orangeオレンジ1巻(アクションコミックス)

3 votes, average: 3.00 out of 53 votes, average: 3.00 out of 53 votes, average: 3.00 out of 53 votes, average: 3.00 out of 53 votes, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

26歳になった私には後悔している事がたくさんあります。
累計100万部突破の青春SFラブストーリー!



あらすじ
現役高校生でデビューを果たし、10年間女子中高生から絶大な人気を得続けている高野苺の本格SFストーリー。少女漫画ファンのみならず幅広い男性・女性漫画読みからも絶賛の声多数!!第一巻は、集英社版1巻に加え、単行本未収録の読み切り作品が1話掲載される。高校二年生の菜穂に届いた未来からの手紙。そこには未来の自分の後悔がつづられていた。はたして菜穂は手紙を読み「後悔しない未来」を作ることができるのか?切ない思いが交錯するタイムパラドックスラブストーリー。


最新刊!orangeオレンジ5巻ネタバレはこちら

「全国書店員が選んだおすすめコミック2015」第5位!
「このマンガがすごい!2015」オトコ編第15位(宝島社)
「次にくるマンガ大賞2014」第12位

orangeオレンジ各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意

遅ればせながら、とっても人気のこのマンガ・オレンジを手に取ってみました!前々から気にはなってたんですが表紙の絵のさっぱり具合と“青春SF”が引っかかって…w。(すんません。)でも中の絵は全然違ってとてもタイプなかわいい絵柄でした!!
でもでも!このタイミングで手に取って良かった。ほんとに面白くて続きがめっちゃ気になるんですが、このマンガ元々は別マでかかれてたのがお引っ越しして月刊アクションで連載スタートしたらしいんです。その移動の間はいつ連載がスタートするか分からなかったらしく…。(むしろその理由が知りたいww)ファンの方はツライですよね〜。未だに矢沢あい先生のNANAの続きを待っている私としてはとても心苦しい。なので、連載中のこのタイミングで読み始めてよかったです。あ、前置きがだいぶ長くなりましたが、ネタバレ感想スタートしていきます♫

 

 

 

主人公・高宮菜穂、高校2年生は始業式の朝、突然10年後の自分から手紙が届く。

 

 

『ん?』
私から…?

 

 

 

そこには、これから起こる未来の出来事と、自分と同じ「後悔」を繰り返さないためにとるべき行動が書かれていた。
・6組に東京から転校生がやってくる。
名前は「成瀬翔」

 

 

 

『今日からこのクラスの転校生が入る事になった』
『成瀬翔(かける)くんだ』

 

 

 

手紙の内容と全く同じ事がおこった事に驚く菜穂。でも“きっと偶然”だと思ってしまう。
その手紙には…

 

 

 

・翔に一緒に帰ろうと誘っても翔は断る。
◎この日だけは翔を誘わないでほしい

 

 

 


誘ったら何がだめなんだろう…と思いながらも菜穂は仲良しメンバーの諏訪(すわ)、アズ、貴子、朔(サク)と誘った翔(かける)も一緒に帰る。

 

 

 

そこで、周りに気を使い、なかなか気持ちをはっきり言えない自分を気にかけてくれる翔のことが気になり始める。家に帰って手紙を読み返すとその日あった出来事や自分が書いたはずの日記の内容まで10年後の自分によって書かれていた。筆跡も自分と一緒。なんだか怖くなり続きを読むのをやめる菜穂。
その後翔は2週間学校を休む。

翔の事が気になり手紙を読み進めていく菜穂。球技大会の事がかかれており、現実も同じ様に進んで行く。その手紙には…

 

 

 

4月20日
・ソフトボールの試合で私は代打を頼まれる。
◎この時、私は代打を断って頼まれる。
どうか断らずに引き受けてほしい。
・この日私は翔を好きになる。

 

 

 

 

その通りの現実で一度は断る菜穂だが、後悔しないように代打を受け見事優勝し現実を変えた菜穂。なんだかそんな今までと違う自分を嬉しく思う。そして手紙に書かれていた通り、その球技大会の日、菜穂は翔(かける)を好きになる…。

 

 

 

『見てるよ 俺は 気になる』

 

 

 

書かれている事が次々起こり次第に手紙を信じる様になっていった菜穂。
家に帰りまた手紙を読み進めるとそこには…

 

 

 

 

26歳になった私には後悔している事がたくさんあります。
この手紙を書いたのは、16歳の私にこの後悔を一生残して欲しくないからです。
10年後の今、翔はここにはいません。
大切なものを失わないで。
翔の事をしっかり見ていてあげて下さい。

 

 



その後には衝撃の事実が…

 

 


翔は17歳の冬、事故で亡くなりました。

みんなや、私達との約束も全て置いて。
私達が後悔しているのは、翔は救えた ということ。

 

 

 

 

この手紙の目的が同級生の翔を事故死から救うためだと知り、臆病な自分に打ち勝ちながら自分を変えて未来を変えようと努力していく菜穂。

 

 

・翔が悲しそうにしていたら、いつでも助けてあげて欲しい。

 

 

 

 

翔(かける)と放課後2人きりになった菜穂は、転校初日に翔の母親が自殺していた事を知る。手紙にあった◎この日だけは翔を誘わないで欲しいと書いてあったのはこの事だったのかな…と誘った自分に落ち込む菜穂だけど、叶えなきゃ自分の願いを!と思い10年後の自分は渡せなかった手作りのお弁当を翔に渡します♫!!

 

 

翔の笑顔は残すよ 10年後もずっとずっと

 

 

 

 

すると段々、手紙に書かれた内容と現実が変わり始める。手紙には◎翔を無理にでもサッカー部に入れてあげてほしい。と書かれていたけど、諏訪が誘って翔はサッカー部に入る事になっていた。

 

 

あれ…?もしかして…
未来が変わってる…?

 

 

 

自分の行動が変わった事で未来が変わったんだ!未来は変えられるんだ!と前向きに考える菜穂。…の前にライバル登場!!!
年上のかわいい上田先輩。しかも手紙には翔と先輩がつき合う事になる、授業中に翔に貸した消しゴムの中を返してもらったら見る事、と書かれていた。 その事をすっかり忘れた菜穂が、遅れて返してもらった消しゴム野中を見ると翔(かける)からのメモが入ってました。そこには…

上田先輩とつきあっていいと思う?

あわてて“だめ”と書いたメモを翔(かける)の下駄箱に入れるけど、時すでに遅し…。翔は先輩にオッケーを出してしまってました。(顔はタイプらしいwww)
それを見ていた菜穂はみんなでいた教室を出て行ってしまう。そんな菜穂を追いかけるのは、もちろんずっと菜穂の事が好きで見守っている諏訪(すわ)。

 

『…おまえ…翔が好きなんだろ?』

 

 

く〜〜この今にも泣き出しそうな菜穂の顔とそんな顔をする菜穂に切ない顔をする諏訪!!たまらないですな…。てか、翔のアホーーーー!!!!
で、その菜穂のメモをその後見ちゃう翔、そんな顔すんならつき合うなやー。
と、思ったらソッコー別れましたww先輩めっちゃ性格悪いしww

翔が先輩と予定より早く別れたのは実は、10年後の自分ができなかった自分の気持ちを、(諏訪の後押しもあって)菜穂が翔に伝える事ができたからなんですけどね。
先輩と翔がつき合い始めてから、菜穂は先輩に気を使い翔へのお弁当作りや朝の電話もやめ、なんだかうまく話せなくなってました。でも、自分の気持ちを伝えます!!

 

 

『翔!あのね!大変じゃないよ!お弁当作ること!翔は無理言ってって言ったけどそんな事ない!私はすごく楽しくて幸せだったよ!この間声かけてくれたのに応えられなくてごめん!話は何!?何ーーー!?』

この後、翔は先輩と別れようと思っている事、他に気になる人がいる事を菜穂に話す。
翔の気になる人 未来の私知っているだろうか
とかとぼけた事を思う菜穂…で1巻終了。

 

 

 

『気になる人?』
『うん 先輩とつきあってから気づいた』
『…それって好きな人?』

 

 

 

この翔の顔見てよ。菜穂が好きーーーってビーム出てるやん、とツッコミ本を閉じるww。
と!忘れておりました!!!10年後の現実世界では、菜穂と諏訪が結婚していて子供までいます!!(ちょっぴしへこむ。)

変わらずアズ、朔、貴子と親交があり、5人は10年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こしに行くんです…が、10年後の自分に宛てたはずのそれぞれの手紙…なぜか翔の内容だけは、10年後の自分にではなく、みんなに宛てたものだった。
そこで翔が自分の死を知っていたのではないか?と疑問になり、翔の実家の祖母の家に向かうんです。

なんとも切ないけど、未来が変えられるんじゃないかと期待してしまう!!でも死んでしまった翔の未来は変えられるのか、、、子供がいる諏訪と菜穂の関係は今更変えるとかはないんじゃいか、、とか読み終えた後悶々としちゃいます。(続きがめっちゃ気になる♫)
そんなジメーっとした気持ちを切り替えてくれるのが、収録作品の「春色アストロノート」。かわいい双子のかわいい恋物語♫イケメンの結(ゆい)くんがたまんねーっすww
この作品はアクションコミックス版にしか載ってないそうで、今の所4巻全てに入ってます♫

ではでは、orangeオレンジ2巻ネタバレ感想に続きます♫!

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:双葉社
著者:高野苺
掲載誌:月刊アクション

 

ご購入はこちら↓amazon

電子書籍はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です