最新刊!涙雨とセレナーデ3巻【感想・あらすじ】(KISSコミックス)

2 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

好きになるほど、苦しくなる。
タイムスリップの謎と、恋の迷路。

 

【あらすじ】
明治40年にタイムスリップした女子高生・陽菜は、自分とそっくりな少女“雛子”になりかわり、雛子の許婚・孝章と共にひいばあちゃんの首飾りを探しはじめる。二人で一緒に過ごすうちに、孝章に惹かれていく陽菜。さらに陽菜を気に入る女流奇術師(実は男性)の天菊も加わり、波乱の予感!?タイムスリップの謎も、恋の迷路も、簡単には解けないミステリー。心にもどかしさが降り積もるタイムスリップ・ロマンス!

涙雨とセレナーデ各巻ネタバレはこちら

続きは感想ネタバレ注意

涙雨とセレナーデ2巻【感想・ネタバレ】(KISSコミックス)

涙雨とセレナーデ3巻…切なさと謎がどんどん加速していきます!!!
先日twitterでもつぶやきましたが、読み返すほど、読み進めるほど面白い作品ですよ〜。散りばめられた伏せん回収はもう少し先、なんでしょうか。
先が気になって仕方ないったらも〜!!!
そしてこの3巻では、孝章、天菊に加え、もう一人美男子登場なんです。あ〜たまらん。

 

かなり、ざ〜〜〜〜〜っくりあらすじ&感想です。
(この3巻は特におっきなネタバレ注意です〜。)

 

 

 

【涙雨とセレナーデ3巻】

 

 

2巻ラストで危ない目に遭った所を孝章に助けてもらい、自分の孝章への恋心に気づいたヒナ。
でも孝章の想いは自分ではなく“雛子”へ向けられたもの。

 

 

 

ヒナ:気がついたが最後
ひたすら沈没していく無理ゲーみたいな

 

 

な〜んて自分の恋心を自虐するヒナが読んでてもう切なくて切なくて。
そして、この3巻でヒナは(ひいおばあちゃんの)首飾りを持つチヨを探しに孝章と横浜へ向かいます!!(チヨの所属する“天久一座”が横浜で興行を行う為)

 

 

 

天久一座のディナーショーが行われる客船に乗り込んだヒナと孝章。
孝章と客室が一緒だと知り、動揺を隠せないヒナの前に現れたのは…超曲斎天菊∑(゚Д゚)!!
(わざわざヒナに『菊之進だ』って男の名で呼ばせるとこが好きだわ〜〜〜wそんな天菊にキレッキレの孝章様も素敵です…♡♡ヒナ、羨ましいぞ。)

 

 

 

その頃チヨは、乗船しておらず質屋をうろついていました〜〜〜。
どうやらチヨは天菊仕込みの奇術を、座長の指示で博打のイカサマに使ってたらしい。(座長のお気に入りってそーゆーことだったのね。)でも、結局天菊にバレてイカサマは封印。
でもまだ博打はやめてないみたいですな。奇術で着る着物と、貞光にもらった(ヒナの)首飾りと交換しようと質屋で交渉するが、相手にされず。
すると、そんなチヨに声をかけ、珍しいものを集めるのが趣味だから、“首飾りを譲ってほしい”と言ってきた男がいました…!!!

 

 

 

チヨから首飾りを譲ってもらい、その後男は大切そうに首飾りを箱にしまい、こう思う。

 

 

 

どこにいる
僕の他に
この世界にやって来た奴は
誰だ

 

 

 

 

その男はなんと…

 

 

 

 

 

武虎でした…∑(゚Д゚)!!!!!

 

 

 

は?武虎って誰やねん???
て思ったそこのあなた。涙雨とセレナーデ1巻から読み直し決定!!!←何様。
武虎は…雛子の家庭教師のお付き(書生)さんであり、雛子の想い人ですよーーーー。
わーわーわー。なんともまぁすごいことなってきました…。。。

 

 

 

着物を手に入れ乗船したチヨと、やっと、やっと会う事ができたヒナ&孝章!!!
でしたが…チヨが“首飾り”を持ってないと知りヒナは愕然…。(チヨは武虎と、首飾りの件は他言しないと約束してました〜。)
しか〜し!粘るしかない!!チヨの宿泊した部屋を探させて欲しいと、『なんでもします』と言ったヒナの言葉を天菊が聞き逃さなかったwww

 

 

 

チヨの師匠である天菊の、夜の演目の“付き人”に任命されたヒナ。

 

 

 

ワ〜ワ〜言いながらも、天菊の指導を受け演目の練習をするヒナ(&見守る孝章)でした…が!!
その船の中では事件が起きてた!!?

 

 

 

黒幕?は、天久一座の座長。
この方です。ちょっと待って。悪役?なのにクソかっこいいんですけど(´Д` )!!!

 

 

 

 

(引用元 涙雨とセレナーデ3巻)

 

 

 

今の所詳しくは分かりませんが、甘久一座は“闇取引”をしてるっぽい。
しかも、その取引先はなんと…本郷貿易の関連会社!!(孝章の父の会社です〜。)
がしかし!!支払い後に“取引ブツ”が消えたのが今回で2度目らしく、天久一座は本郷貿易の裏切りだと読んでいるようです。
で、そんなタイミングで孝章が船に乗り込んでるもんだから、、、誤解されて、怪しまれるに決まってるよね〜〜。

 

 

ディナーショーが始まり、演目中ヒナが“人形”の様に目を閉じている間、ヒナをダシに孝章を壇上におびき寄せた座長と天菊が、孝章を人質として捉えます!!!

 

 

演目の手順通りヒナが目を覚まし、自分の任務を終え客席を見ると、座っているはずの孝章がいない。
おかしいと感じたヒナは、全ての客が船を降りてもそのまま降りずに客室に隠れ孝章を探します!
そこをまたまた天菊に見つかるわけですが…(天菊はヒナを船から下ろす様、チヨに頼んでました)天菊の“船を降りろ”という忠告を無視し、孝章を探すヒナが見たのは…!!!

 

 

 

 

 

 

(引用元 涙雨とセレナーデ3巻)

 

 

 

海に沈められる寸前の孝章(´Д` )!!
(交渉(本郷貿易と)の人質として捕まった孝章でしたが、孝章本人の『僕の命に値打ちはない』という言葉で処理される事になったのか…。)

 

 

天菊(菊之進)たちが、船から孝章を突き落とそうとした瞬間、隠れ見ていたヒナは我慢できずに出てきてしまう!!
そしてヒナを必死で止めようとする天菊を振り払い、縛られたまま突き落とされた孝章を追って海にダイブーーーーーー!!!!!

 

 

 

海の中、沈む孝章を必死で助けるヒナ!!!

 

 

…なんとか浮かび上がった二人。
大粒の涙を浮かべながら、

 

 

 

 

ヒナ『…たーくん 死なないで』

 

 

 

そう言って孝章を抱きしめるヒナ。
そんなヒナの言葉を聞き、初めて会った日の事を口にする孝章。
孝章があんな昔の一度きりの事をずっと覚えてくれていたことに驚き、もう自分の気持ちが抑えきれなくなってしまったヒナは…

 

 

 

たーくんが『ヒナ』を知っていてくれたなら
今はそれだけで
先のコトは
明日生きてたら考えよう

 

 

 

『まだ陸が見える 泳ごう  あと』

 

 

 

そう言って、孝章にキスをするヒナ。
そんな二人を、追ってきた天菊が船の上から見つめてました…。
銃を背に隠したまま。

 

 

 

ここまでが、涙雨とセレナーデ3巻のざ〜〜〜〜っくりあらすじです!!
おおおおお。なんだかすごい展開になってきました〜〜〜∑(゚Д゚)!!
もう、謎だらけだわ切なすぎる項目が多すぎて胸を締め付けるわで頭の心臓も中パンク状態www
とりあえず謎だらけ…え〜っと。え〜っと。今んとこの謎を挙げると。

 

 

謎❶、武虎は一体何者なんだ!?

 

 

ヒナと同じく、タイムスリップしてきたのは確かっぽい。
タイムスリップの仕組みも知ってるようだし、首飾りの“出どころ”を必死で探してる。
“裏切り者”だの“プロトタイプ”だの謎ワード連発。まさかの雛子の想い人がこんな鍵を握る人物だとは。
そうなってくると、雛子に近づいた理由は?
でも、(1巻での)『さらってしまえたら』は騙そうとしている言葉とは思えないんだよ〜。
はぁああ。気になる!!

 

 

そんでもって。

 

 

謎❷、天久一座の正体は!???

 

 

 

ですね。
なんだか闇商売をしてる事には間違いない。
天菊は半分足を突っ込んでそう???チヨは絡んではなさそうだね。
天菊がヒナの事を気に入ってるのは確かでヒナの事を何度も逃がそうとしたし、孝章を海に突き落とした時も、こっそり重り(砂袋)をナイフで破ってたので、悪い奴ではなさそう。これからも二人に関わってくるんだろうな。てか、美しすぎ。

あ〜〜〜もうまだまだ謎だらけですが、一つわかるのは、孝章と天菊に取り合われてるヒナがうらやましすぎってことwwwこの取り合い画をイメージして眠りにつこう。夢でヒナのポジションはきっと私のはず。←は?

 

 

(引用元 涙雨とセレナーデ3巻)

 

 

今月発売のKISSに、この続きのお話掲載だそうです!
読まないわけない!!!

 

 

“孝章様が好き”

 

唱えた分だけ失恋していく

 

 

そう感じる切ないヒナの恋心、そして大切な存在だった兄を想い奏でる孝章の切ないチェロの音色。
ぜひ涙雨とセレナーデ読んでギュ〜っと胸を締め付けられてください。
本当にざっくりなあらすじしか書けてないので、ぜひ何度も何度も読み込んで頂きたい1冊です。
オススメです!

 

 

《引用元 作品DATA

出版社:講談社
著者:河内遙
掲載誌:KISS

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です