アオハライド5巻(別冊マーガレット)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

みんな、青春に乗れ!!映画化・アニメ化決定!!
累計800万部突破の王道青春マンガにキュン♡

あらすじ
中学のときに行けなかった夏祭りに行く約束をした洸と双葉。洸との関係の変化を期待していた双葉だが思わぬ方向に変わってしまい…。双葉のことが気になってきた冬馬。洸に恋する双葉を見るたび気持ちは大きくなり…。

アオハライド各巻ネタバレはこちら

有村架純主演映画!同作者・ストロボエッジ各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意


4巻ラストでは2人で花火大会に行く約束をし、いいムードで終わった双葉と洸♡
まだまだラブラブ?モードは続いてました!!アオハライド5巻ネタバレスタートです♫

中学時代約束したが行けなかった花火大会に行く約束をした双葉と洸。
分かれ道まで来た時、双葉は『まだ帰りたくないな』と本音がポロリ、それを聞いた洸は思わず双葉を引き寄せ…

 

 

おまえまた男にそういうスキみせるとどうなるか分かんないって言ったろ』だって〜♡キュン!!『でも洸は何もしないんでしょ?』と言う双葉に『俺だって分かんねーよ?』だってだって〜〜♡!!
拍車をかける様に

 

 

私だって洸なら別に怖くないって思ってるかもしれないじゃん…

 

 

 

言うねー!!
このままホテルに直行♫な、ワケなく(青春漫画の為)『ダメだまじやばい』と冷静になった洸は双葉をうちまで送る。あと1ミリまで近づいた洸に、夏祭りの日にかわいくして洸に好きって言いたいと思う双葉だったが、なんと洸は行けなくなっちゃう。そのまま洸とは会えないまま夏休みが終わり新学期。

トイレで偶然菊池と会う双葉。

 

 

双葉に気を使い明るく話しかけてくれる優しい菊池。実はここでお互い自己紹介♫洸が帰っているのに気づいた双葉は話しかける…それを見ていた菊池は双葉が洸を思っているのに気づき、思ってた人と違う…と思う。ここで菊池冬馬の恋がはじまりまーす♫

 

 

 

後日、双葉は洸に夏祭りの穴埋めをして欲しいと言い、2人で寄り道して帰る事に。そこで夏祭りを断った理由が、洸が中学時代転校した長崎の友達のお父さんが亡くなり、葬式に出るためだったと聞く。洸の母親とも入院時期がかぶってた事もあり親しかった友達らしい。

 

 

俺今のあいつの気持ち誰よりも分かるからさ』と言う洸に、踏み込めない領域だとさみしさを感じる双葉、ちょうどその洸の長崎の友達から電話が入り、洸は行ってしまう。
でも、やっぱり気になって戻ってきた双葉の隣には偶然居合わせた菊池くんがー。

 

 

『女って分かんねー』とその場を立ち去る洸。く〜すれ違い!!

そして学校では文化祭モード♫!!
双葉たちのクラスでは“男女逆転メイド・執事喫茶”笑。後夜祭の準備中、双葉は一人で教室に戻り、男子が着るメイド服を興味本位で着てみる。(てか男子用なのにナゼぴったりなんだ??)

 

 

 

そこに丁度、冬馬(菊池)が現れ“このフリフリは私のキャラじゃない”と言う双葉に、
内面の事言ってんの!吉岡さんはすごく女の子ってかんじだけど』とストレートにいう冬馬。(外見の事も同時に褒めた方が女子のポイントはアップですよ?笑)
またそこで洸とうじょーう!!

 

 

 

ヤキモチ焼きの洸は『似合わない あいつに女子扱いされてうかれてんなよ みっともねぇ』と暴言。(洸の“似合わない”は“かわいい”ですよね。)その後言い過ぎたと謝る洸だが、泣きまねをする双葉に…

 

 

泣くなよ ほんとごめん
髪チュー!!!またまたいい雰囲気!!!

 

 

またまた、あと1ミリだー!!!

 

 

 


と、思いきや…ここでまた洸の電話が鳴る。向こう側の声が聞こえ、嫌な予感がする双葉…。
予感的中。
“洸の長崎の友達”が文化祭に来ちゃいました…。

 

 

 

女友達かよ!!!どうなるんだ??次巻、波乱の予感!!で、ここで終了〜〜。まぁ洸の気持ちも分かるけど、相手の女の子電話してきすぎじゃない?っていう。

でも小湊が洸の家に遊びに来た時に、昔も今も洸が双葉の事を好きっていうのがバレた時の洸がかわいかったなー!

うるせぇな』照れる洸、めっちゃ可愛すぎる!!萌えー!!
一方ライバルの冬馬も見かけによらずグイグイ来ますな。。。

あーもうアオハライド6巻、気になって気になって仕方ない!!
あと1ミリが届かない、2人の距離はどうなるんでしょうか??!

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:咲坂伊緒
掲載誌:別冊マーガレット

 

ご購入はこちら↓amazon

電子書籍はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です