ゆびさきと恋々 30話【ネタバレ感想】逸臣、雪の自宅チャイムを鳴らす♫

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
デザート12月号2022

デザート12月号(2022)掲載のゆびさきと恋々(れんれん)30話のネタバレ感想です☆

 

いざ!対面のとき!!
逸臣が雪の両親にはじめての挨拶です♫

 

ゆびさきと恋々(れんれん)全話ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

ゆびさきと恋々 29話【ネタバレ感想】秘めていた想いを打ち明けたあと…。

 

ゆびさきと恋々30話

 

【ゆびさきと恋々30話あらすじネタバレ】

 

 

雪の両親に会うため、髪を真っ黒にして現れた逸臣。
そんな逸臣を見た雪は驚き、ワタワタしていますw♡
すっごくかっこいいです!と手話で伝える雪♫

 

 

逸臣は(緊張している)雪に、『今日は俺にまかせとけ』と言って笑顔を見せます!
いざ…チャイムを押して雪の自宅へ…

 

 

が、しかし…!!!

 

 

玄関に現れた雪の父親&母親は…めちゃくちゃ暗めのテンションで挨拶し、逸臣と目も合わせません…∑(゚Д゚)!!!

 

 

(どどどどうしたwww!?)
これには雪も驚きます(T . T)
リビングに招待された逸臣でしたが、なぜか雪の父は一人ソファーへ…。(避けてる!?)
それでも逸臣はグイグイと父親の近くにより話しかけます!!!(心臓つよっっ)

 

 

その後、食卓に4人で座ります。
『雪 本当にこの人彼氏?ドッキリじゃない?』と恐る恐る雪に尋ねる父親。
逸臣がかっこよくてビックリしていたようです!

 

 

雪は逸臣に、遠慮せずにたくさんお寿司食べてくださいね、と手話で伝えます♫
逸臣は、雪のお父さんが好きな寿司ネタを取り、お皿に乗せて渡します。
『どうぞ お父さんこのネタが好きだって 雪さんが』と。

 

 

さらに逸臣は、音声を文字起こししてくれるアプリを開き、食卓に置きます。(サイレントでも使うやつだ〜!)
逸臣が色々用意してくれていた事を嬉しく思う雪。
雪の母は、逸臣に『私たちが手話使わないって驚いたでしょ』と尋ねます。
(逸臣は全然そんなこと思ってませんでしたw)

 

 

逸臣と雪の両親は、それぞれ雪の耳に関する事への思いを話します。
そして逸臣はいつに本題へ…

 

 

(ゆびさきと恋々30話)

 

『僕たちふたりで
今後の事を話し合ってきました

 

まだ学生の身ですが
ふたりで一緒に住みたいと思っています』

 

 

 

と!!雪の両親へ伝えます!!
目を見開いて固まる雪の両親。
そんな両親を見た雪は、“何その顔 驚いてるに近いけど少し違う”…そう感じていました!

 

 

 

すると突然雪の父親がテーブルを叩いて立ち上がり、『ちょっと 逸臣くんと出てきてもいいかな?』と言います!!
即座に、『行きましょう!』と続けて立ち上がる逸臣www

 

 

 

ふたりが向かった先は、サウナでした〜〜〜!!!
逸臣は、雪の父親に下の名前を尋ね、“久ちゃん”呼びを始めますwww
サウナでくつろぐふたり。
逸臣は気づいていました。

 

 

『それで 何か
雪さんの前じゃ話せない事でもあるんですか?』

 

 

と、雪の父に尋ねます!
ここまでが、ゆびさきと恋々30話のあらすじでした〜♫

 

 

つよ!!!!
逸臣のメンタルつよ!!!
よくよく思い返すと、雪の時も、桜志の時もこんな感じでガンガン距離詰めていたなぁw♡
さすが海外っこ!!←?
雪の前では話せないことって何!?
直球で切り込む逸臣さすがです!!

 

 

めちゃくちゃ気になります!次回はよ!!

 

 

そしてそして、この30話では、温泉旅行に行くエマと心(しん)も描かれてます〜♡
ずっと友達だったふたりが完全に異性と意識しあって行く温泉たまらんですw!!
しかも、日帰り予定と思ってた(計画してた)心に対し、お泊りだと思ってたエマwww

 

 

エマなりに心と向き合おうと覚悟を決めていたんですね♡
結果、同室で一泊旅行に変わりました♫
あ〜こちらの展開も楽しみです!

 

 

ぜひ!デザート12月号でチェックしてください♫

 

 

 

【次回 ゆびさきと恋々(れんれん)31話掲載デザート発売日】

 

 

次回のゆびさきと恋々31話は11月24日発売のデザート1月号(2023)に掲載予定です!

ゆびさきと恋々 最新31話【ネタバレ感想】それぞれが踏み込んだ先に…。

 

ゆびさきと恋々全話まとめはこちら↓

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:森下suu
掲載誌:デザート

 

ご購入はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です