最終話!太陽が見ている(かもしれないから)8巻26話【感想・あらすじ】(マーガレットコミックスCookie)

1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
太陽が見ている26話

Cookie2018年7月号の太陽が見ている(かもしれないから)26話のあらすじ、感想です☆
26話はコミック8
巻に収録と思われます!

 

太陽が見ている(かもしれないから)各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

太陽が見ている(かもしれないから)8巻25話【感想・あらすじ】(マーガレットコミックスCookie)

ついにきました…太陽が見ている最終話(;_;)!!!
まさかの一日遅れで読みました。手に入らなかった昨日は拷問でした…(ノД`)

 

1ページ1ページ大事に大事にめくって読んで。
ラストでなんだかいくえみ先生にプレゼントをもらえたような温かい気持ちになりました♡
それぞれの姿が描かれた最終話。文章ではなかなか伝えにくいので、ぜひ本誌読んでください!
ざ〜〜〜っくりあらすじ&感想です♫

 

 

【太陽が見ている(かもしれないから)最終話】

 

 

 

母親の命日に、叔母&叔父とお墓参りに訪れる日帆。
そこで日帆は(亡き)母親に大学を辞めて一休みする報告を…。(なんだか少し前から性格が吹っ切れた様子の日帆ですw)
『でも がんばる』
そう伝えます。

 

 

 

 

岬が働くカフェには“野村”がランチに来てました!
(野村!じめ〜っとした岬の未来を“大人の言葉で”パッと明るくしてくれた野村!)
岬に彼氏がいると聞き食いつくも、サラ〜とあしらわれてたwww
そこに日帆やおじさんたちが訪ねてくる♫

 

 

 

その後、楡も岬のバイト先に現れます。
日帆の母親のお墓にあったお花は楡がお供えしてたようです。
楡は実家の家が“売り”に出たことを岬に報告。楡の父親は“アマルフィ”に行き余生を過ごすらしいw
楡が父を支える使用人に送ったメールには
“父を最期まで宜しくお願いします”
と記されてました。
(楡と父親の関係にも変化ですね…。)

 

 

 

 

アマルフィの場所を検索して楽しそうな岬に、
楡『……岬 また一緒に暮らしたいな?』
そう言う楡。

 

 

 

(あんなに誰かと一緒にいること、住む事を苦手とした楡のこの言葉にジーン。そんでもって“岬”呼びにもジ〜ン♡)

 

 

ある日、ふたりが過去に住んでいた(朽ち果て気味の)フラットハウスの庭で子猫を見つけた楡は飯島を呼び出します。なんだかんだ言いながらテキパキと子猫の世話をして連れて行く飯島w
帰り道トボトボと『レバサン…元気かな〜……』とつぶやくと、すかさず楡が『元気だよ』と返します。

 

 

て、飯島の目が見開いてるw固まってるww
全てを悟ったようですねwww
殴っていいと言う楡に、飯島は…

 

 

 

飯島『時間の無駄
体力の無駄
俺の無駄ァ!』

 

 

そう言って笑って去っていきます。(飯島最高!)

 

 

 


 

 

そして…そして…フラットハウスを修理する岬と楡の姿が!!!(待ってました〜(;_;)♡)
二人はふと思い出した様に、“日帆がこういうことやりたがってた”…と言葉にしますが、『呼ぶ?』と口を揃えながらも…

 

 

 

 

 

岬『2人でやりたい』

 

楡『俺も』

 

 

 

そう言って見つめあって、キス。
過去に岬の親に“許可証”をもらった事を笑い話にしながら、岬は楡の前髪を触り額の傷を見つめます。
そして抱きしめ合う二人…。
楡も岬も穏やかで幸せそう…(;_;)♡
やっと“本来の場所”に戻った様な安心感に溢れた表情な気がするなぁ…♡

 

 

 

(引用元 太陽が見ている(かもしれないから)26話)
太陽が見ている26話

 

 

 


 

 

ずっと一人、色々な場所で本を読み続ける日帆でしたが…
飯島兄から送られて来た(沖縄で撮られた)満天の星の写真を見て…

 

 

 

日帆:そこはどこですか?
私が行ってもいい所ですか?

 

 

 

…と、返信(ノД`)!!!
(キターーーー!!!飯島兄…やったねぇえええ)

 

 


 

ラストでは……岬宛てに沖縄にいる日帆からポストカードが届きます♫
(修理で)床の色を塗る楡に、そのポストカードを嬉しそうに見せる岬。
そこには、
“毎日すごく生きてます”
と書かれていました〜♫

 


 

床に並んで座る岬と楡。

 

 

楡『良くない?』

岬『うん 良い色』

 

 

 

そう言って二人は窓の外を眺める…。
楡が握った岬の薬指には…

 

 

 

 

指輪がはめられていました〜〜〜♡

 

 

 

 

 

ここまでが太陽が見ている(かもしれないから)最終話でございました〜!!!!

 

 

ふわぁあああああ〜〜〜〜。
終わってしまった〜〜〜!!!!
寂しい!!!んだけど…読み進めるほど、何気ないページに深みがあって……心があったかくなっていくラストだった〜!!!

 

そんでもって指輪……思わず二度見したんですけど(´Д` )♡!!!
結婚したと捉えていいのかなぁ(ノД`)♡!?
フラットハウスの修理が続いてたって事は、そんなに時間は経ってなさそうだけど…楡が岬に恋人としての“指輪”をプレゼントしそうなキャラではないしwww

 

 

もしそうであれば…今まで散々悶々と苦しい思いをしてきた(←個人差あり)読者へのいくえみ先生からのご褒美(プレゼント)な気がします〜〜〜(´Д` )!!!
だっていくえみ先生の作品ラストで“結婚”ってそうそうないし。(番外編で〜的なのはあるけど)

 

そして!飯島兄!!
やっと報われた!!
だろうな〜とは思ってたけどやっぱ嬉しい♫
日帆は作家とかを目指すのかな?
そんでもって飯島弟もいい顔してたw!!

 

飯島と別れたと知った母親に岬が
『でも今すごい好きな人といるから』
って堂々と言ったトコすごく好きだったんですが、きっと岬の母親はそれが“昔一緒に住んでた男友達”だってすぐ気づいたんだろうなぁ。やぱ母親だわ。

 

あとあと…フラットハウスを二人で直したいって言った岬と楡。
楡は恋人だった日帆が(フラットハウスに)住みたがってもなんとなく避けていたけど、この今回の言葉でフラットハウスは“岬との大事な場所”で日帆と一緒に直す事も、住む事、家を壊す事ももできなかったんだろうなぁと。
楡もずっと岬を想っていたというシンボルの様に感じました。

 

はぁ〜。
とにかくみんなが幸せそうな最高な最終話でした。
ぜひ、ぜひ、ぜひ!!!本誌チェックしてみてください♡
いくえみ先生の次回作…いつなんだろう!?
楽しみすぎます〜♫

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:いくえみ綾
掲載誌:Cookie

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


8 件のコメント “最終話!太陽が見ている(かもしれないから)8巻26話【感想・あらすじ】(マーガレットコミックスCookie)

  1. 本当に最高のご褒美最終回でしたね。
    みんなが幸せそうで嬉しくで嬉しくて…
    あの時、岬を拒否した楡の気持ちがずっと謎でいつかトラウマ的な理由が出てくるかと思いましたが、そうではなく岬が好きすぎて、眩しすぎて、俺なんかじゃって気持ちでというのが一番しっくりくるかなぁと。
    幸せいっぱいでしたが、足りません!みんなの幸せをもっと見たい!!笑 いつか番外編が読めることを祈って。

    1. とんとんさん
      返信が遅れまくって…本当にすみません〜〜(ノД`)!!!
      ついに、ついに!最終回でしたね。本当にみんな穏やかで幸せそうで嬉しい…でも寂しい!が本音です!
      とんとんさんとのやりとりで色んな気づきや発見がたくさんあって、太陽が〜を数倍楽しめた気がします♫本当にありがとうございます!
      番外編…読みたいです!同じく、足りないです〜!あの時の楡の気持ち版的な番外編(今さら野暮なんでしょうか)読んでみたいなぁとw月末の最終巻に加筆ありを期待しながら待ちたいと思います!!!また是非是非!コメントお待ちしております〜♫

  2. 終わってしまいましたね〜〜〜。
    数話前までこんなに穏やかで幸せな時が迎えられるとは思えなかっただけに、いくえみマジックに脱帽です。
    2人は結婚したんでしょうかね。
    日焼けしてすごく生きてる日帆。(&兄)
    飯島弟の笑顔も見れたし。
    うん、みんなが幸せそうでよかった。

    いろんな意味で成長のお話だったんだなぁと。

    太陽は、苦しいてせつない時期が長かったので、こちらで管理人さんや皆さんのレビューを見るのが救いでした。
    本当に感謝ですm(._.*)m

    なんだか、ロス感半端ないですがいくえみさんの新作期待したいです。
    その時はまたよろしくお願いします!

    1. 藤きさん
      こちらこそ!!!太陽が〜で皆さんとコメントし合えるのが本当に楽しくて、心が折れそうな時も支えていただけました♡
      1人で読むよりも色んな方の発想を交えて読むことでこんなにも面白くなるんだ!と気づかされました!!(ブログやって良かったな〜って何度も感じました!)
      本当にいくえみマジックなラストでしたね。数年後…に逃げない所が最高でした!
      同じくロス感半端ないですwww
      このロス感を埋めてもらえるのはいくえみ先生作品しかないので、またどっぷりハマれるやつをお願いしたいです!
      藤きさん…ぜひぜひ!こちらこそこれからもよろしくお願いします♫またコメントお待ちしております♫

  3. こんにちは♡太陽〜終わっちゃいましたね…涙
    でもとても素敵なラストでしたね♡♡
    思い描いていた理想的な終わり方に、これだから読むのやめられなくなるんだよなぁ、と
    今までのモヤモヤを忘れ、いくえみさんの構成力の素晴らしさにウットリ放心していました
    日帆もやっと落ち着く所に落ち着いてくれて、躊躇せず自ら飯島兄の元へ飛んで行き、ラストシーンは楡と岬のだけのデレを沢山見せてもらえたしよかったよかった♪

    でも2人共あの段階でまだ家の修理に日帆呼ぶ?とか気遣ったりして、普通そこはもういい加減恋人同士の時間を優先していいんだよって…ねぇ
    結局最後まで自分の本能のまま周りを気にせず動けたのは日帆なんですよね、ホント幸せな子だ
    そんなバランスの3人だからこんなに拗れちゃって(‧̣̥̇꒪່⍢꒪່ )ねぇ

    指輪は私も結婚の証と思いました、2人はもう二度と離れることはない絆で結ばれたという事なんだと思います
    楡の左指はずっと隠れてるままですが、実はきっと指輪をしているだろうと踏んでいます(笑)
    こんなに優しくてあったかくて、幸せな気持ちにさせてくれたラストに感動で胸がいっぱいです♡また遊びに来ます〜♡

    1. あずさん
      いつもコメントありがとうございます♫返信が遅れまくって…すみません〜(ノД`)!!!
      終わって…しまいましたねぇええええ!!!!!ロス感からまだまだ抜け出せそうな気はしませんが…岬と楡の満たされている幸せそうなラストを何度も読み返してしばらくは生きていけそうです( ´▽`)www本当にみんなが幸せそうで良かった!!!そしてあずさんと同じく、隠れたままの楡の薬指に期待♡してます!!!
      いくえみ先生の構成力…本当にうっとりしてしまいます!そして、何気ないモノローグに毎回脱帽でした!!!本心までは晒さない、けど、見え隠れしてこちらに想像させるあのモノローグ。あんなにたくさんの作品をお持ちなのに、なんで毎回“新しい”と感じてしまうのか。すごいですよね。
      他ではそんな作品になかなか出会えないので、いくえみ先生の新作が早く読みたいです!!
      またぜひぜひ!コメントいただけたら嬉しいです♫本当にいつもありがとうございます♡!!

  4. あぁ幸せ♡
    途中で読むのをやめたくなる様なツライ時期もあったけど。
    こんな心あたたまる最終回がくるなんて。
    余韻を味わって、ふわふわしてます♡

    やっぱり、飯島兄弟は最後までいい仕事しましたね!!
    沖縄の太陽が燦々と降り注ぐ地で、底抜けに楽天的な兄と過ごすのが日帆にとって1番心穏やかに過ごせるんだろうなーと。
    安心している私がいます(*´∇`*)

    最後の岬の指輪は、私も結婚の証だと思いたいです!
    そして、私の妄想ですが。
    最後の岬のワンピース!!
    もしかして、オメデタなの?なんて(笑)
    楡の「踏むなよ、入るなよ」は危ないのと、ペンキのニオイがあるから?なんて!

    ただ単に足跡つけるなヨ!かもしれないけど。

    まるっと最大限幸せになって欲しいから。
    そう妄想しておきます(笑)

    毎回、管理人さんや皆さんの視点で読ませてもらって、再度読み直して、なるほど。本当そうだ!なんて2度楽しませて貰っていました!
    ありがとうございました✨

    また新作が出たら、遊びに来させてくださいね!

    1. まろさん
      いつもコメントありがとうございます♫返信が大変遅れ、本当にすみません!!!
      まろさんと同じく、皆さんのコメントで自分1人では絶対に気付けなかった感情やシーンがたくさんありました♡!コメントし合うのが楽しくて楽しくて…♡
      そして、本当に素敵で余韻が残るラストでしたね!!
      まさかの岬おめでたバージョン!?それは想像してませんでした!!!まろさんに乗っかりw、私もそう妄想しておきます♪( ´▽`)
      飯島兄弟…最高でしたね。(飯島兄のビジュアルだけは最後まで少女漫画らしからぬ感じでしたがw)
      飯島兄の元に向かうまでの日帆の様子…ホッコリしてしまいました♡あの何もない日々で、心が解放されて素直に行動できたんでしょうか。大事なものに気付けたんでしょうか。
      いくえみ先生の新作、待ち遠しいですね♡!ぜひぜひ!またコメント楽しみにお待ちしております♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です