アナグラアメリ8巻48話【感想・あらすじ】(マーガレット)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
アナグラアメリ48

マーガレット13号(2018)のアナグラアメリ48話のあらすじ感想です☆
48話は、アナグラアメリ8巻収録と思われます!

 

アナグラアメリ各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

アナグラアメリ8巻47話【感想・あらすじ】(マーガレット)

 

世堂の事が気になってしまうあめり…!!
48話ではまさかの…あめり・帝斗・世堂の三角関係メンバーでデート( ゚д゚)!?
ざっくりあらすじ&感想でございます〜。

 

【アナグラアメリ48話】

 

 

年が明け、バイト初出勤のあめり。
あめりの後に出勤してきた世堂は、挨拶するあめりを無視します( ゚д゚)!!!
拗ねてる!!!

 

 

 

世堂『どうせ今日も俺にそっけなくするんでしょあめりさんは。
だったら俺はあめりさんの事無視する事にしたから』

 

 

 

だってwww(ガキだ〜〜〜www)
でもでも、“あけましておめでとう”だけは言うんだwww
バイト中、またまた世堂の事を考えちゃうあめり。
“私には関係ない”と自分に言い聞かせ、バイトを終えたあめりを待っていたのは、帝斗でした〜〜〜♫

 

 

 

“…すごい
あんなかっこいい人が私を待ってくれてる
泣きそう”

 

 

 

そう感じながら帝斗に近づくあめり♡
そこにタイミング悪く?世堂が現れます!
そこで、あめりが世堂と距離を取っていたと知った帝斗は、自分のせいだと感じ…
帝斗『そういうの望んでないから俺
うん。望んでない
ふつうにしてほしい』
とあめりに優しく伝えます♫

 

 

そんなイチャつく??2人に世堂がツッコむと…あめりを抱きしめ、
『そーだね!じゃあ続きは俺の部屋でしよっかな〜☆』
なんて煽る帝斗ウケるwww

 

 

なぜかそのまま、帝斗&あめり&世堂でお出かけする事に〜!
帝斗が世堂を誘ったんですが…あめりは気まずそうですwww

 

 

 

(引用元 アナグラアメリ48話)
アナグラアメリ48

 

 

 

ゲーセンに着いた3人♫
なんだか密かに男のバトル始まってる???(要チェックですw)
男2人きりになった時、世堂はなぜ今日自分を誘ったのか帝斗に尋ねます。
帝斗は、自分のせいであめりが世堂とギクシャクしてるみたいだから、みんなで遊びに行って仲直りできたらいいと思ったと言います…が。が!が!!

 

 

 

帝斗『………んな事(こた)ァ1ミリも思ってないけどね』

 

 

 

 

 

だってwww
ダーク帝斗降臨ですwww

 

 

 

世堂に自分は“嫌な奴だ”宣言!!!
世堂とあめりが不仲になってほしいだの、世堂が邪魔だのハッキリ言いますwww

 

 

 

帝斗『……今日は一回ちゃんと言っとこうと思って
無理だから 絶対
俺あめり絶対手離さないから

 

 

あきらめて』

 

 

 

ですと〜〜〜!!!
そんな帝斗に怯む事もなく、世堂もハッキリ言い返す!!!

 

 

 

世堂『嫌です
俺もう後戻りできないくらい
あめりさんの事好きなんで』

 

 

 

ですと!!!
帝斗キレッキレですwww
2人がそんな会話をしてるとは全く知らず、ゲームを終えて笑顔で戻ってくるあめり♫

 

 

 

ここまでが、アナグラアメリ48話でございました〜。
いや〜〜〜面白くなってきた〜( ´▽`)www
やっぱ帝斗さすがだな〜。世堂とあめりのやり取りなんてあんまり見た事ないはずなのに、世堂のあめりに対する気持ちを見抜いてましたね〜〜〜。

 

 

ダーク帝斗最高だったな♡
大好きなあめりを絶対に手離さない為に、キレイゴト並べていい奴なだけの男より、よっぽど魅力的だと感じました!帝斗と世堂のバトル、これからも楽しみです〜!!!
あめり〜フラついたらダメだぞ〜www

 

 

最新話!アナグラアメリ9巻49話【感想・あらすじ】(マーガレット)

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:集英社
著者:佐藤ざくり
掲載誌:マーガレット

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です