中学聖日記 最新42話【ネタバレ・感想】ふいうちの再会…!

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
FEEL YOUNG6月号

FEELYOUNG 6月号(2021)の中学聖日記42話のネタバレ感想です☆

 

5ヶ月ぶりの中学聖日記です(°▽°)!
前を向いて動き出した聖。そんな聖の母とは…?

 

中学聖日記 全巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

前回までのあらすじ◎末永聖は、黒岩晶が好きだと自覚したものの、大人として「もう会わない」と伝え、田舎の小学校教諭を退職。子星町に戻り、塾の受付として働き始めたがー…。

最新話!中学聖日記41話【感想・ネタバレ】子星町で奮起する聖の姿が…。

中学聖日記42話

 

【中学聖日記・最新42話あらすじネタバレ】

 

 

 

“自分と親が別人格だって気付いたのはいつだろう”

 

 

原口とお茶?中の聖。
正月に、原口の実家を勝太郎が訪ねたと聞き聖は驚きます!!(結婚!?的な?聖、フラついますw)
シンプルに“来ただけ”だと説明する原口。

 

 

聖は『新春から幸せな気持ちになりました』と嬉しそうに言います。

 

 

寝不足だと原口に漏らした聖。
心理士の資格を勉強し始めてました!(原口には言いませんでしたがバレてますw)
明らかに“フツー”ではない原口一家+勝太郎の写真を見た聖(°▽°)

 

すると

 

 

原口『聖ちゃんは?ご両親とどう?
川合が心配してたよ
一時実家に戻ったりもしてたよね?』

 

 

と原口は尋ねます。
『あの時は 意外と淡々と できちゃってましたね…』と答える聖。

 

 

原口と別れた後、帰宅した聖。
玄関を開けると…母親が待っていました( ゚д゚)!!!
(いや、連絡なしに突然来ました系の母親って闇。水回り拭いといたとかなんかもう…)

 

 

 

来る途中に見つけたカフェに行こうと言う聖の母。(でた一方的)
カフェでは唐突に『ねぇ聖 いつ帰ってくるの?』と尋ねます。

 

 

もういいんじゃない?あなたにしてはがんばった方よ、と言う聖の母。
引っ込みつかなくなって色々手遅れになる前に…と。
幼い頃から言われていた母からの言葉を思い出す聖。

 

 

そして、

 

 

聖『私 地元には帰らない
結婚も 多分しない』

 

 

そう伝えます。
『あ そう』とだけ言った聖の母。

 

 

母は帰り際、『結局ね あなたは悩んだことなんてないのよ』と切り出します。

 

 

聖の母『色々あったかもしれないけど
ぜんぶ自分が好きでしたことの結果じゃない

そういうのが
かっこいいって思ってるのよね
何もわかってない不遜よ

もう帰ってこなくていいわ』

 

 

聖の母は電車で帰って行きました。

 

 

帰宅した聖の携帯に田辺先生から着信が入ります。
生徒が家出したと聞き、探し始める聖…。

 

 


 

 

雪の降る朝、大学の入試に出かける晶。
母親に何か言いかけ『何でもない』と口を閉ざします。

 

 

“受かったら ぼくー”そう考えていました。

 

 

 

一方、聖は合格祈願をしに神社にいました。
お参りを終えて信号を渡ろうとする聖。
すると目の前には…晶がいました。

 

 

 

 

『ーあ…』

 

 

互いに驚き、一瞬立ち止まるふたり。
でもそのまま何も言葉を交わさず晶は通り過ぎます。

 

 

受かったらその時はー
だから それまで 待ってて

 

 

ここまでが中学聖日記42話のざっくりとしたあらすじでした〜。

 

 

【中学聖日記42話・感想】

 

 

ああ…久々の聖と晶のふいうちの再会に胸がギュ〜っとなりました。
見つめあっただけ、言葉も何も交わさなかったけど…お互いの想いが溢れでてたよね?

 

 

(引用元 中学聖日記42話)
中学聖日記42話

 

 

ちょっと口角を上げた晶がなんか余裕っぽくてよかった。
“だから それまで 待ってて”は聖への思いとして受け取っていいよね♡?

 

晶、国立入試頑張れ!
聖も、毒親に負けずにがんばって!
世の中、まるっと子供を受け入れて肯定して応援してくれる親ばかりじゃないんだなぁ〜。つら。

 

 

次回の中学聖日記も楽しみです♫

 

【次回 中学聖日記43話掲載FEELYOUNG発売日】

 

中学聖日記は43話は6月8日(火)発売のFEEL YOUNG7月号に掲載予定です!

 

 

《引用元 作品DATA》     
出版社:祥伝社
著者:かわかみじゅんこ
掲載誌:FEELYONG

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です