思い、思われ、ふり、ふられ10巻38話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

2 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
思い、思われ、ふり、ふられ38話

別冊マーガレット8月号(2018)の【思い、思われ、ふり、ふられ38話】のあらすじ感想です☆
38話は【思い、思われ、ふり、ふられ10巻】収録と思われます!

 

思い、思われ、ふり、ふられ各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

思い、思われ、ふり、ふられ10巻37話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

 

37話で亮介に連れて行かれた朱里。
38話では攻める亮介が描かれてます…!!早い!!攻めて、粘る。ハッキリ言ってタイミング計って?空気読もうとしすぎて?モタついてる和臣より…かなりカッコよく見えちゃいましたwww

 

ふりふら38話ざ〜っくりあらすじ&感想です♫

 

 

【思い、思われ、ふり、ふられ38話】

 

 

朱里が亮介に連れて行かれた為、由奈・理央・和臣の3人で下校。
そこで朱里の今の状況(両親の離婚問題で悩んでいること)を初めて知る由奈なのでした!
由奈に遠慮して、“もし離婚になっても父親と理央の元に残る”という選択肢を自分の中で捨てた朱里でしたが…和臣がその気持ちを代弁して由奈に伝えます。

 

 

 

それを聞き、理央との関係に“ヤキモチを妬いてた”と言ってしまった自分に反省する由奈。
同時に“朱里ちゃんはいつも先回りして 気を遣っちゃうんだなぁ”…と感じます。
でもそこで理央がすかさず!男気発言♫!

 

 

 

理央『じゃあ問題ないよ
由奈ちゃんがやな気持ちにならないようにするのは
俺次第って事でしょ?

じゃあ絶対大丈夫
由奈ちゃんがこれからも
俺の事ちゃんと見ててくれれば
不安になんかならないはずだから』

 

 

ですと〜〜〜〜♡
えーっと…和臣の存在忘れてますw???って位、そっちのけでラブラブなふたりですww

 

 

 

 


 

 

 

一方、亮介に連れて行かれた朱里…は…

 

 

 

 

やはり告白されてました〜〜〜( ゚д゚)!!!!!

 

 

 

もうここ読んでください〜って感じですがw
(寒いから)手を繋ごう攻撃からの告白!!!

 

 

 

 

亮介『俺だってなんとも思ってない奴に
手ぇ繋ごうとか言ったりしないよ

俺もう一度山本とやり直したいんだよ』

 

 

 

と、ストレートに気持ちをぶつけます!!!
朱里は亮介の告白を断りますが…“好きな人がいる事”が亮介にバレちゃいます。
『そいつとはうまくいきそうなの?』
と、すかさず聞いてきた亮介に、一度ふられてること、同士だと言われてしまったことを伝える朱里。

 

 

そして、(恋する乙女の顔で♡)お互いに悩みが似ていて、自分たちにだけ分かり合えることがあって、誰よりも特別で今はその人にしか心が向かない…と朱里は続けます…♡(ここの可愛すぎる朱里をチェックしていただきたい♡♡)

 

 

 

だがしかし…そんな二人の関係を、

 

 

 

ただの傷のなめ合い

 

 

 

だと、亮介に言われてしまいます…( ゚д゚)!!!
一時的に癒されてもどこにも進んでないと。お互いの為なのか?ですと!!!
すごく閉じた関係であって、お互いを“救えない”と!!!ハッキリ!!!
(え…ひどくね??朱里の表情見てた??って感じですが、なんだか亮介の言葉もしっくりくる気がしてきた…←ヤバい洗脳され始めてるw)

 

 

そして、さらに自分をプッシュ!!!

 

 

亮介『だから山本には
俺のほうがいいと思うんだ
別のとこから引っ張る存在が

だからもう一度
俺にがんばらせて欲しい』

 

 

…そう粘ります!!!

 

 

 

亮介の言葉に撃沈し、結局告白はなんだか保留のまま帰る朱里。
そんな朱里を待ってたのは由奈でした♡!!!

 

 

朱里に、理央とのことを“ヤキモチ妬かない”宣言し、もしも離婚になっても、
『朱里ちゃんはここに残って
私達と一緒にいよう!』
と伝えます♫

 

 

 

その言葉に喜ぶ朱里…。
さらに由奈は“朱里の悩み”を無責任に自分にぶつけて欲しいと言います。それが朱里に対する自分の“強み”なんだと♫
由奈のその言葉に救われ、亮介の“別のとこから引っ張る存在”の意味が分かった気がした朱里。

 

 

 

朱里はその日から亮介の言葉が頭を巡り、学校でも覇気なく過ごしていました。(を、遠くから心配する和臣←オイ。)バイト中も悶々と考えていました。
今の和臣との(気持ちを分かりあえる)関係で満足していたら、力にはなれないのか…と。

 

 

そして…

 

 

 

朱里:じゃあ 私の選択は決まった

 

 

 

そう感じ、上を向く朱里なのでした。

 

 

 

ここまでが、ふりふら38話でございました〜〜〜!!!!

 

 

亮介…攻めましたね〜( ´▽`)!!!
告白するだけでなく、朱里の好きな相手との関係を否定しつつ更に自分をプッシュするって。だいぶ高度な技ですねwまぁ本心だから…“朱里には自分が合う”と強い気持ちがあるから、あそこまで断言できるんでしょうけどね。
また、朱里と一度ダメになったからこそ、何としても朱里と一緒にいたいっていう気持ちなのかな。普段はポーカーフェイスな亮介の頬染め…グッときちゃいました。

 

 

(引用元 思い、思われ、ふり、ふられ38話)
思い、思われ、ふり、ふられ38話

 

 

 

朱里も決意したっぽいですね。
あのラストの感じだと、まさか亮介に行く気じゃ!?なんて取れちゃう雰囲気ですが…そうじゃないと思ってます!
“別のところから引っ張る存在”は朱里にとって由奈がいる!と思うし、似た悩みを持つ同士だからこそ力になれるよう行動する!と感じたのでは?なんて勝手に想像してます♫

 

(隠し事ができないw)由奈から、朱里が告白された情報を知った和臣は動くのかな!?
ぜひ、別冊マーガレット8月号チェックしちゃってください!
そして今月25日に、ふりふら9巻発売ですね♡理央&由奈…キュンとする表紙ですね♡

 

 

次回、別マ表紙&巻頭カラーのふりふら…何かが起こりそうな気がします♡
ふりふら39話も楽しみです〜〜〜♫♫♫

 

 

思い、思われ、ふり、ふられ10巻39話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


2 件のコメント “思い、思われ、ふり、ふられ10巻38話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

  1. 亮介グイグイ来てましたね〜
    今回由奈&理央&和臣が一緒にいる率高めでしたね。
    ブランコでの由奈&理央のいちゃいちゃ可愛かった❤️
    亮介とくっつかないで!朱里!

    1. ゆきぬんてぃうすさん
      いつもコメントありがとうございます♫返信遅れてすみませんm(_ _)m!!!
      ブランコでの、由奈の“好き”可愛かったですよね〜♡和臣なんて眼中にない2人が面白かったですww
      朱里…亮介はダメだぞ〜!ですね。またぜひコメントいただけたら嬉しいです♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です