太陽が見ている(かもしれないから)2巻(マーガレットコミックスCookie)

1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

ここがキュッてなる時ないの?
恋と友情…フラットハウスで三角関係が動き出す!

あらすじ
岬と楡が共同生活を始めて、初の夏休み。父親と揉め、自宅に閉じ込められた楡。楡を助けにいった岬と日帆の間で、友情が深まっていく。一方で、岬の楡への想いも強くなり…。日帆の楡への気持ちも、また!? 微妙な三角関係が動き出す!!
【収録作品】きなこさん

太陽が見ている(かもしれないから)各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意

三角関係????そーまとめちゃえばそうなんだけどこの3人の関係をそんな陳腐な言葉でくくって欲しくないと思ってしまった。登場人物みんながキュッとなって、読み手は1巻から引き続きギューっと胸が苦しくなる…そんな太陽が見ている(かもしれないから)2巻でした。表紙かわいすぎ!!!

夏休みに入った岬(みさき)たち。楡(にれ)は父親からのお金の引き落としを止められ文句を言いに実家の父親に会いに行く。(なぜか飯島・兄も)そこで散々ののしられた楡は父親にキレる…。

 

『なんで…なんで母さんなんだよ クズなんだからおまえが死ねばよかったんだ』

 

 

 


楡は飯島に言われ、自分の父親が自殺に追いやった家族のことを調べていた…。飯島・兄がその楡が父親にキレた様子を動画に収め岬や日帆に見せてくれる。(楡は家に閉じ込められてしまってました。)

楡を助けに行った岬と日帆(かずほ)はそこで更に友情が深まっていく。
楡の家の前で待つ間、日帆は自分の母親が精神(こころ)の病気だということを岬に打ち明ける。それを聞いた岬は日帆と抱き合い…

 

 

 

勇ましい気持ちで 結託した2人は 
楡の為に
自分以外の 誰かのために

 

 

 

 

そして岬と日帆は夏休みの間、楡(にれ)に内緒で同じファミレスでバイトを始めます♫そこになんと飯島(中学の同級生)が登場!同じバイト先でしたっ。バイトから戻り足がつった岬をたすけてくれる楡…。そんな楡に岬が…

 

 

 

『あたし明日もちょっと出かけるから』
『どこに?誰と?ーとか言う束縛ってキモいよね 別にいちいち断んなくていーし』
楡 それは束縛じゃなくて 確認

うーん。気持ちの変化が出てきたのは岬だけじゃないのか???翌日、バイトの後飯島をフラットハウスに連れてきた岬。中学時代の同級生(飯島)を楡にも会わせたかったんだと思うけど、楡はまだ帰っておらず玄関先で岬はまた足がつってしまう。
心配する飯島…そこに帰って来た楡は…

 

 

 

『触るな』
『俺の家に勝手に知らないやつを入れるな』

 

 

岬『い いーじまだよ楡……』
楡『……』
飯島『飯島』
岬『いーじま』
楡『………飯島祭りかよ…』

楡もあたしのことが大事 だね?

 

 

 

 

楡、同じクラスだったいーじまのこと覚えてない ねwww???
そしてそれを見ていた日帆…も、きっとキュっとなっていたんだろう。フラットハウスに入らず何も言わずに帰ってしまう。ここからは日帆目線のさっき。

 

 

 

楡の態度もだけど、楡がわって入った後の岬の乙女な顔。気づいちゃうよね。
後日バイト先で日帆になんで帰ってしまったのかを聞く岬。日帆の母親の話になり、日帆は母親の精神的な病気のことを楡に伝えてないのは楡が気にしてしまうからでなく、楡が自分のことを“凛としてまっすぐ立っている花”に例えてくれたから立っていたかったのかもと言って笑う。
そしてあの夜のことを話し始め『「触るな」だって!キュンとしちゃうねあんなこと私も言われたーい』と言って耳まで赤らめる日帆。
そんな日帆に…
『楡がすき?男の人として好き?』と聞く岬。日帆は…

 

 

 

日帆『わからないの…楡みたいな人を……楡しか知らないから…楡みたいな人は…私の中のただ一人なの』
人の耳ってあんなに赤くなるんだーーーーー

日帆 あなたも 雑魚ではないただ一人 ちきしょう

 

岬にとって日帆も楡も大事な存在。そんな苦しい岬の気持ちにも共感できるし、日帆の切ない気持ちも胸をキュっとさせる。こんな苦しい気持ちになるなら…こうなったらもう、この際、楡!!他の女の子とってのはどうだ!?!とか読みながら一瞬思ったんです。そしたら話がいきなしそうなって…!!ていっても飯島・兄と出かけた先で飯島・兄にナンパさせられたっていう。やっぱ他のコはないわ、って思い直しましたwww。

 

帰って来た楡の香りにすぐに気づく岬。

 

 

岬『だって楡へんなにおいする かいだことない へんな女が付けるへんなにおいがする』

 

 

「大変だ」と言ってシャワーをあびようとする楡がクローゼットの扉を開けると、お金が入った箱が頭に落ちてくる。思わず笑ってお金をまき散らす岬。そして…

そのまま楡をベットに押し倒し…

 

 

 

岬『あたしたち…友だちだよね?』
楡『うん 友だち』

 

そう言って表情も変えず、岬の頭をなでる楡。

 

ここで、太陽が見ている(かもしれないから)2巻終わりです!!うーん。うーん。。毎回切ない!!同級生の飯島が出て来たとき、なんだか楡が妬いているような気がした気もしなくもないが…。読んでて嬉しかったし。でも楡は、恋とかそんな感じではなく(恋だったとしても全然気づいてないだろうし)人としてとっても大事に思っていて、今の岬との関係をホントに続けて行きたいと思ってる気がするな。それって恋人になるとかよりすごくね?って思うけど。
いずれは底をつくであろう生活費を気にして家計簿アプリつけてみるくらいだから。(楡かわいー。)
でも岬はもう自分の中にある楡への気持ちを認めてしまったし、日帆も同じ。難しいな。てか、日帆かわいいなぁーーー。やっぱ女の子は素直が一番かわいい。でも日帆と楡エンドはちょっとやだなw。
この関係はどうなっていくんだろう。気になってモヤモヤして仕方ない。
太陽が見ている(かもしれないから)3巻は2015年9月発売予定だそうです!!!
ま、待てないwww

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:いくえみ綾
掲載誌:Cookie

 

太陽が見ている(かもしれないから)4巻ネタバレはこちら

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


太陽が見ている(かもしれないから)2巻(マーガレットコミックスCookie)

  1. 楡が飯島(弟)に、「触るな。」と一喝する場面は、本当に何度見てもキュン♡となる〜〜!!岬のあの嬉しそうな顔!!

    楡があんな風に嫉妬丸出しな感じで言われたらそりゃああんな顔なるわなぁ〜。でもなぁ…日帆は、辛い。辛すぎる。あんな所を目の当たりにされたんじゃあ、帰りますよ。

    だって、あの時の楡、日帆の事なんて気にも留めない勢いだったもん。一緒に帰ってきたはずなのに。この時は、まだ俯瞰して三人の関係性を見ていれた気がする。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です