ゴールデンラズベリー最新8話【ネタバレ・感想】まさかの担当替え!?

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
FEEL YOUNG10月号

FEELYOUNG 10月号(2021)のゴールデンラズベリー8話のネタバレ感想です☆

 

華々しくCMデビューを飾った塁!!
啓介と塁の次の一手は…!?

 

ゴールデンラズベリー全話ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

ゴールデンラズベリー最新7話【ネタバレ・感想】塁の母へ、啓介が伝えた思いとは…。

 

ゴールデンラズベリー8話

 

【ゴールデンラズベリー8話あらすじネタバレ】

 

CMデビューを飾った塁の元に出演依頼が3つもやってきます!
大興奮でチーフに報告する啓介。
塁にも伝え、二人はカフェで今後の計画を練ります!!

 

 

そしてなんと塁に、美鞠とW主演映画のオファーがやってきました!
主演だと大騒ぎする啓介w

 

 

でしたが…チーフから、まさかの言葉が…

 

 

チーフ『あんた 塁の担当外すから

 

チン方
あんた明日から美鞠担当ね』

 

 

 

きらッッきらの潤んだ目で啓介を見つめる美鞠。
『夢みたいです また北方さんに担当していただけるなんて…』と感動してます!
啓介は“え なんでこうなったん?”と白目状態www

 

 

 

チーフには、塁にべったりと客観性に乏しく冷静さのかけらもない啓介(マネージャー)に大事なタレントのデビューを任せられないと言われてしまいました!!!(給料もいらないから、とすがる啓介www)

 

 

美鞠もうちの目玉だから、一回頭冷やして地道に頑張りなさいと言われます。

 

 

啓介と代わって塁の担当になったのは兎田という男でした!

 

 

塁から美鞠の担当に変わり完全にやる気を失ってしまった啓介。(ギャップえぐいw)
美鞠は美鞠で、常に啓介に対し目からラブビーム(←古い)が溢れていますw
啓介にお弁当を作ってきたりスタバを買ってきたり…彼女気取り????ですwww

 

 

 

啓介は美鞠にプライベートが前面に出すぎていると忠告。(←お前もだ)
『正直今は担当替えされたことが不本意だ でもやるからには君に最高のスターを切らせたい』と伝えます。
きっといい女優になるから、俺なんかじゃなくて目の前の仕事に集中してほしい、と。

 

 

美鞠もその言葉にハッとし切り替えます。

 

 

担当を変えられても、塁のことが気になって仕方ない啓介。
塁に電話をし、勇気を出して(仕事を理由に)食事に誘いますが、断られてしまいます!
肝心な本当の気持ち(会いたいと言う)は言えないまま電話を切る啓介。

 

 

啓介:仕事に集中しろなんて
美鞠に偉そうに言ってる自分を殴りたい

君に会えなくなった途端
恥ずかしいくらい寂しい

 

 

翌日、電車で美鞠とスタジオに向かう啓介(車がつかまりませんでした〜。)
満員電車で美鞠と超密着状態!!!
“どえりゃーまずい感じがする”と啓介は思いますwww

 

 

すると美鞠は、

 

 

美鞠『あの…北方さん
私また一から頑張ります

 

…でも私
北方さんに対する気持ちも
同じくらい真剣なつもりです

 

つきあってくださいなんて言いません

ただ…心の中でひっそり想ってていいですか…?』

 

 

と言って、啓介にぎゅっとしがみつきます。
“なんもひっそりしてへんでー”と青ざめる啓介。
美鞠と超密着し色々体に当たってますが、この状況でムラムラドキドキどころか青ざめている自分に、“俺 男として大丈夫?”と感じますwww

 

 

 

一方、塁は先にスタジオに入っていました!
スタッフに自分の陰口を言われているのを後ろで黙って聞いていた塁。
そんな塁の耳をふさぐ兎田でしたが、、、塁は『どうしたら良くなるのか 悩めるうちはああゆう話全部聴きたいです』と真剣に伝えます。

 

 

その言葉を聞いた兎田は、意外だと言います。
啓介がプロポーズしたと聞いたときは、てっきり塁も好意があって近づいたのかと思っていた、と。
担当が外れてすぐやる気がなくなるかと思っていたけど、本気なんですね、と言います。

 

 

すると塁は

 

 

塁『好意 持っても消します

 

マネージャーさんなので

それよりもこの仕事をしてみたいです』

 

 

と言います!!!
真顔で沈黙になる塁と兎田w
兎田は、責任を取るつもりはないけど、その気持ちは消さなきゃいけないって程でもないと言います。
『彼はもう担当マネージャーではないので』…と。

 

 

 

その後、喫煙所で塁と啓介は遭遇。
『元気でしたか』と啓介に尋ねる塁。

 

 

すると啓介は、元気、全然出ない、面白くないと言います。

 

 

啓介『他のマネージャーに担当されてる君と
現場で会うなんて屈辱だ

 

君が相手じゃないと
急に全部が色褪せて見える

 

俺がやりたかった
悔しくてたまらない』

 

 

と拗ねる啓介。

 

 

すると塁は突然、啓介の服を掴み睨みます。
『北方さんが私に言ってくれた言葉って そんなもんだったんですか』

 

 

そう言って、啓介の顎を掴みキスをする塁!!!

 

 

自分はまだまだ啓介の言ってくれた言葉で余力があると言います。
啓介が言ってくれたことを絶対実現するんだって挑戦するところなんだ、と。

 

 

 

塁『それを どこにいても
担当マネージャーじゃなくても

黙ってこっち見るんだよ』

 

 

 

と言って去っていく塁!!!
一人残された啓介は自分の尋常じゃない心臓の音に動揺していました…。
脳天はショート状態。

 

 

 

啓介の、ファーストキス!!!だったようですwww

 

 

 

ここまでが、ゴールデンラズベリー8話のあらすじでした〜。
ひゃ〜塁も啓介に好意あり!!!
でも、恋愛関係になるよりも、自分を見つけてくれた啓介との約束を叶えるべく芸能界で頑張ろうと必死なんですね♫

 

担当が代わってさらに面白くなってきた〜〜〜。
超無表情イケメンだけど、実はゴシップ大好きな兎田さんのキャラもいいわ〜。
次回も楽しみです!!!

 

 

【次回!ゴールデンラズベリー9話掲載予定フィールヤング発売日】

 

 

次回のゴールデンラズベリー9話は11月8日のフィールヤング12月号に掲載と思われます♫
次号はお休みです!

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:持田あき
掲載誌:フィールヤング

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です