1122(いいふうふ)1巻【感想・ネタバレ】(モーニングKC)

2 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

私たち不倫公認の夫婦やってます。
『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。

 

【あらすじ】
妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

渡辺ペコその他作品はこちら

続きは感想ネタバレ注意

 

 

渡辺ペコ先生の新刊出ました!(2017.5/23)待ってました!!
はい。今回も、ペコ先生らしいすんげ〜設定ブチ込んでくれました。はい。
“公認不倫”ですよ、公認不倫。やはり現代の問題をまぜまぜしてサラリと軽やかに投げつけてくる。ご注意ください、当たるとがっつりえぐられちゃいますよ〜。
感想は後ほど…ざっくりとあらすじを。(長いです〜。)

 

 

【1122(いいふうふ)1巻 1話〜6話】

 

一子(いちこ)と二也(おとや)は結婚7年目の仲良し夫婦。子供なし。

 

 

 

おとや『それよりいちこちゃん今月22日どうする?』

いちこ『なんだっけ22って』
おとや『ケッコン記念日』

 

 

 

 

おとやは優しくて料理上手な旦那さん。いちこはちょっとガサツでさっぱりとした奥さん。夫婦としてうまくやっている2人ですが、実は数年前にいちこが拒否したのをきっかけにセックスレスに。

 

 

 

いちこの性欲はもっぱら凪ww(ピクリとも揺れ動かない)
おとやのことは…

 

 

 

いちこ:夫で家族でズッ友で
相棒で理解者で
一番信頼してるひと

なんでも話しあえるひと
でも
キッスは
やっぱちがうわ

 

 

 

酔っ払って帰って来て、おとやに運んでもらいながら、いちこはこう考えてました。翌朝、『今日は帰らない』と家を出るおとや。習い事のお花の日。
そんなおとやを見送りながら…

 

 

 

いちこ:木曜日はおとやんのお花の日
そして第3木曜は月に一度のお泊りの日

夫は今夜 恋人と過ごしてる

 

 

 

【あらすじ】でネタバレしちゃってますが、いちこたちは“不倫公認夫婦”。
家に恋をしている夫がいる。キラキラルンルンしてて、テンション高くて親切。公認なんだけど、公認したのは自分(いちこ)なんだけど。
約束してた結婚記念日旅行を不倫相手・美月(みつき)との予定のためにズラそうとしてきたおとやにいちこは苛立ち、ぶつけます。
嫉妬やひがみではない、と前置きし、ルールの話だと。

 

 

 

いちこ『結婚してるんだからね わたしたち』

いちこ『家族だし 夫婦なんだからさ ちゃんとしてよ』
おとや『うん』

 

 

 

結局、おとやの結婚記念日だと気づいた不倫相手・美月の方から約束をズラそうと提案してきます。電話で美月にお礼をいいながら、電話を切ったあともメールでやり取りする2人。

 

 

 

 

 

 

 

 

(おとやにイラっ。ゆっくり大事に?どうなるつもりなのだ?)
その頃、いちこはおとやの“調子に乗った”恋愛だだ漏れ状態に、
“嫉妬ではないと思う 思うけれども このムズがゆい「何か」がわたしの凪に波紋を起こしているのも またたしか” と感じてました。

 

 

結婚記念旅行に向け、緩みきった体を鍛え直したり、いい下着つけてみたり…いちこは旅行先で久々に夫婦の営みってやつを試みます!!!が…その夜、おとやが誘ってきたいちこを拒否。いちこがワーワー言ってもおとやは無理っぽい…。

 

 

 

 

いちこ『じゃあなんでそんなに全力でキョゼツすんのさ 夫婦なのに』

おとや『いちこちゃんは 俺に好きな人がいるの知ってるよね』

 

 

 

『セックスなんてへるもんじゃないし』と粘るいちこに対し、『へるよ』と返したおとや。“なにが?”って聞けないいちこ。(ううう、ツライ。)

 

 

 

そこでおとやはいちことセックスレスになった日の事を話します。
お誘いするおとやに、『最近気が向かなくて』と拒絶するいちこ。言葉でコミュニケーションは取れると言い、それでも“したい”と言ったおとやに…

 

 

 

いちこ『そっか!あーでもアレか 男性はいろいろあるもんね 風俗とか それにおとやんってモテなくないっしょ』

 

 

ポキン(おとやの心が折れた音)

 

 

 

お、おおおおおう。ひどいないちこ。
『へるよ』と、同じくらいのダメージですな。
その日はおとやに後ろから抱っこしてもらい、眠りにつきます…。

 

 

 

その日を境に、だんだんモヤモヤとしてくるいちこ。
初めて友人にも相談します。

 

 

いちこ『信頼や敬意や理解や思いやりは いっときのドーパミンどばどばや性欲の盛り上がりよりも大切だって思ってたんだけど 甘かったかな』

 

 

と言ういちこに、“恋愛は侮れない、彼らの恋愛をいちこがドライブできるわけじゃない”と伝える友人。
その夜、体調が悪い上に雨が降り出し、傘も買えずタクシーも乗れず携帯の充電まで切れちゃったいちこを駅まで迎えに来てくれたおとや。
(実は、美月のお誘いを断ったっぽい。)

 

 

 

 

 

 


明かりが雨と涙でにじんで

「ありがとう」って言葉にならない

 

 

 

と、おとやの優しさが染みるいちこ。

 

 

 

次のお話では、おとやの気持ちが描かれてました。
記念日旅行の夜、いちこを抱きかかえ眠りながら思い出したのは、昔買っていた猫のこと。愛おしいけれども“情欲 興奮 昂る”ではなく“慈しみ 庇護欲”といった感情で限りなく沈静していた、と。(きっといちこもこの存在。)

 

 

ある日仕事の休憩中、美月におとやが自作の弁当の写メを送った事をきっかけに、美月と美月の子供と3人で出かける事を提案するおとや。
広い公園で3人で遊びながら、美月の子供・ヒロもとっても楽しそう。
実は美月は2才になる子供の発育が遅れている事に悩んでいて、旦那は子供のことを見てはくれないらしい。そんな参っている美月をおとやは察して誘ったんでしょう。

 

 

 

おとや:子供を交えて会うということが
どういう意味とリスクを持つか
俺だってもちろん考えないわけじゃない

 

それでも来てしまった
来てよかった

 

 

 

ラストでは、いちこの家族事情が描かれてました。
おとや経由で入った「(いちこの)母親が怪我をした」という情報。どうやらいちこと母親の間には確執があるようです…。

 

 

 

いちこ:いつも意識の底に沈めている
母親のこと家のこと

それはときに浮かび現れて
わたしは簡単に呑み込まれてしまう
家族だから

 

 

 

おとやについてきてもらい、実家に帰るいちこ。
亡くなったDV夫の悪口を言い、おとやの優しさと比べる発言を繰り返す母親。そんな母親に苛立ち突っかかるいちこ。
2人の言い合いを優しく止めてまとめてくれたのはおとや。

 

 

その夜おとやにもたれかかり、昔の話をするいちこ。
そして…

 

 

 

いちこ『わたし 産まれた家も産んだ親も全然好きじゃないけど 自分が選んだ家族がおとやんでほんとうによかった』

 

 

 

いちこ『おとやんのこどもは幸せだろうなって思う』

いちこ『まーウチはちょっと特殊だから すぐにどうこうってことじゃないけどさ』

 

 

 

そのいちこの言葉におとや、瞳孔開いてるw美月とのあの日を思い出してる、のか、美月とヒロト家族になることを、想像したのか…。

 

 

 

いちこ:わたしたちはいびつな夫婦かもしれない
でもそれでもいい
自分で選んだ人と
自分たちのやり方で家族になるの

 

 

 

そう感じるいちこ。
おとやは変わらず美月と会っていました。
ホテルを出たあと、おとやと街を歩く美月を、美月の旦那が見ていました…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでが、1122(いいふうふ)1巻でございました!!!

 

 

おおおおう。ペコ先生、ツライよぉお。ヘビーすぎるよぉおおおお。
いや、読んでる間は冷静なのだ。いちこが淡々としてて平常心だし、ちょいちょい面白いトークやモノローグを挟んでくれるから。
だからその分きっと読み終えたあと、読者側にズシンと来ちゃう。(多分。)

 

きっとこの作品は読んでる人の立場によって、見方や感じ方が違ってくるのではないかな〜…と。男性女性、既婚未婚、子持ち子なし、夫婦の恋愛感情アリナシ、によって。

 

 

おとやはいちこを大事に思ってるし、その自信があったからこそいちこは“不倫”を許したはず。
ただ、“信頼や敬意の家族愛”が“ドーパミンドどばどばの恋愛感情”よりも大切で、きっと負けることはない、と、おとやの愛情を信じて(あぐらをかいて?)いたいちこの打算、という展開にならなくもない、気がして不安でたまらない。

 

だって、恋愛感情(恋)って愛情(愛)に変わるんだもん。
でも、おとやには美月とのことは“恋”のままで、いちことの“愛”を最後には選んで欲しいと思う。
美月を優先して苛立ったり、いちこを優先してホッとしたり、おとやの行動に一喜一憂してる私がいるw本音を言うと、こんな夫婦、絶対に嫌だぁああ!!
でも、気になって気になってたまらない。やっぱり面白いんだよ。たまらんのですよ。

 

そして飲み屋で繰り広げられる赤裸々な女性陣のトーク、必見です。ペコ先生の描くこういうシーン大好き。え、見られてる?って感じwww
ぜひ、ぜひ読んでくださいっっ!!!

 

はぁあ。なんだか、ツラくて切なくてモヤモヤして、1122(いいふうふ)読んだあとは、高台家の人々読んで笑おう。

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:渡辺ペコ
掲載誌:モーニングツー

 

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です