ダメな私に恋してください5巻(マーガレットコミックス)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

大ッ嫌いだった元・ドS上司に恋!?
ダメダメアラサーミチコの恋の行方は!?

あらすじ
職場の同僚・最上と付き合い始めた柴田ミチコ(29歳)。新居に引っ越して、居候生活からも脱出。しあわせになるための第一歩を踏み出した。初めてのカレがいる生活に戸惑いながらも新生活を楽しむミチコ。しかし、最上から、実家の母が入院してしばらく会えないと言われ、過去のイヤな記憶がよみがえり…!?

ダメな私に恋してください各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意

ダメ恋4巻にて、ミチコにとって初♡彼氏の最上くんから「両親が倒れた」というトラウマワード発令!!(ダメ恋1巻参照)疑っちゃダメだと思いつつも…

 

 

『入院費と実家までの交通費でお金がなくて』
『えっ』
『お金欲しいなぁ』

 

 

 

なーーーーーんて夢まで見ちゃう程、疑り深くなっちゃってます。もうここまで来るとトラウマってかクセ?ってか性格になっちゃうのかww??
その後も最上君とちょこちょこ会うも、最上くんの明るい態度に、無理しているのか、それとも自分をだまそうとしてるだけだから本当に明るいのか、、、とか悶々とするミチコ。
プライベートで久々に会った最上君が、ミチコにキスしてこようとした途端反射的に…

 

 

 

いやーーーこりゃ〜あかんやつや!!←なんで関西弁
最上くん…かわいそうすぎるwwこれでもし両親が倒れたのが本当で、無理して明るくふるまってるのに彼女にまで拒否られたら…ひどいよーミチコーーー!!

 

 

 

 

ミチコも最上くんを信じようと頑張りますが、主任のイジワルな『詐欺師』扱いになんだか反論出来ず。最上くんがミチコのバイト中に店に現れ黒沢と初対面!
最上君が帰った後、最上くんについてどう思うかと聞くミチコに対し、黒沢は…

 

 

 

『俺があいつは本物の詐欺師だって言ったらどうするんだ?』

『自分の男くらい自分で決めろ』

 

 

 

ご、ごもっとも〜〜。
そして最上くんが動きます!!仕事帰りに急にミチコにプロポーズ!!

 

 

『俺と結婚してください』

 

 

 

自分のウエディング姿を想像しテンションが上がるミチコ…♫でも、まさかの婚姻届まで記入してきていた最上くんにどん引き…ww週末区役所行こうってwwwこれはもう詐欺だと、またまた思い込み、ミチコは後日最上君に指輪を返します。『この事は忘れて下さい』と、悲しそうにミチコの前を去る最上くん。
最上くんの事が全く分からないミチコは晶姐さんに相談。すると…

 

 

 

『好きなら騙されてもいいやって腹くくりな それができないなら自分の事だけ大事にして自分のことばっか考えてりゃいいよ』

 

 

 

 

厳しいけど、ごもっともな意見ですな!そして、“最上君はその程度の男だったってことよ”と気持ちを見透かされてしまう。
後日、会社の上司から最上くんの父親が危篤だと聞いたミチコ。話は本当だったんだ…と、最上くんを信じてあげられず、反省するミチコに最上くんからメールが…。
最上くんに会ったミチコは、結婚に対して焦ってたのは容態が悪くなる一方の父親に、お嫁さんを見せてあげたかったからだと聞く。(めっちゃいい子やんっっ涙)あと黒沢とミチコが仲が良くて焦っちゃったみたい。そして最上くんはミチコに…

 

 

 

『俺これ以上柴田さんに迷惑かけたくなくて』
『だから友達に戻っていいですか』

 

 

 

…と!!ミチコ、フラれちゃいましたーーー。てか最上くん、どこまでいい奴なんだ。きみ、詐欺師扱いされてたんだぞっww!!若干ミチコの被害妄想ぐあいにイラっとしたこの巻でしたが、最後の自己嫌悪でドーンと落ち込むミチコ見たら何も言えねーーー←え?

ダメな私に恋してくださ6巻に続きます。もう、他の男とかいいから!自分の本当に好きな黒沢と距離縮めてくれや〜と思った巻でしたっ♫

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:中原アヤ
掲載誌:YOU

 

 

ダメな私に恋してください各巻ネタバレはこちら

ご購入はこちら↓amazon

電子書籍はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です