アヤメくんののんびり肉食日誌4巻【感想・ネタバレ】(FEELコミックス)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

攻めるS系先輩VS超マイペース彼氏!!恐竜オタクの超マイペース研究室ラブコメディ!!

 

【あらすじ】
舞台はT大・生物学科の研究室。恐竜オタクの変人彼氏・アヤメくんのとぼけた肉食ぶりにも慣れてきた椿。しかしある日、研究室の床に転がる徹夜明けの男に蹴つまずいてしまう。その男とは、不機嫌なオーラで恐れられる〝ワニの仁英〟先輩。仁英先輩の顔におっぱい直撃で倒れ込んだ椿はあわてふためくが、その日から何やら興味を持たれてしまい……⁉︎

アヤメくんののんびり肉食日誌各巻ネタバレはこちら


続きは感想 ネタバレ注意
表紙、もう仁英先輩に持ってかれてるやん!!と思いきや…裏表紙に恐竜お絵描き中のアヤメくん発見wwそんなマイペースだと大好きな椿を持ってかれちゃうぞーと思ってたら、なんだかこの4巻ではちょっぴり男らしいアヤメくんを見る事ができました♡

 

【アヤメくんののんびり肉食日誌4巻】

 

 

『おっぱい触っちゃった』事件以来(3巻参照)、椿の事をなんだか気に入った様子の仁英先輩♫仁英先輩が発表する福岡での学会にお供した椿やアヤメくん、研究室のメンバー。仁英の論文に興味を持ちしつこいアヤメくんをウザがりまくる仁英先輩。でも、アヤメくんは学会に来ている色んな人達に質問しまくりの相変わらずのマイペースww
そして、もうね、学会で発表中の仁英先輩がかっこよすぎるんです…♡

 

スーツ姿にこの理系オラオラの鋭い目線…♡そりゃ〜椿も…と思いきや…

 

 

 

見てるトコ骨だったーーーーwww
そして!!仁英先輩が椿に猛アタックアタック!!
喫煙場所で椿を壁ドン???

 

 

仁英『あのワニの骨お前にやったのどうしてだかわかる?
下心だよ男だから』

 

 

 

そこを見ていたアヤメくん。椿にキスしようと顔を近づける仁英先輩に…『椿先輩から離れてもらっていいですか』と仁英先輩相手にすごみます!!(てゆーか最初から見てて1回トイレ行ったくせにww)『ガキは向こうに行ってろ』と睨み返す仁英先輩に対し、初のアヤメくんのこの表情と台詞!!

 

 

 

(引用元 アヤメくんののんびり肉食日誌4巻)

『僕に命令しないでもらえますか』

 

 

 

か、かっこいいやんけ〜〜〜♡!!!言えるやんけ〜〜〜♡!!←何弁??いーぞいーぞ〜!
そしてその夜学会に来たメンバーで食事中、アヤメくんと仁英先輩の“椿のおっぱいを触った”問題でバチバチに!!!そこにいた研究室の高山先輩が素朴な疑問を発する!!

 

 

『ちょっと待って下さい!アヤメくんは付き合ってるからいいにしてもどうして仁英さんが!??』
『えっ』
『“えっ”?』
『えっ』
ええーーーーー

 

 

 

そうなんです。仁英先輩、アヤメ君と椿が付き合ってるの知らなかったんですwwドヤ顔で椿の事を恋人だと紹介するアヤメ君。そのまま仁英先輩は飲まされ潰れてしまいますが、、、T大に戻ってからも2人に対する態度は変わらず椿の事も別にあきらめてない様子!!
そこに椿のライバルであり、アヤメくんの事が大好きなエリザベスが参戦!!

 

 

エリザベス『なあに話って』
仁英『お前にとっても悪い話じゃないと思うんだが…』

 

 

 

仁英先輩と手を組んだエリザベスが里中先輩を使ってアヤメ君を大阪やら北海道やらに強制連行ww何も聞かされてなかった椿はSNSでその事実を知りモヤモヤしっぱなし。そこにもちろんつけ込んで来るのが仁英先輩!!
自分がしているバイトの手伝いを椿に頼み、アヤメ君の事でモヤモヤしている椿を飲みに誘い酔いつぶして…ワニの仁英の獲物にされちゃう〜〜〜♡!!てトコで…『サプラーイズ!!』と、北海道で大雪の為足止め食らってたアヤメくんがサンタ姿で帰宅!!(あ、この日はクリスマスでしたww)すると…

 

 

『サプラーイズ』

 

 

 

酔っぱらって寝ている椿をおそおうとする仁英先輩♡
逆にサプライズされちゃったアヤメ君!!

 

まだまだ仁英先輩とエリザベスの略奪作戦は続きそうですね〜〜〜!!ちなみにワタシはエリザベスに下僕の様に使われている里中先輩と、エリザベスのカップル推しですww♡アヤメくんののんびり肉食日誌5巻につづきます♫

 

 

《引用元 作品DATA》
出版社:祥伝社
著者:町 麻衣
掲載誌:FEELYOUNG

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です