最新話!モトカレマニア4巻26話【感想・ネタバレ】(kiss)

1 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
モトカレマニア

新木優子×高良健吾W主演!
秋ドラマ・モトカレマニア2019年10月スタート!

kiss9月号(2019)のモトカレマニア26話のあらすじ感想です!
モトカレマニア26話は、モトカレマニア4巻収録と思われます♪

 

 

モトカレマニア各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

モトカレマニア4巻24話25話【感想・ネタバレ】(kiss)

 

ソフレ関係のさくらの肩に手を伸ばしたマコチ。
モトカレマニア26話のざ〜っくりあらすじ&感想です!

 

最新話!モトカレマニア26話

 

【モトカレマニア26話 死ぬ気で余裕みせて あらすじ】

 

隣で背を向けて寝ているさくらの肩に手をおいたマコチ。(さくらは寝たふり中!)
さくらの肩の冷たさに驚き、布団をかけ…

 

 

 

さらに背後から体を密着させるマコチ…!!!( ´Д`)

 

 

さくらの温もりを感じ、うとうとしだすマコチでしたが…さくらの脳内では緊急会議が開かれていた!!(要チェック)
脳内会議が終了した結果、さくらはマコチの方を振り向きます。

 

 

 

マコチ:あれ…もしかして
さくらさん
そういう流れアリな感じ…?

 

 

とマコチが思った瞬間…!!!

 

 

さくら『ー真くん…私たち

話し合いましょう ね

 

 

と、さくらは電気をつけ正座で話し合い開始www

 

 

マコチの様子がおかしい事に気づいていたと伝えるさくら。

 

仕事で色々あり“流れ”でそうしてしまったと言うマコチに『流れに巻き込まれる側のこと考えてみたことある?』と厳しい発言をします。モトカノ(ユリカ)とキスをした事も今の事もマコチにとっては“流れ”であって、相手がどう思うかは頭にないんじゃないか…と。

 

 

 

 

さくら『真(まこと)くんは私を突然巻き込んだんだよ
真くんの「落ちつきたい」って欲望に
それってまるで…

 

 

痴漢みたい

 

 

(…ってのは言いすぎかもだけど…)』

 

 

その言葉にショックを受け、さくらに『出ていきます』と告げるマコチ。
そこまでのつもりはなかったさくらでしたが、“特別な関係にはなれなかった”と思い、『…別にいーけど』と結局引き止めませんでした。(深い関係になり“頑張る”こともさくらの中では違うようです!)

 

 

 

そして、さくらはユリカに連絡。
マコチが出て行くことを伝え、“必要ならどうぞ”と自宅の住所を送ります。

 

 

 

連絡を受けたユリカは大雨の中、髪を振り乱しマコチの元に向かいます!

 

 

落ち着いて死ぬ気で余裕を見せて、しかるべきタイミングで届くパンチを打つために!(byおばちゃんず)

 

 

雨が降ってきた為、マンションのエントランスで立ち往生していたマコチ。
目の前にユリカが現れ驚いています!
傘を差し出して微笑むユリカ。

 

 

 

ユリカ『一緒に 行こ ?』

 

 

 

ひとつの傘に入って進み出す2人を、上からさくらが見つめていました!

 

 

ここまでが、モトカレマニア26話のあらすじでした〜!

 

 

【モトカレマニア26話感想】

 

 

お〜〜〜!ユリカとマコチ、ついに、モトサヤなるか〜〜〜!?!?という所まできましたね。
がしかし、正直マコチどーなんって気持ちが読後残ってます( ´ ▽ ` )w
だってさくらが振り向いた瞬間、いけると思ったよね?あれ、そう思った顔だよねww???
さくらがそのままいったらきっと流れてたよね!?

 

 

何も考えてないんだろうけど…(キスをして好きだと自覚した)ユリカとの関係をハッキリさせないまま、流れで他の女とそうなろうとする男って…。そこまで考えが浅はかな男って…。追いかけて元サヤになる価値はあるんだろうか、と!

 

今回さくらに指摘されたことで、マコチの考え方も変わるかもしれないですけどね。(痴漢扱いされたしw)

 

さくらも(葛藤はありつつも)意外とあっさり手放しましたね…。
さ!マコチはユリカのモトカレから再イマカレなるのか!?
モトカレマニア27話も楽しみです〜( ´ ▽ ` )♡

 

 

【次回 モトカレマニア27話掲載kiss発売日】

 

 

次回、モトカレマニア27話は8/24発売のkiss10月号に掲載予定です♪

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:瀧波(たきなみ)ユカリ
掲載誌:KISS

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です