プリンシパル5巻(マーガレットコミックス)

5 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

あなたはどっち派??甘・辛いくえみ男子!!

 

あらすじ
付き合い始めた弦と晴歌。想いが実りはしゃぐ晴歌を横目に、糸真ははき出せない想いを抱えることになってしまった。ある夜、晴歌からのメールを読んだ糸真は、思わず和央の部屋を訪ねるが…。 【同時収録】美しやホラー

続きは感想 ネタバレ注意

晴歌と弦が付き合い出したのと同時に、自分の弦への気持ちに気付いてしまった糸真(しま)!
しかも弦の家に行った晴歌から、弦の部屋の感想メールが来てモヤモヤしちゃう糸真は和央(わお)の所に…。弦と和央に出会って、“落ちた”と思ったと。和央の事が気になって仕方なかったと打ち明け(バレバレだけどw)、今までの気持ちの移り変わりを話す。べらべらと。そして…

 

『でもね じゃあ あたしはどこに落ちるのかなぁ』
『あたし どこに “落ちる”のかなぁ……落ちたら つらいよね……?』

 

 

 

うーーん弦の事ですね〜。糸真もツライポジションですなぁ。でもいいよ、若いしっっw!そして、糸真の弟になった和央も、弦の姉・弓との恋仲を弓の母に邪魔され家に来るなと言われてましたが、もちろん弦には隠してましたっ。
でも弦にバレちゃうんだなーーー。弦は母親にブチ切れてケンカします。
ここの弦にジャンプして飛びつく和央がかわいっす。

 

 

でもこの後、弦の発言が弓を傷つけたと知り和央に首締められそうになるんですけどねw。
そして弓は独り立ちする為に実家を出て一人暮らしを始め、和央ともいい感じでございます♫

和央は糸真の気持ちに気付いてる。きっと弦も糸真の事を気に入ってるはずだけど、ニブちんの弦は自分の事なん全くわかってない天然さまさま。わざと和央は『国重晴歌の好きなトコを3つ言ってみて』と。
『話しやすい 明るい 糸真にすすめられた』
だってーーー!そんな弦に…

 

 

『そんなの僕だってすみれだって糸真だって弓ちゃんだって大好きだろバカ弦』

 

 

 

弦はなんの事か全くわかってない。そして晴歌はここを聞いちゃってるわけで…w。

何も知らない糸真は翌日、晴歌に友人を紹介してもらうよう頼む。盛り上がる晴歌と糸真だけど、糸真の“一回リセットしとかないと”と言う発言に固まる晴香。

 

 

 

で、それを見てる和央。晴歌に…
『僕のこと黒いって言ってたけど国重さんも黒いからわかるんでしょーきっと』

 

 

 


『自分で言っといてわかってんのかな かわいーなぁ僕のお姉さん』
『リセットだってさ 何のリセットだと思う?黒晴歌さん』
『“黒王子”と“白王子”との出会いでしょ あたしは関係ない!』

と言って逃げ出す晴歌。
で、後日ついに糸真は晴歌の友人の金沢くんと初めて会います!
糸真がおしゃれして出かけるのを見つけた弦(と、和央)は隠れてついてくるんだな〜〜。

 

 

 

晴歌との映画に遅れてまで。ド天然な弦だな。しかも晴歌との待ち合わせ場所に行き、飲んだフラペチーノに胸焼けした、と言う弦だけど…。
それははたして本当にフラペチーノになのかw??

ちょっと短めでしたが、ここまでがプリンシパル5巻でございました!!
いくえみ先生のマンガって表情とかで察するページってすごく多くて。この5巻は糸真の本心が他の人に言えないからこそ絵で伝わるページが多い…のでぜひ漫画で読んでもらいたい!

さっくり言うと…糸真、気付いちゃった。和央、気付いてたし(弦にも)気付かせようとしてる。晴歌、気付いてるけど知らないフリ。弦、気付いてないけど行動がおかしいw。
てな感じでしょうか♫!!読んだ人しか意味わかんないですねw。すいません。

ではではプリンシパル6巻に続きます。あと、2巻だーーーー!(さみしいーーー)

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:いくえみ綾
掲載誌:Cookie

 

ご購入はこちらから↓amazon

電子書籍はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です