ちはやふる28巻【感想・ネタバて】(BE LOVE KC)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

2016年、二部作映画化決定!!
仲間と戦う最後の夏――。全国大会東京都予選で、千早が誓う夢がある!!

 

【あらすじ】
太一の退部後、自らもかるたから離れていた千早に新から届いた1通のメール。そこには、千早と太一、二人と同じ場所で出会うためにチームを作るという新の決意が込められていた。思いに突き動かされ、千早が向かった先は史上最多の24校が集う全国大会東京都予選。しかし、思いがけないルール変更や、奔放な新入部員の振る舞いに、瑞沢高校かるた部はかき乱されてしまう。
かるたを手放した時間が、千早にもたらす罠とは――?

 

ちはやふる各巻ネタバレはこちら

 

続きは感想 ネタバレ注意
ちはやふる28巻発売しましたー!!本当は7月発売予定だったんですが、なんと1ヶ月延期…そして、そして、やっと発売!!待ってたよーーー♡

と、このちはやふる28巻買った瞬間ページをパラパラ〜とめくりました。そうです。ソワソワ。太一、戻ってきてるかな…?ソワソワ。

新は、、出てるかな?ソワソワ。

…ちはやは…?と主要人ことばかりを考えて。そして、太一も新も全く出てなさげなこの28巻を……一日寝かせちゃいました。

そして翌日読み終えた後、このちはやふるの素晴らしい脇役人に心の底から土下座。&昨日読まずに寝た自分の所に戻って、漫画の角でカーーーン!と叩いてやりたい気分でした。気分、だけです。してません、すいません。

でも、それくらい瑞沢かるた部のみんなが熱かった。そして、団体戦とは、チームとは、仲間とは、、、とても考えさせられる巻でした。もう胸の奥と目頭がずっと熱くて口がムの字(泣くの我慢してたww)。前置き長くなりましたが、さっくりネタバレ感想です。

 

 

【ちはやふる28巻】

 

太一が退部したあと、自らもかるたを取れなくなり休部宣言していた千早。27巻の新のメールで復活したかと思ってましたが、まだ不調は続いてました。あんなに大好きなはずのかるたの札が重い、痛い、、、、でもそれさえも自分の中に刻むんだ、、、と。

 

かるた部から離れていたはずの千早が選び、向かった先は、全国大会東京都予選!!

 

 

 

黒いかもしれない重くて痛いかもしれない
でも最後の一年をみんなと戦いたい

みんなごめんみんなごめん
最後の一年をみんなと戦いたい

 

 

 

この、かなちゃんの後ろから見える涙…。
ちはやを信じて待っていたみんな…。もう、涙とまらないっっっ!!でもルールと、クセあり田丸妹だけは千早を待ってはいなかったww(出場校が増えた事で試合時間を短くできるよう新ルールが設定されました!)

この自信満々で勝ち気な田丸妹がチームをかき乱しちゃうんですが、本人の実力をきちんと認め信用を伝えた上で、先輩らしく指摘もし、ビシっと締める3年の肉まんくんと机くん、そしてかなちゃん!!

千早、太一がいなくなった事で、この3人が本当に精神的にも成長し、団結力、チーム力を高めてます!!年上と言うプライドを捨て、年下のいけすかない女子w(田丸)からも学ぶ肉まんくん!最高に、最高にかっこいい!!

 

 

西田:らしくなくてもなんでも学んで強くなるしかねえんだよ!
主将はおれだ いまこの部をいちばん強く支えるのはおれだ

 

 



そんな変わっていったみんなの姿を見つめ、(かなちゃんの指示により千早は試合には出してもらえませんでした。)突き動かされる千早。かるたがしたい。かるたがしたい!!そして、みんなに土下座し涙を浮かべ懇願します。

 

 

 

(引用元 ちはやふる28巻)
1
『も もう一度 戦わせてください 瑞沢かるた部として』

 

 

 

 

ここの“瑞沢かるた部として”に、ゾワーーーってきました。千早はもう今までのかるた部とは違う事に気づいてました。ここ、ぜひ読んで欲しい。「千早と太一がいないなんて瑞沢かるた部じゃない」と言う2年の菫(すみれ)に対し、顧問の先生のひとこと。

 

 

 

 

『あの二人が出てないことで
綾瀬さんと真島くんが出てなくてもみんなが勝ちきることで
来年もさ来年も続いていく
瑞沢かるた部がやっとできてきたと思うんですよ』

 

 

 


28巻で末次先生が描きたかったのはここなんじゃないかなーと勝手に思っています。そしてこれから浮き彫りになる瑞沢にとっての“太一の存在の大きさ”。みんなの頑張りにより、なんとか瑞沢かるた部は東京都予選の決勝リーグ(4校)まで勝ち進みます。

で、す、が、で、す、が!!そう簡単に物語は進みません!!まだまだ千早の試練は続きます!後日行われた決勝リーグ!4校の総当たり戦、一戦目は濃〜〜〜〜いせめがるたの朋鳴!!その試合にスタメンで出場し、今までの不調が嘘みたいに爆発し理想のかるたをとる千早!

 

 

千早:思い出す この空気 団体戦 一人じゃない この空気の中で 私は

 

 

 

まるでクイーンの若宮シノブの様…。
すぐに千早の一勝!ただ、この千早の突き抜けた強さが逆にチームのバラつきを出してしまう…。ここでみんなは太一の事を思い出します。“綾瀬が強くて一人で勝つなんて昔からのことだ その強さを孤立させないようにしてたんだ 真島は 自分自身の強さと声かけで”

 

 

 

そして、その役目はオレだ!と思う机くんと肉まんくん…。太一の抜けた穴はこんなにも大きかったのか…と、それでもそこを埋めようとする、二人に胸が熱くなる!!でもでも、結局流れが掴めず負けちゃうんです…。

 

 

瑞沢の全員が落ち込み、チームが一気に負の雰囲気に包み込まれてしまう。一度はどこかへジャージ姿で走り去る千早!え!??逃げた!?!?かと思ったら!!いきなり瞬殺で袴になって戻ってキターーーー!!で、水を一気飲みwww

 

 

そして、みんなを輪にし……千早が太一の抜けた穴を埋める!!!

 

 

 

千早『一緒に部を作ってくれた真島太一はかるた部を辞めたけど
私はいつか戻ってくると思ってる
何年後か 何十年後か

それまでに私はクイーンになる
そしてそれまでに瑞沢を
北央学園みたいなかるた強豪校にする』

 

 

 

ち、、、ちはやーーーーー涙涙涙!!!!
続けて『全国大会団体戦連覇!個人戦も1年も2年も3年も各階級優勝!』と、伝える千早!
と、驚くみんなwww今の状況だと団体戦連覇も個人戦優勝も、かなりハードルは高い。でも、確実にみんな前を向いている!!

 

 

 

『よし行こう』

 

 

 

その千早のかけ声とともにガラっと一気に雰囲気が変わった瑞沢。
ここで、ちはやふる28巻終了です!!

 

 

 

なんだか太一と千早が合体したように、成長した千早の姿。
これ、もう最強なんじゃない??
でも、でも、でも!!!瑞沢には太一が必要なんだーーーー。29巻できっと、きっと、戻って来てくれる事を信じています。太一、待ってるぞー!!!(瑞沢が一敗したことを、太一にメールするヒョロくんナイス!!)終わりの4コマの福井県予選での新もお見逃しなく♡そして嬉しいお知らせ!!ちはやふる29巻、10月13日発売!たった2ヶ月後です〜〜〜♡嬉し過ぎて小踊りしそう♡

 

《引用元 作品DATA》
出版社:講談社
著者:末次由紀
掲載誌:BE LOVE

 

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です