僕に花のメランコリー6巻37話【感想・ネタバレ】(マーガレットコミックス)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

マーガレット11号(2017)の僕に花のメランコリー37話のネタバレ感想です☆
37話は、僕に花のメランコリー6巻収録と思われます!

 

僕に花のメランコリー各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

僕に花のメランコリー6巻36話【感想・ネタバレ】(マーガレットコミックス)

 

【前回までのあらすじ】
弓弦の誕生日、夜行バスに乗り雪を見る約束をした花と弓弦。
しかし当日、ルカの父親が危篤に。ルカの元に駆けつけた弓弦に、花は『私は弓弦くんのなに…?』と言う。そして、距離ができた2人の前に未来が現れて…?

 

僕に花のメランコリー37話

 

 

体調を崩した光(花の弟)を病院に連れて行く途中に未来と会った花は、車に乗せてもらう。
弓弦も大人しく乗りましたね〜〜〜。

 

 

運転席の未来と光の体調のことや、車の免許について話す花。
弓弦は無言のまま後部座席に座り、光を膝に乗せ黙ったまま。

 

 

 

 

病院についてインフルエンザの検査を受ける光。
一言も発しない(いつも通りか)弓弦に未来は花のことを話題にし、そして弓弦にこう言います。

 

 

未来『もう家に帰ってこないか 単純に連れ戻したいだけの話じゃない おまえの将来も考えての話だ』

 

 

 

 

未来『働いて金稼いで自分で生活して すげーと思うよ けどな 大人と同じ事をしていようがやっぱり未成年は違う おまえの気持ちはわかるよ だから今まで黙ってたけど』

未来『もしこのままの生活を続けていく事が本当に良いなんて思ってるなら まだ子供だ』

 

 

 

何も答えない弓弦に、(弓弦が駅で落とした)“てんとう虫のついたクローバー”のストラップを家で預かっていると…自分で取りに来いと伝えます。

 

 

検査を終えた光と花が診察室から出てきますが、最後も花は弓弦と目を合わせないまま…。(2人のぎこちなさを未来も見ている!!!)

 

 

帰りがけ、目も合わせない花の態度に落ち込んだり、未来の言葉を思い出してイラついたり。そんな子供な自分にまたイラつく弓弦。

 

 

翌日、弓弦は花に光の様子を聞き、話そうとしますが…花は未来にお礼をしに行くと言います。
それでも『いつならできる?…話する気ない?』と弓弦は食い下がり、花の手を引きますが…

 

 

花『どうして私が責められるの 私が弓弦くんに出来ない様に 私が何をしても誰と会おうと弓弦くんにも 止められる権利なんてないです』

花『…違いますか』

 

 

 

そう言われ花の手を離してしまう弓弦。
花は未来の元へ行ってしまいます…。

 

 

 

ここまでが、僕メラ37話でございました〜〜〜!

 

 

く〜〜〜〜もどかしい!!!
い、いじけてんな〜〜〜〜花。一度怒ると長いタイプなのね?(←そーいう事じゃない。)弓弦のあんな女子への執着は他にないよ?十分じゃない?(←そーいう事じゃない。)
でもさでもさ、弓弦の本当の気持ちが聞けず独占する事が出来ない花のもどかしさを、これで弓弦も少しは感じたかな〜〜〜。ふふふ。
弓弦、頑張って粘るんだー!!!2人の行方、気になります〜〜〜。

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


2 件のコメント “僕に花のメランコリー6巻37話【感想・ネタバレ】(マーガレットコミックス)

  1. はじめてコメントします。
    いつも家事育児仕事の合間に楽しく読ませていただいてます☺︎
    特にツッコミが最高です‼︎(笑)大好物です‼︎
    僕メラ(略合ってますか?)を始めこちらの感想を見て購入した本たくさんあります♪
    お忙しいとは思いますがこれからも応援してます‼︎

    1. nanoさん
      返信遅れすみません!
      初コメント&嬉しいお言葉ありがとうございます♫!!
      私のくだらないツッコミを好物と言って頂けるなんて…♡!!!
      これからも覗いていただけたらありがたいです!!!
      nanoさんのおすすめも教えていただけたら嬉しいです♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です