カカフカカ12巻56話【感想・ネタバレ】(kiss)

2 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 52 票, 平均: 4.50 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
kiss8月号

実写化ドラマ化!220万部突破!!
KISS8
月号(2020)のカカフカカ56話のあらすじ感想です☆
56話はカカフカカ12巻収録と思われます!

 

カカフカカ各巻ネタバレはこちら

 

 

続きは感想ネタバレ注意

 

カカフカカ11巻55話【感想・ネタバレ】(kiss)

 

ここ数年間、ずっとず〜っと追い求めてきた?本行の亜希への本音が、ついに明らかになります♡!!!
これでもかという程粘って聞き出した亜希ちゃん!えらいw!
カカフカカ56話のざっくりとしたあらすじ&感想です♫

 

 

 

カカフカカ56話

 

 

【カカフカカ56話あらすじ】

 

 

 

亜希『それってもう私のこと好きなんじゃないの!?』

 

 

 

 

と、55話ラストで本行に尋ねた亜希。
でも本行からは、『やっぱりちょっとちがう』という、答えが返ってきます…。(亜希&読者、『はぁ?』のヤツw)
亜希はキレ気味で(今までの本行の言動から)『むしろ何が違うか教えてほしい!』と言います。

 

 

 

 

亜希『私の基準では
その辺セットで

もうそれほぼ“好き”なんだけど

本行は違う?
んだよね!?

 

じゃあもう逆に

 

本行にとっての“好き”って何!?』

 

 

 

とグイグイな亜希( ゚д゚)!!!
本行は少し困ったような表情をし、自分の感情は(好きというような)“いいもの”ではなく“汚い”ものだと言い始めます。
でも、その感情について『説明したくない』と言い張る本行。言えば、亜希が嫌な気分になる、と。
しつこく聞いても頑なに話す事を拒否する本行に…

 

 

 

亜希は、最後の手段w!?

 

 

 

亜希『…言わないなら

もう本行と口きかない

この先!一生!』

 

 

 

そう言って、本行の前から立ち去る亜希w
こんな小学生レベルの子供騙しに引っかかるわけない…と思いながら亜希が歩いていると…

 

 

 

本行がボソボソと話し始めたwww
小学生、通じちゃいましたwww

 

 

本行いわく、“小説で“彼女”に起こる事”の内容が自分の願望だと…( ゚д゚)!!!
(首切られ焼かれ溶かされetc…一瞬ドン引く亜希でしたが、亜希に対しそうしたいという事ではなかったw)

 

 

 

中学時代、初めて亜希とした時の“いつもとちがう亜希”への興奮や衝撃、気持ち良さが強烈で、頭にこびりついていて、そこからずっと本行の中にあったんだと言います…。

 

 

でもその後避けられてしまい、いろんな感情が湧いていました。

 

 

 

本行『あの時の俺は たぶん

 

寺田さんに笑って
側にいてほしくて

 

でもその笑顔を
自分の手で
ぐちゃぐちゃに崩したくもあって

 

でもやっぱ
笑っててもほしくて』

 

 

 

 

汚したい、壊したい、仲良くしたい、大事にしたい、そんな感情が自分の中で沸き起こって、それを発散する為に文章に叩きつけたら…売れちゃったらしいですwww
自分の小説=自慰行為 だと表現する本行。
そんな気持ち悪い感情が“いいもの=好き”なはずがない、と。

 

 

 

恥ずかしそうな、悲しそうな表情を見せて本音を打ち明けた本行を見た亜希。
『………ごめんなさい…』と謝る本行に、近づきます。
うつむく本行の顔を両手でグッと持ち上げて、

 

 

 

 

亜希『いや 真面目か

 

 

夢見がちか!

 

 

乙女か!

 

 

……て ゆーかさ 本行

 

 

 

本行は私のこと好きだよ 
それ』

 

 

 

と言います!!!(本行めっちゃ驚いてるw)
亜希は本行に、『好き』って言葉はめちゃ懐深いんだと説明しますw

 

 

 

 

 

亜希『“好き”は
清濁 余裕で併せ呑むから!』

 

 

 

とwww
その言葉に驚く本行www
でも、亜希に執着しているのは確かだけど、それが“今の亜希”になのかは分からない、と言う本行。
それに対して、亜希は…

 

 

 

亜希『いや でも 私だし』

 

 

 

 

と!!!
(しかも結局、今の亜希でも成り立つわけだから。)

 

 

 

 

亜希『……てゆーか
そもそも

 

違ってても
間違ってても

 

いいから別に!』

 

 

 

本行『えっ
間違ってていいの!?』

 

 

 

一息ついた亜希は、本行の中の自分への感情を、好きだと思いたいなら思えばいいし、思いたくないなら思わなくていい、と伝えます。
すると、本行は、『ちょっと 言ってみていい? 試しに』と言い出します…。
そして…

 

 

 

本行『寺田さん 好き』

 

 

 

 

と♡!!!
一瞬固まって、顔が真っ赤になる亜希。
本行は、『なるほど』と何度か呟きながら…『寺田さん』と言って、笑顔を向けます♫

 

 

 

(引用元 カカフカカ56話)
カカフカカ56話

 

 

ここまでが、カカフカカ56話のあらすじでした〜♫

 

 

【カカフカカ56話感想】

 

 

おおおお〜〜〜!!!!
口にしてみた『好き』という言葉が、自分の感情としっくりきたって顔じゃないでしょうか!?本行♡!!!

 

 

亜希の粘り勝ち…巻き込み勝ち、といった感じかな♡!?
あれだけ畳み掛けるようにグイグイ本行の本音や気持ちを引っ剥がした(強気な)亜希でしたが、『好き』って言われた瞬間の、テレた表情…。可愛すぎだろう〜〜〜♡!!!

 

 

(引用元 カカフカカ56話)
カカフカカ56話

 

 

 

本行の本音が、やっと…やっと!!!聞けましたね〜www
なんだか肩の力がガクッと抜けた感じwww
まぁ本行からしたら、自分の長年抱えた執着&性癖?的なモノを晒すのは確かに嫌だったろうw(しかも本人にw)
しかもそれを本行自身が“汚い悪いもの”と思っていたのであれば、なおさら『好き』と断言できないのも分からなくはない…けど。

 

 

 

 

なんか、究極の愛( ^∀^)?

 

 

 

的な感じに、読んでて捉えた自分(管理人)がいましたw

 

 

 

 

 

要は本行、亜希との初めてでド変態スイッチが入っちゃったって事なんだよねw???(←おい)

 

 

 

(ちょっと変わった作風の作家さんとか基本そんなもんだと思うし、そのインスピレーション?感情の発信元が長年亜希って、逆にすごくないw?と。)
好きじゃない人からそんな感情を向けられると、ぶっちゃけドン引き&キモいけど、好きな人からそこまで執着されることは亜希としては嬉しい、んじゃないかなぁ???亜希もは“求められたい”女子なわけだし。

 

 

 

自分の感情に戸惑う本行でしたが、当事者の亜希が『好きは清濁併せ呑む』って言ってるんだから、それでヨシとしようよ!て感じですねw♡むしろその長年の執着を、願望を、とことん亜希にぶつけたらいいじゃないか!!!

 

 

本行の笑顔を見て、変化に気づいた亜希。
ふたりの関係はどうなるんでしょうか!?
カカフカカ57話も楽しみです〜!

 

 

やっと語られた本行の本音。
かなりざっくりとしたあらすじなので、ぜひ、kiss8月号でチェックしてください!

 

 

 

【次回カカフカカ57話掲載kiss発売日】

 

カカフカカ57話は8月25日発売のkiss10月号に掲載予定だそうです♪
次号はお休みです!

 

 

最新話!カカフカカ12巻57話【感想・ネタバレ】(kiss)

 

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:石田拓実
掲載誌:KISS

 

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です