カカフカカ最終回 12巻60話【ネタバレ感想】亜希と本行が選んだ“関係”は…。

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
kiss1月号(2020)

KISS1月号(2021)のカカフカカ60話のネタバレ感想です☆最終回です!!

 

ついにシェアハウスを解散し、新たな一歩を踏み出した亜希。
中学時代からの、本行とのもつれた関係はどうなる!?

 

カカフカカ各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

カカフカカ59話【ネタバレ・感想】久しぶりに身体を重ねる亜希と本行♡

 

ついについについにっっ!!!
カカフカカ最終回でございますっっ!!!
最終回直前の59話では、本行の『寺田さん すき』がやっと聞けました♡!!
シェアハウスを出て、人生の仕切り直しへの1歩を踏み出した亜希。
本行とのラストは!?

 

ふたりにどんな未来が待っているんでしょうか。
カカフカカ60話のあらすじネタバレ&感想です♫

 

最終回!カカフカカ60話

 

【最終回!カカフカカ60話あらすじネタバレ】

 

雀の鳴き声で目が覚めた亜希。
はい、なんかうん!!朝チュンです♡!!!

 

亜希…の横には、本行が眠っていました♡!!
久しぶりに本行と身体を重ねた昨晩、本行が発した「寺田さん すき」を思い出して嬉しさが込み上げてくる亜希。
めっちゃくちゃ顔が真っ赤ですwww
“あれは夢じゃないよね…?”なんて亜希が考えていると…本行が起きてきました。

 

(『あ、寺田さん だ』だって可愛いかよ〜〜〜〜。)

 

『ん おはよ』と言って、亜希をぎゅうっと抱きしめまた寝ようとしますw

 

 

でも『荷ほどきまだ終わってないから!!』と言われ、一緒に起きることに。
あ、久々の本行の朝元気を確認???いや、グレイらしいです。(謎)

 

 

 

その後、ご飯を買い出しにでたふたり。
(シャワーを一緒に浴びたがる本行でしたが、亜希は何とか回避したそうです( ´▽`))

 

 

なんだか疲れた様子の亜希に『寺田さんてさ ほんとに俺のこと好きなの?』と尋ねる本行。
今更そこかと亜希は全力で突っこみます!!!
『前 どこが好きか何で好きかきいた時も 答えらんなかったし』と言う本行。

 

 

亜希は少し考えながら…

 

 

亜希『…強いて言うなら
表情とか仕草とか

こっち見る目とか
私の名前呼ぶ感じとか

…色々ある気はするけど
でもほんと「どこ」とかっていうんじゃなくてー…

まぁとにかく

私は本行のこと見てたいし
さわりたいし
知りたいって思う よ

……そんな感じ』

 

 

 

と答えます♡(好きなとこめちゃ多いな!)
すると本行は、『ふーん そっか 分かった』と言って歩き出します!満足そう!嬉しそう!!

 

 

 

ふと、本行もそんなこと不安だったりしてたんだ、と感じる亜希。
亜希自身も以前、本行に強気で『本行は私のこと好きだよ』とこっちを向かせたい一心で言ったりしたけれど、本行が執着してるのはやっぱり飽くまでも“中学の時の私”なんだと思っているようです。

 

 

 

だから再会した時変わっていた自分に対して不機嫌だったんだろう、と。
添い寝とか何回もしたから今の自分にも執着が芽生えただけだと考える亜希。

 

 

 

何回身体を重ねても、つきあっても、言葉にしてもらっても、もし結婚とかしたとしても、それは別に絶対じゃなく“すぐにでも壊れる可能性はいつだってある”と思う亜希。

 

 

亜希:でも だから

今本行がちょっと楽しそうで
それが私も嬉しくて

とりあえず今は
そういうことを大事にしたいと思う

 

 

パン屋を見つけて嬉しそうな本行。
ふたりは手を繋いで行ってみます♡

 

 


 

引っ越しから1ヶ月が経ちました!
この日は、あかりが亜希の家にやってきていました。
(ちょこちょこご飯を食べたり一緒に料理をしたりしているらしい〜。亜希は派遣先の仕事にも慣れてきたそう♫)

 

亜希はあかりに料理を教えてました〜。

 

するとあかりは『最近寺田さん “どうせ”とか“私なんか”とかってあまり言わなくなったわね』と言います♫
あかりに言われて気づく亜希。
正直ここ数ヶ月は(怒涛の展開で)それどころじゃなかったらしいw

 

 

亜希は幼い頃の話を交えながら、今の自分は“とりあえず少しずつ進んでいる”とあかりに話します。
亜希の話がいまいち分からないあかりでしたが、『少しずつでもとりあえずでも とにかく動いてみることは とても大事なことだと思うわ』と言います!(逆走OKらしい!)

 

 

その時、2人が作る“親子丼”が完成!
ここでのあかりの発言から、あかりが30歳ということが判明( ゚д゚)!!!
まさかのシェアハウス最年長でした。

 

 

その時、ちょうど玄関のチャイムが鳴って本行登場。

 

 

まさかまさかの、、亜希の真上の部屋に本行が越してきていました!!!

 

 

(相変わらずの粘着質っっ)

 

 

ちょこちょこ一緒にご飯を食べたり泊まっていったりしてるらしい♡
相変わらず、つきあってるわけでも何か約束したわけでもないけれど、中学の時や前つきあってた時に比べて今のほうがずっと…と感じる亜希。

 

 

3人でいるとつい長谷のことを考えて(心配して?)しまう亜希でした…が。

 

 

まさかのまさか!亜希と同じマンションに長谷も越してきていました!!!

 

 

(粘着強いのここにもいたwww)
偶然家の前で長谷と会った亜希。久々4人で話します。
長谷は、亜希のアドバイス通り家をでたことを報告し、なんと“亜希を諦めない”宣言しちゃいます!!

 

 

長谷『もう無理に寺田さんを忘れようとするのは
やめようかな て』

 

 

新しい好きな人ができるまで、足掻いてみるそうですwww
あらあらまあまあ〜なあかりと、固まる本行。
そして長谷はついでに本行に暴言を吐き、『また たたなくなる』と呪いの言葉をかけ去って行きます!!

 

 

あかりと長谷が帰り、部屋でふたりきりになった亜希と本行。
長谷の呪いの言葉に、本行はテンションガタ落ちです。
『ハセの言うことってあたるし 最初たたなくなった時の原因も結局わかんないままだし』とまたそんな日が来るのではと怯える本行。

 

 

亜希は、本行がたたなくなったきっかけが、自分と元彼が歩いてたのを見たからでは…と気づかせます。
全く気づいてなかったようで、『ーあ!!』と驚く本行。

 

 

そこまで中学時代の亜希に思い入れてた自分を『きもくない?』と自虐しつつ、原因の亜希が回復に協力するのは当然だと言い始めます!!!
(そしてそして…久々の添い寝やってきました〜♡!これこれ!これが見たかった♡)

 

 

(引用元 カカフカカ60話)
カカフカカ60話

 

 

本行と再会した時は“黒歴史の一部”だった本行の事を好きになってこうなるとは思ってもみなかった、と亜希は感じます。

 

 

亜希にぴったりと添い寝しながら、あとは『朝元気が万全になりさえすればカンペキなのに』とボヤく本行。
亜希は『成功例は私しかないのに カンペキって言っちゃっていいの?』と尋ねます。

 

 

すると本行は…

 

 

本行『…………

寺田さんに反応するなら
別にそれで問題ないでしょ?』

 

 

と言います。
その言葉に戸惑いながらも、嬉しく感じる亜希。

 

 

何にしても「可」か「不可」か
それを決めるのはいつだって
他の誰でもない
自分なんだろう

 

 

最後は、亜希についていた値札でじゃれ合う二人の姿が描かれてました。
本行に、自分に値札つけるとしたらいくらくらいだと思う?と尋ねる亜希。
本行は「“ご自由にお取りください”…?」と答えます。

 

 

『値段ですらない!』と大笑いする亜希なのでした。

 

 

ここまでが、カカフカカ最終60話のあらすじでした〜〜〜。

 

 

 

【最終回!カカフカカ60話感想】

 

お、、終わった〜〜〜〜!!!
カカフカカ、終わっちまった〜〜〜!!!

 

やっぱり、“付き合う”とか“結婚”とか名前のつく関係におさまったりはしませんでしたが、今、本行と一緒にいれる幸せを亜希が大切にしていて、本行の横で幸せそうに笑ってて大満足でした!

 

 

本行の『寺田さんに反応するなら別にそれで問題ないでしょ』発言にキュン〜♡
あれですか?もう一生亜希以外としないよ発言ですか?そーゆー約束ってことでいいですか???
(←いやだから約束とかそーゆーのは壊れる可能性あるから今を大事にってたどり着いた亜希の答えをぶち壊すやつ)

 

 

亜希は、あくまで本行が執着してるのは過去の自分だと思っていますが、十分!十分!愛され執着されてると思います。され続けると思います。上に越して来るほどだもん。きっと本行の方から亜希から離れることはなさそう。

 

長谷さんまで越してきたのは笑ったw

 

カカフカカを追いかけて数年…!
本行の気持ちを知りたくて悶々としたり、ぐるぐる同じとこ回るような展開にモヤついたり、でも亜希と本行が触れ合うシーンがあると嬉しくてドキドキしたり♡楽しませてもらいました!

 

石田拓実先生の次回作も楽しみにしてます♫

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:石田拓実
掲載誌:KISS

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


2 件のコメント “カカフカカ最終回 12巻60話【ネタバレ感想】亜希と本行が選んだ“関係”は…。

  1. ご無沙汰しております!
    つい、ついにおわってしまいましたね!
    でも凄く幸せを感じる終わりで、最後までカカフカカらしくて最高でした。。

    ここ最近コマにセリフだけっていう描き方が多かったように感じますがコミックスで描き足されたりするのでしょうか?気のせいですかね?

    あと、約束に結び付けたくなる気持ち分かります!!!あの二人ならもう大丈夫って思いたくなってしまいますね。。
    カカフカカとしては今本行には亜希しかいらない、ということなのでしょうけど。

    いつも楽しませていただきありがとうございました!!

    1. とんとんさん

      お久しぶりです〜〜〜♡!!!嬉しい!!!
      終わって、、しまいましたねぇ( ゚д゚)!!!
      本当にカカフカカはブレずにカカフカカでしたね♫

      加筆あるんでしょうか…!?カカフカカは割と雑誌掲載からそのままなイメージですが、
      もしかしたら、、、あってくれると嬉しいですよね♡

      とんとんさんの言う通り、亜希しかいらない、ですね-( ^∀^)
      むしろ亜希しか(いろんな意味で)本行は無理そうですよねw

      またカカフカカのように熱中できる作品に出会いたいですね。
      是非是非!またコメントいただけたら嬉しいです♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です