椿町ロンリープラネット12巻67話【感想・あらすじ】(マーガレット)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
椿町ロンリープラネット12巻67話

マーガレット19号(2018)の椿町ロンリープラネット67話のあらすじ感想です☆
67話は、椿町ロンリープラネット12巻収録と思われます!

 

椿町ロンリープラネット各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

椿町ロンリープラネット12巻66話【感想・あらすじ】(マーガレット)

 

ふみの父の働く運送会社に新人バイトとして現れた暁…が、倒れてしまいました( ゚д゚)!!
ロンプラ67話ざ〜っくりあらすじ&感想です♫

 

 

【椿町ロンリープラネット67話】

 

暁先生が、ふみの父親の前で倒れてしまった〜( ゚д゚)!!!
…と、見せかけて…寝ていただけでしたwww!!!

 

 

どうやら暁先生…

 

 

3徹だったらしい(°_°)!!

 

 

え…72時間寝ずに執筆活動してたのか(°_°)スゲ〜。

 

 

目を覚ました暁は作業に戻ろうとしますが、ふみの父はストップをかけ『おごってやるから』…と、定食屋に連れていきます!
そこで食事をしながら暁の好きな食べ物を尋ねるふみの父。

 

 

暁は“きつねうどん”から始まり、様々な自分の好物をあげていきます♫
(ぜ〜んぶふみが今まで作ってきたものですね♡)

 

 

暁が『茗荷の甘酢漬け』が好きだと口にした瞬間…
『それ オレも好きだ』…とふみの父は言い、母親が亡くなってから今までふみに苦労をかけた事(ふみの幼い時の事)を暁に話し始めます。

 

 

ふみに甘えっぱなしだったと言い…

 

 

 

ふみ父『ー何ひとつ文句を言わなかったんじゃない
言えなかっただけなんだ

 

 

ーきっと オレには言えなかったこと
あんたには言えるんだろうな

 

俺はふみにとって
ずっといい父親じゃなかった』

 

 

 

…と。

 

 

 

ふみの父の発言を聞いた暁は、以前ふみが時間をかけて父の好物である“唐揚げ”を作っていた時に『父の好物なので自分で研究した』と聞いたと伝え…ふみの父に“美味しい”と思って欲しくて料理を始めたんじゃないか…と言います。

 

 

 

暁『べつに我慢ばかりしてきたわけじゃない
大好きな父親を
ずっと喜ばせたいと思っていたはずです』

 

 

 

そう伝えます。
その言葉に涙が溢れ出すふみの父。
(を、無表情で見つめる暁先生w)

 

 

 

そして店を出た時、ふみの父は暁に『家庭に縁が薄いのか?』…と尋ねます。

 

 

その質問に、義父が幼い頃他界したと答えた暁は…

 

 

 

暁『恰幅と人当たりが良く、
先のことは深く考えずいつも楽観的で
今思うと
あなたのような人だったかもしれません』

 

 

そう言って笑顔を見せます。

 

 

 

二人は別れ、歩き出しますが…
ふみの父は
“君が生きていたら 何て言ったかな”
なんて、ふみの母の事を考えながら帰ります。

 

 

そして、家で父親を待っていた(暁の所にお弁当を届けようと)ふみに、“話がある”…と伝えます!

 

 

 

 

ここまでが、ロンプラ67話でございました♫

 

 

さすが暁先生…天然の人たらし!!
(じゃ、なかったw)
暁先生の(天然ながらも)真摯な態度や想いがふみの父の考えを変えたような気がしますね♫
ふみが父親を思う気持ちも、暁先生の言う通りだと思います!

 

 

 

父は、真剣な表情でふみに何を伝えるんでしょうか!?
ふみが暁の家で一緒に暮らせる日は戻るのか〜!?
ロンプラ68話も楽しみです♫

 

最新話!椿町ロンリープラネット12巻68話【感想・あらすじ】(マーガレット)

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:やまもり三香
掲載誌:マーガレット

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


椿町ロンリープラネット12巻67話【感想・あらすじ】(マーガレット)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です