最新話!私の少年6巻28話【感想・あらすじ】(ヤングマガジン)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
私の少年

ヤングマガジン2019年17号の【私の少年28話】のあらすじ感想です☆
28話は私の少年6巻に収録予定と思われます!

 

私の少年各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

最新話!私の少年6巻27話【感想・あらすじ】(ヤングマガジン)

 

この28話までが、5/7発売の“私の少年6巻”に収録と思われます!
聡子が真修に“何をしてあげたいのか”…が、明確になった大切な1話でした。
相変わらずひたすら悩む聡子が出した決意は!?

 

ざ〜っくりあらすじ&感想です♫

 

【私の少年28話 イルミネーション】

 

27話ラストで聡子が偶然再会したのは真修の同級生・奈緒。
奈緒に頼まれ、真修へのクリスマスプレゼントを探しにいく事に!
クリスマス会でみんなで交換するのとは別物だそう。
くじ引きで真修に決まったと知り、ホッとする聡子…。そんな自分に違和感覚えてます( ;´Д`)

 

 

奈緒『…あげるなら喜んでもらえるものあげたいし
けど真修くんが喜びそうなものとかわかんないし

だから多和田さんに聞けばいいかもって
仲いいし』

 

聡子『うーーーーん』

 

奈緒『でも 難しいですよね
ごめんなさいなんか急に』

 

 

そう言い、うつむく奈緒。

 

 

プレゼント選びに自信はなさそうですが、“真修を知るチャンスかも”と奈緒に付き合う聡子なのでした。

 

 

色々と話しながら店を回る聡子と奈緒。
奈緒は今放送部に所属していて、放送部の強い高校を目指しているらしい。

 

 

聡子:そっか
そのうち奈緒さんも真修も
一緒に高校生になるんだよな

 

 

な〜んてふと考えてしまう聡子。
プレゼントを一緒に探しながら、奈緒の様子を見ているうちに、“くじ引きで真修に決まった”というのは奈緒の嘘だということに気づきます。

 

 

 

 

そんな時、聡子と奈緒の目に止まったのは石を取り扱うアクセサリー店。
『真修 鉱石とかすきみたいだから 結構いいかもー…』とつぶやいた聡子でしたが、アクセサリーのプレゼントは“念がこもりすぎてて重いかも…”とうだうだ考え始めますw

 

 

 

が、

 

 

 

奈緒『これ…いいかも』

 

 

と、奈緒は即決!
そんな奈緒を見ながら聡子はこう感じてました。

 

 

聡子:奈緒さんはすごいな
重いとか 軽いとか 先とか後とか

私が立ち止まってる場所を

こんなにもあっさり通り抜けて
真修のそばにいる

「うらやましい」って声が出そうになったから

 

 

 

『いいんじゃないかな 
すごい青春っぽい』

 

 

 

 

こんな言葉に置き換えたりして
ダメージ

 

 

(年の差だったり立場だったり色んな違いはあれど、性格の問題もあるよね。と、思う。)

 

 

 

ひとり凹みながら電車に揺られる聡子の元に、真修から連絡が。

 

 

 

聡子さんのだめなところ
考えてみたんですけど

思いつかないから
聞いてもいいですか

 

 

と。(なんだそれ可愛すぎるよ。まだ神として崇めてんのかなw)
“どんな質問だよ”と笑いながら、いくらでもある…と自分の(日常生活での)欠点を思い浮かべる聡子。

 

 

さらには、背が伸びた真修と奈緒の高校生になった姿を思い浮かべ…

 

 

 

聡子『ぐああ〜〜〜』

 

聡子:未来のこと考え始めるとすぐに
へんなうめき声を出すところ

私のだめなところ

 

 

と。

 

自分は真修に何をしてあげたいんだろう、と考える聡子なのでした。

 

 

 

 


 

クリスマス当日、真修はカラオケルーム?で友達とクリスマスパーティー中。
ですが…とってもそわそわしていますw
実は聡子に“やっぱり今日会えませんか?”と連絡していました!

 

 

返事を待たずに、理由をつけて店を出る真修。
…を、奈緒は追いかけます!!!
(聡子と選んで)買ったプレゼントを真修に渡す奈緒。
真修はそれを“みんなで交換したプレゼント”と勘違いしたまま、お礼を言い慌てて聡子の元へ!

 

 

真修からのLINEに気づかず、着信で気づいた聡子。
その瞬間、真修がパッと目に入ります。(一生懸命聡子を探してます)

 

 

 

私が 真修の姿をすぐに見つけられるのは
私が真修しか見えていないから

ああ 真修もだ

真修も私の姿をすぐに見つけてしまう

 

 

 

私と真修だしかいない二人の世界が
私たちの日常で
私たちのよろこびだった

 

 

 

私たちだけのたったひとつの夜

 

 

 

あなたの世界を閉じることで
生まれる夜

 

 

 

これが 一番 だめなところ

 

 

 

向かってくる真修を見て嬉しそうな表情から、だんだん曇った表情に変わる聡子…。

 

 

聡子は、(奈緒からの)プレゼントを雑に握って駆け寄って来た真修に、
『それ貸して』
…と言い、プレゼントを真修の腕にはめ、人からのプレゼントを乱暴に扱うのはダメだと注意します。

 

 

 

そして、(アクセサリーを)『作ってくれた子にちゃんとお礼言った?』と尋ね、言えてないかもしれないと返した真修に、

 

 

 

聡子『じゃあ今夜はこれ作ってくれた子や
真修と一緒がいいって思ってくれてる友達に
会いに行く日にしよう

私と会うのは
また別の日に約束をきちんとしてから ね』

 

 

と言います。

 

 

『…来たらだめでしたか』と、凹む真修に『会いたかったからすごい嬉しい!』と言いつつも、自分と同じように真修に“会いたい”と思う人を『ちゃんと見てあげてよ』と諭す聡子。

 

 

 

それを聞き、素直に『…じゃあ グータッチしたら…帰ります』と言う真修。
で!し!た!が!ひとつお願い付きでした♫

 

 

 

 

真修『次は 聡子さんから連絡ください』

 

 

 

と!!!
『…うん かならず』と笑顔を見せ、真修の後ろ姿を見守る聡子。

 

 

 

私は 真修の世界を開いていきたいんだ

そこでまた真修と会えるように

 

 

晴れやかな表情でそう思う聡子。
その瞬間、また真修から着信が。

 

 

 

 

真修『聡子さん言い忘れてました
後ろ!みてください!
メリークリスマス!』

 

 

聡子の目の前には、大きなクリスマスツリーが。
真修に、メリークリスマスと言い返す聡子なのでした…!

 

 

 

ここまでが、私の少年28話のざ〜っくりあらすじでした。

 

 

“真修に何をしてあげたいか”=“真修の世界を開いていきたい”

 

 

それが、聡子の出した答えだったようです。(やはり保護者立場なのか( ;´Д`)!?)
とっても晴れやかでスッキリとした表情で出した答えのようですが…真修の“好き”だから一緒にいたいとは完全にすれ違っているのか!?
いやでも、そのあとの“そこでまた真修と会えるように”というのは、色んな世界を知った真修がそれでも自分を選ぶのであれば一緒にいたい、という意味にも取れるのか???

 

(でも、聡子の晴れやかな表情から真修を“異性”として見てるイメージは湧かない。)

 

 

難しい…。

 

 

でも、明らかに奈緒に対して“うらやましい”と感じてたよね…。
前に欲しいものを尋ねた時、『背がほしい』と言った真修の言葉を思い出し、奈緒と真修二人が高校生になる姿を想像してうめき声あげてたよねwそれはつまりヤキモチなのでは?

 

 

でもねでもね、前に『背が欲しい』と言った時真修は…

 

 

 

『今より背が高くなって
車とか乗れるようになったら

聡子さんとどこでも行けるから
それが1番欲しい』

 

 

 

と言ったんだよ〜〜〜(ノД`)!!!(BY私の少年3巻)

 

 

聡子の決断と真修の気持ち。どうなるんだろ。
異性として見ない(見れない)のであれば真修にそこはきちんと言ってあげなきゃじゃない?
て、ことで、またマユ様(聡子妹)必要じゃないw???

 

聡子の出した決断?決意?はこれからどんな展開を生むのかなぁ。
私の少年29話は(5/27)発売のヤングマガジン26号に掲載だそうです!

 

 

私の少年6巻は5/7発売決定*\(^o^)/*楽しみだ〜。

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:高野ひと深
掲載誌:週刊ヤングマガジン

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です