あつもりくんのお嫁さん(←未定)1巻【感想・あらすじ】(デザートコミックス)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
あつもりくんのお嫁さん(←未定)

私はこの人と結婚する。……したい。 
「たいようのいえ」のタアモ最新作。

 

【あらすじ】
田舎で暮らす中学生の錦は、勉強が大好き。でもじつは、親が決めた許婚がいて地元での生活にちょっと息苦しさを感じている。そんなある日、東京からやってきた高校生の敦盛と出会う。独特の価値観を持つ敦盛は、地元から逃げ出す方法としてまさかの結婚を提案! 敦盛に強く惹かれていく錦は、猛勉強の末、彼を追いかけて東京の高校に進学するけど…!?

 

タアモその他作品はこちら

続きは感想ネタバレ注意

 


2018.9/13発売のタアモ先生の最新作、“あつもりくんのお嫁さん(←未定)”読んでみました〜!!

 

前作は“ひたすらネガティブ女子”が主人公のお話でしたが、今回の主人公は前向きで努力家!猪突猛進タイプでタイトルのまま、“あつもりくんのお嫁さんになりたい女の子”のお話です♡!

 

そして主人公・錦(にしき)に恋される“あつもりくん”も良いキャラ!
金持ち(大病院の息子)、頭脳明晰、イケメン!なハイスペック男子なんですが…冷たい態度で実は面倒見が良かったり、突拍子もない提案をしてきたりする若干クセあり男子♫

 

ざ〜っくりあらすじ&感想です!

 

【あつもりくんのお嫁さん(←未定)】

 

 

田舎町に住む主人公・錦(にしき)は勉強好きの中学2年生。
親が決めた許嫁・宝がいるものの…その婚約者は親友・かのちゃんの幼馴染で想い人。

 

地元での生活に息苦しさを感じてたある日…錦が偶然カフェで出会ったイケメンは、なんと東京に住む祖父の知人でした!!錦を“イタチ”呼ばわりする東京からやってきた男子の名前は敦盛(あつもり)。

 

 

(引用元 あつもりくんのお嫁さん1巻)
あつもりくんのお嫁さん1巻

 

 

 

超イケメンだけど、ズバズバと歯に衣着せぬ物言いでちょっと冷たい雰囲気の敦盛でしたが、一緒にお祭りに出かけた時、“地元に自分なんていない方がいい”という錦の悩みを、想像もしなかったアドバイスで一掃*\(^o^)/*♫

 

 

 

敦盛『そんなに嫌なら 逃げたらどうだ?
俺と駆け落ちでもする度胸はあるか?』

 

 

ですと(°_°)!!
まぁこれは冗談だったようですが…

 

 

敦盛『でも半分本当だ
東京にでも出てくればいい

もっと勉強もできるぞ』

 

錦:そんなこと考えたことなかった

 

 

でも、父親に反対されてしまう…としょんぼりな錦に、東京の人間と結婚したらいい、と更に提案する敦盛!その言葉に、錦も『うち行く 東京さ行く…!』と決意します♡!
しかも東京で彼氏ができなかったら、責任とって結婚して欲しい、と敦盛にお願いしますww

 

この2人のやり取り好きだな〜♡
キツイ言葉な敦盛に負けん気の強い錦の返しが良し♡あと錦の方言がとにかく可愛い!

 

 

敦盛『俺の家は厳しいと言っただろ?
何を聞いていた』

錦『一緒に逃げる度胸あるって言ったし!
何聞いてた?』

 

 

錦の言葉に敦盛は笑って、『取ってやる』と約束してくれます♫
この時きっと、錦は世界が変わって見えたんだろうな〜。先の決められた世界から、自分のしたいことをする自由な世界に。目がキラキラしてます…♡

 

 

 

 

と、同時に敦盛に恋してしまった様です♡自分の運命を変えてくれた人に♡

 

 

 

それから錦(にしき)は必死で両親を説得&死に物狂いで勉強し、敦盛の通う東京の高校に合格します!!
春に上京し…いざ、1年数ヶ月ぶりの再会の瞬間でした…

 

 

 

が!!!

 

 

 

 

敦盛『誰だ おまえは』

 

 

 

緊張しながら(2年先輩である)敦盛に声をかけた錦に、この態度www
しかも敦盛はその場(カフェ)をソッコー去り、なぜか敦盛といたチャラい和菓子屋の3代目・伏見蓮人と話をすることにwww
(チャラいんですが、学校では“敦盛派・蓮人派”が存在するほどの人気者な様です♫)

 

 

せっかく東京に進学できたものの、友達もなかなかできず勉強も追いつけず、更には当てにしていた敦盛に“知らない”と言われ落ち込む錦。

 

でもでも!!
とっても冷たい態度の敦盛ですが、錦が道に迷っていたら目の前に現れて(超高級リムジンで)送ってくれたり、錦のことや祖父の営む喫茶店のことも“知らない”と言い張っていたのに、名前を呼ぶうっかりミスをしちゃったり…www

 

 

 

 

 

 

やっぱり錦のこと、覚えてました!
錦が本気にすると思ってなかったらしく、“このまま忘れてもらう方が得策”と思い知らないふりをしてた様です。(←サイテー*\(^o^)/*)
しかも、結婚には興味がないし、自分の一存ではどうにもならないから諦めろ!ですと。(←サイテー*\(^o^)/*)

 

 

そんなひどい?敦盛ですが、錦と出会った時に“東京を案内する”と言った約束を覚えてた様で、錦の希望する夜景(デート?)に連れて行ってくれます♫

 

 

そこで感じた敦盛の手の安心感や、励ましてくれる言葉に思わず…

 

 

錦『あの…私

やっぱり敦盛がいい

敦盛と結婚したい』

 

 

 

と、錦は告白!いや、プロポーズ!?
またも敦盛は笑って『やれるもんならやってみろ』…と♡!!

 

 

 

結婚には興味がない、興味を持ちたくない、と言うサバサバした敦盛ですが、なんだかんだで錦のことをかまいまくりです*\(^o^)/*

 

 

例えば、(まだ祖父の店をきちんと覚えていない)錦が地図を見ながら一生懸命帰るところを車で見守っていたり、ピクニックに連れて行ってくれたり、勉強が追いつかないという錦の参考書探しに付き合ってくれたり…と♫!

 

ピクニックの時に、錦作のお弁当を食べて寝てしまった敦盛に、こっそり錦がキスしようとすると…顔面を掴まれ阻止されるシーンが管理人的この1巻での一番のお気に入りですwww

 

 

(引用元 あつもりくんのお嫁さん1巻)
あつもりくんのお嫁さん1巻

 

 

 

 

顔面を掴まれキレられながらも、
『好…好きだなと思って』
ちゃっかり告白しちゃってる錦♡可愛いです!

 

 

参考書を買いに行き、図書館へ行く途中雨が降り出し、ずぶ濡れになった2人は敦盛の家(一人暮らし)へ向かいます!そこで許嫁である“宝”のことを思い出す錦。
実は最初、許嫁だと言われた頃は少し宝のことを好きだった様です。
でも…

 

 

 

錦:私はかのちゃんと宝くんに
幸せになってほしいんだ

だから時間をかけて
ゆっくりと気持ちを殺したんだ

 

 

(だからこそ、出会った時の敦盛の言葉が“運命”だと感じたんでしょうね〜。)

 

 

敦盛の部屋で、勇気を出して許嫁に電話する錦。
錦は東京にずっといること、こっちに好きな人がいることを伝えます!
でもでも、宝は『俺は錦さ会いに行く』と諦める様子はないみたい。(宝くんも大人でかっこいいぞー!)

 

 

 

父親や大事な人を傷つけてしまい、涙を流す錦。
そんな錦を見ていた敦盛は、自分の方に抱き寄せて頭をポンポンと撫でてくれます♡!

 

 

と、そこを敦盛の母親に見られてしまってましたー(°_°)!!
しかもその日は敦盛の嫁候補?であるお家に伺う予定を、ドタキャンしてた敦盛。
錦との関係を『結婚を考えたお付き合いとか間違ってもないわよね?』と聞いてきた母に…

 

 

 

敦盛『ああ 何も間違ってないですね
現時点では 一番の嫁候補ですよ』

 

 

 

と宣言します!!!
その言葉にと〜っても驚く錦。

 

 

ここまでが、あつもりくんのお嫁さん(←未定)1巻のあらすじでございました〜♫

 

誰に媚びることもなく、本心をオブラートに包まず発する敦盛の言葉や態度が魅力的♡!
それでいて錦だけはついかまってしまう…的なシーンがたまりませんな♡♡♡

 

(錦がクラスのチャラい男子に声をかけられたと知った瞬間、『髪を結んでおけ』なんて自分でも気づかないうちにヤキモチ妬いてるのでは!?なトコも良しですwそしてそれを“敦盛の好み”と勘違いしてる錦も最高♡)

 

 

でもそんな自分に正直な敦盛でも、自分の“決められた将来”だけは変えられないと諦めているような切ないシーンも。(大病院の跡取り)
ただ、錦だけでなく敦盛にとってもこの出会いは自分自身を変えるものになるんじゃないかな…と思います!

 

 

敦盛と錦の掛け合いも最高なので、ぜひ!ぜひ!1巻チェックしてみてください〜♡オススメです!

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:タアモ
掲載誌:デザート

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です