最新話!思い、思われ、ふり、ふられ12巻46話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
別冊マーガレット4月号

別冊マーガレット4月号(2019)の【思い、思われ、ふり、ふられ46話】のあらすじ感想です☆
46話は【思い、思われ、ふり、ふられ12巻】収録と思われます!

 

思い、思われ、ふり、ふられ各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

 

最新話!思い、思われ、ふり、ふられ12巻45話【感想・あらすじ】(別冊マーガレット)

 

理央と朱里がマンションから引っ越してしまう!?
理央の口から出た驚きの発言に、由奈&和臣どーする!?と、見せかけて〜な46話でしたw

 

ざ〜っくりあらすじ&感想です♫

 

【思い、思われ、ふり、ふられ46話】

 

 

『俺たちここを引っ越す事にした』

 

 

理央の言葉に驚く由奈&和臣。
引っ越しの理由は、親を離れ離れにしないことの他に、理央は自分がここから出て行くことでマンションの住人たちの噂話から由奈を守ろうと考えたようです…!

 

 

て、『ちょっと理央っ一番肝心な事言ってない』と理央に指摘する朱里。
慌てて理央は、携帯の画像を見せ…

 

 

 

理央『うん 俺たちそれぞれ
下宿する事にしたんだ

そうすれば日本にいられるし
転校もしなくてすむ……し』

 

 

(下宿か〜!!)

 

 

そう伝えた理央がふと由奈を見ると…、大粒の涙がこぼれてました〜( ゚д゚)!!!
気を利かせた朱里&和臣はそそくさと部屋から退出w

 

 

安心して涙が止まらない由奈の頭を撫でながら理央は…

 

 

 

 

理央『俺やっぱどうしても
由奈ちゃんが噂話のネタにされるのが
がまんできない

だからって由奈ちゃんと距離置くために
父さんについて行くのは
置き去りにするみたいでやだし

俺なりに考えたつもり』

 

 

…と。
その言葉にまたまた涙が溢れる由奈でしたが、理央が勝手に決めた事に怒っているのではなく、自分の事を考えてくれた事が嬉しかったようです〜♡
由奈が会いたい時はすぐ駆けつけると約束をする理央。
ふたりは見つめ合ってキスします…♡

 

 

理央『クリスマスの時も言ったけど
もう一回言うね

ずっと一緒にいようね』

 

 

笑いあうふたり♡

 

 


 

 

その頃和臣と朱里も話していました〜。
朱里は女子専用の学生アパートに引っ越すそうです!
仲直りしたばかりの両親を離れさせずにすんで朱里はホッとしてるみたい。
母親をアメリカに安心して行かせるために、理央が頑張って資料を集めたり生活費を概算したりして説得したらしく、(由奈のためにも)頑張ってた理央に感心する朱里。

 

 

…に、和臣は、

 

 

 

和臣『俺だってするけど
山本さんのためなら』

 

 

 

と、声おっきめに主張してますw(朱里テレてますw)

 

 


 

 

翌日、理央と和臣が話している時、

 

『大事にするって思ったり言葉で言うなら簡単だけど その意味を俺は間違えたくない』

 

という理央の言葉に、和臣は少し思うところがある様子。

 

 

 

放課後、アメリカ留学ガイドを本屋で手に取る和臣。
その本を、朱里が取り上げます!
何か言いたげな和臣に、

 

 

 

朱里『ヘンな事言い出さないでね?』

 

 

と。やっぱり(普段は)カンの良い朱里!
通訳を目指す朱里にとって留学という選択肢を和臣が言い出すかも…と思ってたそうです〜。
でも朱里は自力で頑張ると山積みの参考書を見せます!

 

 

 

朱里『だから心配しないで応援してね』

 

 

と、笑顔を見せる朱里でしたが、和臣はカフェの後ろの席で海外の人が英語でどんな話をしているのか朱里に聞きますw
『早口すぎてほとんど聞き取れない』と焦る朱里に何か言いたげな和臣。

 

 

朱里は、

 

 

朱里『乾くんは
そんなに私と離れたいの?』

 

 

と言い、これから頑張ろうとしているのになんか悲しい、と、いじけた様子。
朱里に謝りながらもちょっと困ってしまった和臣でした…が!

 

 

朱里『じゃあ……
名前呼んでみてくれたら
機嫌直るかも』

 

 

と、ちょっと頬を染め和臣を覗き見る朱里♡(可愛い!)
て、和臣は堂々と『山本さんっ』と、苗字呼びwww『正気?』ってつっこまれてますww

 

 

 

でもでも!和臣は名前を呼び捨てにするのは乱暴な気がして、あんまりしたくないそう。

 

 

 

 

朱里『じゃあ残念ながら機嫌は直りませーん』

 

 

 

とそっぽ向く朱里でしたが…
観念したのか和臣は近づいて耳元で『朱里』とささやき?ます♡!!!(要チェックだ〜♡)
一瞬固まる朱里。
想像以上の胸キュンだったようですww
で、

 

 

 

朱里『私的にもこの感じを
大事にとっておきたいから

苗字呼びのままでいいです!!』

 

 

だって♡
ケンカをしてしまった時のふたりの仲直りのルールになったようです〜!

 

ここまでが、ふりふら46話のあらすじでした〜。
いや〜和臣、付き合ってからも天然炸裂ですねw
その天然と不思議な(昔からの)下心なしの距離感が見事なキュンを生んでいますな♡

 

自力で英語を勉強し通訳を目指すと決めた朱里でしたが…その決意は揺るがないのかな?
そして、学生寮という手があったのか〜!
理央と朱里で出て行って部屋を借りるのもちょっとアレだしな〜なんて思ってましたw

 

引っ越し騒動も無事解決♫ですね!
ふりふら47話も楽しみです〜*\(^o^)/*

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:咲坂伊緒
掲載誌:別冊マーガレット

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です