中学聖日記6巻32話【感想・あらすじ】(FEELYOUNG)

1 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 51 票, 平均: 4.00 / 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
読み込み中...
フィールヤング4月号

FEELYOUNG 4月号(2019)の中学聖日記32話のあらすじ感想です☆
32話は中学聖日記6巻収録と思われます!

 

中学聖日記 各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

 

中学聖日記6巻31話【感想・あらすじ】(FEELYOUNG)

 

2ヶ月ぶりの中学聖日記!待ってました!
急遽、新宿に呼び出された晶。by原口
久々の聖と晶の再会!だったんだけどなぁああ〜〜。

 

ざ〜っくりあらすじ&感想です♫

 

【中学聖日記32話】

 

 

原口『今から新宿出てこれる?
今 末永聖さんと一緒にいます

話は聞いたよ
18になるまで待つって?
でも
言いたいことだけ言って
待たれても困るんだよね』

 

 

こんな身元不明の怪しい電話で、子星町から東京まで出ていく晶!

 

一方、電話をかけた原口は完全に興味本位でした( ;´Д`)
原口、聖、勝太郎でお酒が進んでます!(てか聖がめっちゃ呑んでるw)
barで盛り上がり、原口&勝太郎の喧嘩の原因を聞いたりして楽しそうな聖。

 

 

すると原口は急に席を外しますwえ。
勝太郎と2人になった聖は、『ステキな人だね原口さん』…と言い、勝太郎が幸せそうで喜んでいます。

 

 

 

勝太郎『原口さんてめちゃくちゃだけど
弱いとこもあって
でも実はオレが守られてるみたいなとこもあって

夢中になる

聖は?今幸せ?』

 

 

勝太郎の問いの答えを考えていると…

 

 

 

黒岩キタ〜〜〜!!!
タイミング悪すぎ…(勝太郎と聖2人きり&密着w)
その2人を見て、完全に晶は勘違い。

 

 

 

晶『「待たれても困る」って
そういうイミだったんですか…?』

 

 

 

晶の誤解に乗っかる聖。
自分の晶への気持ちを自覚しながら。

 

 

 

聖『ーそうよ
黒岩くんは私にとって
好きになっちゃいけない人なの

キスしたのは何でかって訊いたよね?
教えてあげる
かわいそうだったからよ
必死すぎて』

 

 

そう言いながらポロポロと涙を流す聖。
そんな聖に手を振りあげた晶…を、勝太郎が殴ります!

 

 

 

勝太郎『……ガキが!!
お前のせいで聖がどんなにー』

 

聖『黒岩くん』

 

晶『知ってました
自分が痛いガキだって
でもそれでもあきらめきれなかった

 

心のどこかで先生もーって
でももう本当に終わりです』

 

 

 

そう言い、店を出ていく晶。
勝太郎は晶を追いかけ、『聖は自分から人を好きになったことがないんだと思う』と言います…が、晶は『もうどうでもいいです』…と力なさげにそのまま帰ってしまいます。

 

 

 

勝太郎『初恋 なんだよ 多分ーー』

 

 

と、つぶやく勝太郎。

 

 

 

苛立ちながら1人歩く晶でしたが、聖が言った発言と涙を思い出し、立ち止まります。
その瞬間、九重から電話が!
晶の母親が(店に)来てキレてる、と。軟禁しそうな勢いらしいwww

 


 

 

その夜、聖は原口の家に泊まりました。
恋人(勝太郎)の元婚約者である自分(聖)を泊める“大人”な原口に、『私も大人になりたい』と言う聖。
そんな聖に原口は…

 

 

 

原口『でも聖ちゃんは今
傷ついてるじゃない
“大人の自分”がしたことに

 

…よくわかんないけど
好きになっちゃいけない人なんて
いないと思う
もっと楽になりな』

 

 

そう言って聖を慰めます…。
でも聖は自分のことを、楽になっちゃいけない人間だと思ってる様です。

 

 

 

そして、東京から帰った聖を待っていたのは、保護者への“説明会”でした…。

 

 

ここまでが、中学聖日記32話のざ〜っくりあらすじでした!
もう、消えてなくなることもできないと感じる聖…は、保護者に過去の出来事をなんて伝えるんだろう…!!!

 

それにしても、やっぱりやっぱり晶はコドモだ。
泣きながら“好きになっちゃいけない”って、“もう好きでどうしようもない”ってのと同じじゃあないか!!

勝太郎の言う“初恋”は、“初恋”だからどう動いていいのか分からない、ってことなのかなぁ。
原口も勝太郎もやっさしいわ〜。

 

中学聖日記33話も楽しみです♫

 

最新話!中学聖日記6巻33話【感想・あらすじ】(FEELYOUNG)

 

 

《引用元 作品DATA》     
出版社:祥伝社
著者:かわかみじゅんこ
掲載誌:FEELYONG

 

ご購入はこちら↓amazon

 

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です