思い、思われ、ふり、ふられ2巻【あらすじ・ネタバレ】(マーガレットコミックス)

2 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 52 votes, average: 3.50 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

咲坂伊緒最新第2巻!!
この恋は秘密にできない

 

 

あらすじ
由奈は、絵本の王子様以外で初めて男子を好きになる。相手は理央。その理央が告白できなかった相手は朱里だった。大事な秘密を教えてくれた理央に自分の気持ちを隠すことができないと考えた由奈は…。変わっていく由奈の姿に、朱里も影響をうけ、ある気になっていた人へ行動をおこす。

思い、思われ、ふり、ふられ各巻ネタバレはこちら

咲坂伊緒その他作品はこちら

続きは感想ネタバレ注意
ふりふら2巻発売されました〜♡なんだか漫画の一コマを切り抜いたような表紙、理央のシーに恋しちゃってる由奈の顔にキューン♡きましたっ。それではダブル主人公のふりふら2巻ネタバレしていきますー。

由奈が気づいてしまった理央の秘密。それは理央の好きな人は義理の姉・朱里(あかり)だということ。好きな人が突然姉になってしまった理央の気持ちを考えると胸が苦しくなって涙が出てくる由奈。理央の心にはまだ朱里への気持ちがある、それでも自分の理央への恋心は止められず加速していくばかり。

 

 

1
理央『これ俺の秘密だから誰にも言わないで 約束』

 

 

理央と二人きりでの帰り道、理央に『言える相手なら言った方がいいよ』と由奈に告白するよう進めてくる理央。(もちろん自分とは思ってないわけで。)
ふられるとわかっていても、ふられて吹っ切れたら、逆に理央を支える“友達”になれるのかな…と思った由奈は前を歩く理央の服を掴み…

 

 

由奈『あ…あのね』
9

由奈『私理央くんが 好きです』

 

 

そして、『だから 私をふって』…と。
まさか由奈の想い人が自分とは思ってなかった理央は驚きつつも、『告白してくれてありがと でもごめん』と返事をします。
そのあともフツーに話しながら帰る二人でしたが、由奈は顔ひきつってるしw、理央も別れた途端かなり落ち込んでました。
由奈は朱里にそのことを報告。朱里は“やめとけって言ったのに〜…”と思いながらも、由奈の勇気に少し触発された様子。後日、由奈が朱里に告白してふられたことがあるかと聞いた時も、

 

 

朱里『相手と自分の気持ちが一致してるなって分かるまで距離つめてから告白するってだけだよ ウラを返せばそうじゃないと告白出来ないヘタレって事だもん』
8

朱里『だから由奈はすごいがんばったと思うよ?』
…と。
 

 

そして由奈は告白以来気まづくて理央の事を避けてたんですが、下を向いてばかりの自分を変えてくれたのは理央だったのに、と勇気を出して理央に話しかけに行きます!!
周りにいた理央の男友達に告白かとからかわれ『もうふられたんで』とバカ正直に答えてしまった由奈にw、『ふられたのにまだしつこくつきまとってるって事?キッショ』と言う理央の友達。
それに理央がキレーーーーーる!!!(きゃ〜きゃ〜♡)

 

 

『って いてーななんだよ理央』
6

理央『お前がキレさせるような事言ったんだろッ』

 

 


和臣が間に入って止めるんですけどね。
この事で由奈と理央は元の感じに戻ります♫

 

 

理央『俺もう由奈ちゃんと喋っていいの?』
7

由奈『大丈夫っ』
本当は大丈夫かどうかなんて分からないし
同情か恋愛かも分からない
けど今はそれがいい

 

 

 

前のように話すようになった由奈と理央。和臣と理央もいつの間にか仲良くなってます!朱里と理央が本当の兄弟ではないという事を知ってもサラッと流す和臣。そんな態度に理央も朱里も救われるんだよな〜。

 

 

2
和臣『だって別に理央たちのせいじゃないじゃんな それなのにわーわー言う奴なんてさ ほっといていーよそれザコキャラだから』

 

 

そしてそして!由奈の告白によって朱里もなんだかソワソワし始めます。
実は中学の時、友達の兄・瑛司さんに憧れつつもアクションを起こしてなかった朱里。自分の気持ちが恋なのかも分からないけど、由奈に触発され、瑛司さんに会いに行くか悩み始める。
そのことで帰りが遅くなり、理央や家族、理央が偶然会った和臣に心配され怒られてしまう朱里でしたが、後日もう一度瑛司さんに会いに行くんです。
そしてそのことを朱里が報告したい、と感じたのは和臣。
再び会った瑛司さんからはキラキラが消えていたこと、家に不満があって(再婚のこととか母親にとか)ここから連れ出してくれそうな人に憧れてただけだと気づいた、と。
そんな朱里に和臣は…

 

 

朱里『そっちの道からじゃ家から離れてっちゃうよ?』
3

和臣『寄り道しよう』

 

 

こ、この天然めーーーーーwww
二人で話しながら、和臣に対し、“どうして乾くんはいつも流れていってしまいそうな気持ちをすくいあげてくれるんだろう”と感じる朱里。
和臣に見とれ滑りそうになってしまった朱里をキャッチする和臣。

 

 

和臣『今度は本体かぁ』
4

朱里『ご ごめん』
和臣『ははっ意外とそそっかしいな!』

 

 

と、頭ぽんぽん♡
5
無駄にドキっとさせるくせに
こういうの全部始まりの合図じゃないんでしょ?

 

 

 

ここまでが、思い、思われ、ふり、ふられ2巻でした〜〜。
いや〜頭で計算して恋する朱里が、計算では落とせなそうなド天然な和臣に恋の予感!!?
て、いうか、和臣何なんだー!!天然ってこわすぎるよ〜〜〜wwwきっと誰にでもそうで、自分のその行為がドキドキさせてる、何て知らないし、全くそんな下心なくやっちゃってるやつだな〜。
うーん、2巻よかったです。叶わない、叶えちゃいけない恋の切なさとか、家族に対する複雑な気持ちとか、すごく繊細に描かれていて。
自分とは真逆なタイプだけど、芯の弱そうで強い由奈が私は好きだな〜。(うじうじしてるとこはイラッとすることもあるけどww)そして、あんな天然な和臣が恋に気づくことはあるのか?その相手は誰なのか、がとってもとっても気になります!
ぜひ、読んでみてください♫

 

思い、思われ、ふり、ふられ3巻は2016年7月予定だそうです〜♫

思い、思われ、ふり、ふられ各巻ネタバレはこちら

ご購入はこちら↓amazxon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です