オールドミスどころか妖精に!?【フローラ1巻ネタバレ・感想】(プリンセスゴールド)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...
51FO3NjyEjL

『恋をしたいと思ったけれど、誰に恋すればいいのでしょう?』

 

あらすじ
「このままじゃ姉さんは、オールドミスどころか妖精になってしまう!!」 20世紀初頭のフランス。父の世話に忙しく、気づいたら行き遅れ寸前のフローラ。 弟や周りの心配をよそに、本人は自覚も焦りもない。 そんな彼女が、パリの駅で偶然出会った男性が気になり出して…!? 誰もが愛さずにはいられない…純粋で可愛くて、おかしいのに、ちょっと哀しい。 抜群のセンスで贈る、フランスのアラサー独身女性の恋活コメディ!!

 

かわかみじゅんこ その他作品はこちら

 

続きは感想ネタバレ注意

大好きなかわかみじゅんこ先生の“プリンセスゴールド”での不定期連載の作品です。

 

 

表紙がまるで絵画のよう!!!
1ページ1ページがとても繊細な絵で美しく、見惚れそうなほどでございます。

 

 

物語の舞台は20世紀初頭のフランス。
裕福な家庭に生まれ育ち、母の死後、父の世話に忙しく恋も結婚もせず行き遅れ寸前の主人公・フローラ。(一言で表すと天然系ファザコン25歳ですw)
弟や友人の心配をよそに本人は全く焦りも感じてません!!

 

 

 

2
フローラ『だってポール 私が結婚したらお父様が1人になってしまうわ』

 

 
父との手紙のやり取りはまるで恋人同士のよう。そんな姉を心配した弟がパリの研究所に身を置く父に直談判。フローラを突き放すよう説得します。

 

父からのまるで“別れ”のような手紙を見たフローラは綺麗な涙をハラハラ流しながら、婚活を決意。

 

 

それ以降お見合い三昧のフローラでしたが、気疲れから倒れてしまう。
恋することを諦めかけたフローラが、一人で気分転換に…と出かけた先で運命?の出会いを果たします!!!

 

 

 

1

 

 

 

地下鉄の階段から落ちそうになったフローラを助けたこの紳士。
なぜだか馬車より“メトロ”推しww

 

 

それ以来フローラは、たびたび名前も知らぬその男性を思い出します。そして見合い話も断っちゃうんです。

 

 

しかーしある日、ひょんなことからフローラの弟がトラム(路面電車)で知り合った男性を家に招くんですが、それがなんと…

 

 


3
フローラ『見てこのお花 フレンチカンカンの踊り子が足を上げてるみたいじゃない!?』

 

 

運命の出会いなんでしょう〜〜♡
名前はギヴァルシュ(むずかしーな)。商社に勤める独身男性。そして薄々気づいてましたが、かなりの鉄道オタクみたいですwww
そういえば初対面の時も、馬車に乗ろうとしたフローラにこんなこと言ってました↓

 

 

5
ギヴァルシュ『あなたには乗ってほしい メトロに!!』

 

 

鉄道への熱くなりすぎるギヴァルシュの語りを『おもしろい』と言って聞くフローラ。
その夜、ギヴァルシュから次のお誘いを受けます♫

 

 

それから二人はボートに乗ったり(ここでも鉄道オタクの血が全力で騒ぐギヴァルシュさんw)お芝居を見に行ったり。
お芝居を見た夜、フローラはギヴァルシュから突然キスをされます。(その前にフローラが手を握ったんですけどw)

 

 

6
『……お気を悪くされたら すみません』

 

 

 

 

いい雰囲気で関係が進む二人に見えますが…
なんとフローラの親友・ヴィオレットが興信所を使って彼を調べていました。(しかもかなり怒ってますw)悪い奴には見えないと言うポールに向かって…

 

 

 

ヴィオレット『あーあ 良いやつでしょうよ 実家は借金だらけ うだつのあがらない中小企業の平社員 幼児性の抜けない電車オタクで おまけに娼婦に入れ揚げているようなーーー』
4
フローラ父『娼婦?…私の家の庭で 一体何の話をしとるのかね?』

 

 

フローラ&ポールのパパ登場。

 

ここまでがフローラ1巻でございました♫!!
確かに、ギヴァルシュが女性のいる部屋を訪れていて、『もうここには来ない方が〜』なんて言われてるシーンもあったんですが。その女性が娼婦なんでしょうか!?
妹がいる、とフローラに話していたので、その女性なのでは?と勘ぐってます。

 

とにかく、少女がそのまま大人になったような天真爛漫なフローラが魅力的で大好きです♡
恋にも結婚にも疎いフローラが恋をしキスすると“光がピカピカキラキラ 目の中で回る”んです。そんなピュアで開き始めた蕾のような恋心が成就するといいな〜とほんわか読める素敵な作品でした♫死んだ母が妖精?(かなりのミニサイズ)になってフローラの前にだけ現れるシーンも好き。

 

やっぱりかわかみじゅんこ作品にハズレなし!!ですな。

 

続きがとても気になるところですが、、、なんと年に2話ずつくらいしか掲載されてないらしく…2巻の発売なんてあるんだろうか。あったとしても何年後なんだろうか。ひ〜。
同作者の中学聖日記よりも気長に待たなきゃいけなさそうですね。

 

ちなみにこの作品が生まれたきっかけは、かわかみじゅんこ先生がアンティーク市で見つけた1906年の消印のある絵はがきだそうです。そこにしたためられた娘から父親への文章が驚くほど親密で、そこから想像を膨らませていったみたいです!

 

ぜひぜひ、読んでみてくださいね♫

 

かわかみじゅんこ その他作品はこちら

 

ご購入はこちら↓amazon

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です