最新話!恋のようなものじゃなく1話【感想・ネタバレ】(別冊マーガレット)

1 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
別冊マーガレット12月号

「テリトリーMの住人」作者・南塔子最新作!
別冊マーガレット12月号(2020)掲載の恋のようなものじゃなく1話のあらすじ感想です☆

 

恋のようなものじゃなく各話ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

 

「テリトリーMの住人」作者・南塔子先生の最新作です♫
抗いきれないlovestoryのはじまりです…♡

 

 

 

 

ざっくりとしたあらすじ&感想です!

 

 

最新話!恋のようなものじゃなく1話

 

【最新話!恋のようなものじゃなく1話あらすじ】

 

 

おさない頃の嫌な夢を見て目覚めた主人公・小山内未仁(おさないみに)14歳。(表紙左)
幼稚園の頃通ってた音楽教室で仲良しだった“ちぃちゃん”に『ミニーちゃんなんて大っきらい』と手をはたかれる夢…。

 

 

そんな夢を見てしまったのは…昨日まで付き合っていた彼氏に同じように手を叩かれてしまったから…!?
彼を好きだと感じ「恋」だと思って付き合ったけれどそうじゃなかったようです…。

 

 

その後、未仁は仲良しの双子男女(七音ななと・七緒ななお)と一緒に高校見学兼、文化祭参戦に出かけます♫
文化祭を回っている時、揉めているカップルを見かけた未仁。
仲裁に入ろうとすると、女は逃げてしまい…なんと男に絡まれてしまいます!!!

 

そんな未仁を助けてくれたのが…見知らぬ男子でした〜!!!(表紙右)

 

 

『探したよ
ひとりで先いかないでよ
心配するでしょ?』

 

 

と知り合いのフリをしてくれて、一緒に逃げてくれた見知らぬ男子。
ケガをした未仁にお店ノベルティのハンドタオルを巻いてくれ、『じゃね 気をつけて帰りな』と笑顔で去っていきます…!
同じ中学3年で同じ高校を受験するんだと気づいた未仁。

 

 

ハンドタオルには、“Irisアイリス”という刺繍がありました。

 

 

 


 

 

 

そして、高校生になった未仁♫(双子も一緒です〜)
高校で、文化祭の時に助けてくれた彼を見つけました〜!!!
勇気を出して話しかけ、ハンカチを返し文化祭の時に助けてくれたお礼を伝えます!!!

 

 

ハンドタオルを見て、未仁の事を思い出してくれたようです♫

 

 

『ああ!あの時の子かあー!
同じ受験生だったんだ』

 

 

と、笑顔を見せます!(未仁を中1くらいだと思ってたらしいw)

 

 

放課後、未仁が一人で帰っていると…Irisa(アイリス)という見覚えのある看板の店が目に入ります…。
美容室だったようで、ちょうどその時、美容師さんとお客の高校生が店から出てきました。
お客さんのツヤツヤ髪に見とれていると、美容師さんと目が合ってしまいました!

 

 

未仁は、誘われるままに入りますw
この後デートなのかと聞かれた未仁ははっきり否定。
自分には“恋をする資格なんてない”と美容師さんにポロリ…。

 

 

シャンプー台に案内された未仁。
担当として紹介されたのが…あの助けてくれた男子(表紙右)でした〜〜〜!!!
未仁が入った美容室は、その男子のお家でした。(バイトでかり出されてるらしい)
最初はなんだか不機嫌そう???でしたが、だんだん笑って話してくれるように♫

 

 

帰りがけ、未仁を店の外まで見送った男子。
未仁が『恋する資格がない』と言っていた理由を聞いてきます!

 

 

『自分の気持ちがわかってないまま男の子とつきあって すごく…… 傷つけてしまったことがあるんです』と俯いて話す未仁。
すると男子は未仁の顔を持ち上げ…『そんなことない』と言ってくれます。
間違えただけで、わざと傷つけようとしたわけじゃないなら、そんなに責めずに自分の事を許してあげなよ、と言ってくれます…!

 

 

 

『そうだな
さしあたってきみは

恋するしかくは全然有り

たとえ他の奴が全員無いって反対したとしても

俺が許す』

 

 

と未仁を指さし、ニッと笑います!
胸がドキドキし始める未仁…。

 

 

別れ際、自己紹介をしてなかった、と駆け寄る未仁。

 

 

 

未仁『私っ小山内(おさない)

小山内未仁っていいますっ
あなたは?』

 

 

未仁という名前を聞き、一瞬固まる男子。
はっとして、

 

 

 

『楠瀬 千耀(くすのせちあき)です
よろしく』

 

 

と微笑みます。

 

 

出会って半年以上たってやっと知ることができた名前。
走りながら去っていく未仁の顔は熱く、心臓はうるさくなっていました…♡!

 

 

未仁:あの人のことを
まだ全然知らないのに
どうしてこんなに
気になってしまうんだろう

 

このドキドキが
「恋のようなもの」なのか
「恋」なのか

 

まだわからない

 

でも 知りたいと思う

 

 

と感じてました!
一方、未仁の名前を聞いた千耀(ちあき)は、未仁の後ろ姿を見つめ、『……みに……』と呟いてました!

 

 

ここまでが、恋のようなもの1話のあらすじです〜。

 

 

【最新話!恋のようなものじゃなく1話感想】

 

千耀(ちあき)は音楽教室で一緒だった“ちーちゃん”なんでしょうね〜♡
でも、おさない頃の“ちーちゃん”は髪がフワフワで小さく女の子みたいでした!
未仁は全く気づいてないようですが、千耀の方は未仁の名前で気づいたようですね…♫

 

おさななじみの運命の再会♡
どう『恋』に発展するんでしょうか!
未仁の困った人を放っておけない、優しくて少し天然なキャラが可愛い!

恋のようなものじゃなく2話も楽しみです♫

 

 

【次回!恋のようなものじゃなく2話掲載別冊マーガレット発売日】

 

 

次回の恋のようなものじゃなく1話は12月11日(金)発売の別冊マーガレット12月号に掲載予定です♫

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者: 南塔子
掲載誌:別冊マーガレット

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です