ち着くんですw

 

 

 

その時連絡が来て、山本の元に戻ろうとする朋子。
遼平は『オレには?』と朋子の手を掴み、ふたりはLINEの交換をします♡

 

 


 

 

 

お盆休み、実家のある東京に戻った朋子。
久々に大好きな飼い犬・たもつに会えてとても嬉しそう♫
でも、母親との仲はあまりうまくいっていないようで…。
地元の友人たちにも久々に会いますが、何だか疎外感…。

 

岐阜に帰った朋子は、母親が忍ばせてくれていた1万円を見つけ、一人で焼き鳥屋に入ります。
そこに遼平を呼び出した朋子。
酔いが回った朋子は、遼平に誰にも言えなかった気持ちを晒します…。

 

 

朋子『いーーー
お母さん なんれす

でも

おかーさんとこは…
私の居場所…なくて』

 

 

と遼平にもたれかかり…そのまま潰れちゃってましたw
遼平におぶって送ってもらう途中、“あれ…?なんだか…この温もり覚えてる…”と感じる朋子。

 

 

朋子が目を覚ますとそこは遼平の家でした〜〜〜!驚き冷静になる朋子。
(膝枕してもらってる〜♡)
遼平は朋子に、実家で何かあったのかと尋ねます。
最初は誤魔化す朋子でしたが…打ち明けます。

 

 

 

朋子『私…自分の気持ちもロクに言えないんです

 

人をイラつかせるのが怖くて』

 

 

だから母親も向き合ってくれないし、友達からは忘れられている…と。
一人でいるより一人って感じだと言う朋子。
ふと見ると、遼平はカップラーメン食べてましたw!!

 

 

遼平は、『オレはアンタと逆やぞ』と言います。
思ったことしか言えないし、やりたくない事はやらない。付き合った女はみんなイラついてたと思う…と。

 

 

 

遼平『でもあんたはよ
好きでもねぇ奴の為に気いつかって

観たくもねぇ
映画観てやっとる

えれぇなって思うよ』

 

 

と言ってくれます!
その言葉に思わず涙する朋子。

 

 

すると遼平は朋子に、自分とご飯に行ったのも行きたくないけど付き合っていたのか、と『オレのこと怖え?』と尋ねます!

 

 

朋子は…

 

 

朋子『今は…
遼平くんと

ドラえもん観たり
おいしいもの食べたいです

遼平くんのこと…
こわくないです』

 

 

と答えます!
すると遼平は朋子にキス♡!!
急なキスにテンパる朋子に『ヤなら謝る』とテレる遼平。
やじゃないと答えた朋子に遼平は、もう一度キスするのでした〜♡

 

 

(その後、遼平に押し倒される朋子でしたが一旦ストップかけてました。
その後、朋子を軽トラで送った遼平は、心の準備ができたら教えてと言っていました〜(°▽°)♡)

 

 


 

 

翌朝、会社に向かう途中遼平と会った朋子。
なんだか朋子は気まづそうにしています!“どんな顔して会えばいいの”と思っていたようです♫

 

 

会社の帰り、遼平に声をかけられ、隣町の花火大会に連れていってもらった朋子。
祭りの人混みをかき分け歩くふたり。
大勢の人の中に、山本(朋子の同僚)を見つけた遼平は、朋子の手を掴みその場から走り去ります!!!

 

 

走っている途中、『オレ ともちゃんとは ずっと前に…』と言いかける遼平。
花火の音でかき消されてしまいました…!

 

 

ここまでが、自転車屋さんの高橋くん1巻のあらすじでした〜。

 

 

【自転車屋さんの高橋くん1巻感想】

 

相手の顔色を気にして本心を伝えるのが苦手、自分がガマンすればいいと思っている朋子と、自分の気持ち通りに行動する高橋くん。自分とは対照的な高橋くんに朋子が惹かれるのはなんだか納得でした!

 

イケメンだけど見た目はなんだか怖いし口も悪い…でも誰より自分の気持ちに素直で、まっすぐに人を見る高橋くんは本当に魅力的なんですよね〜〜〜。

 

ふたりは過去に会っているようでしたが…その辺りも楽しみですな♫

 

1度目よりも2度目、2度目よりも3度目、読み返せば返す程、高橋くんがカッコよく見えるのが不思議なんです♡

 

あとがきで、作者の松虫あられ先生によると、今まで出会った『ちょっと怖いけど優しくしてくれた人たち』を元に高橋くんは作られているそうです。いい人で皆から好かれているけど物の本質が見えてない山本くんも気になっちゃうキャラですね。

 

ざっくりとしたあらすじなので、ぜひ読んでみてください♫

 

自転車屋さんの高橋くん2巻【ネタバレ・感想】

 

《引用元 作品DATA》
出版社:リイド社
著者:松虫あられ
掲載誌:トーチweb

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です