脳内ポイズンベリー3巻(クイーンズコミックスCocohana)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

2015年、真木ようこ主演で映画化決定!
あなたにもきっとある!?めくるめく脳内会議!

 

あらすじ
櫻井いちこ(30)は元婚約者の話題でふと涙をこぼし、越智(31)にキスされてしまう。しかもその元婚約者からのメール着信で早乙女(23)とも不穏な空気に…!? 一筋縄ではいかない新感覚ラブ・パニック、第三幕が今、はじまる!

脳内ポイズンベリー各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意

新感覚恋愛コミック、脳内ポイズンベリー3巻ネタバレしちゃいます。
2巻ラストで越智さんとのドライブ中いちこが婚約破談の過去を話し泣いてしまうと、なんと越智さんはいちこにキス。いちこの脳内はパニックなのでは!?!…と、思いきや…

 

 

議長・吉田『…誰か 何かないのか リアクションとか…コメントとか…』
ポジティブ石橋『うーんと…』
脳内メンバー全員『…』

 

 

 

で、ですよね。好きでもなくときめかない人にされても…。越智さんが自分の事をスキかもわからないし、しとかなきゃって雰囲気かもだしって事で、脳内会議の末、出した結果はスルー

 

 

『じゃ 帰りましょっか』

 

 

 

しかもその婚約破棄浮気男(名前を言ってはいけないあの人)から2年ぶりのメール。脳内では急な展開にパニック!ポジティブ石橋、ヴォルデモートって言っちゃってるし笑。←ハリポッターの敵
その後ときめく♡早乙女とデートするもタイミング悪く元カレからメールがきて、結局すぐケンカになりうまくいかず。(相変わらずの早乙女の少年っぷりに考え直そうと思う。)

 

 

『俺は帰るけどいちこさんはいちこさんちに帰ったら? 俺忙しいし』
『ゲームでね。』

そして、仕事の打ち合わせ帰り越智さんと帰っている時に、またまた元カレから電話。ここのいちこの代わりに電話に出る越智さんはかっこいい〜!!

 

 

『なんなんですかね いちこも迷惑がってるんですけど』

ポイントアップ♫!そしていちこに自分は結婚相手としてはどうかと訪ねられ『すごく良さそうだと思います!』(脳内・ハトコ『ときめかないけど結婚相手には最適な人ー!!』)と言うと、

 

 

 

『じゃあ付き合う?結婚前提で?』

 

 

 

おー!!キターー!!と思いきや、『結婚に向いた人が現れたらさっさと結婚しようと思ってた』とか、『いちこちゃんは結婚向きな人でしょ』とか『それに年齢的にも…あっもちろん若いとは思うけど』とか『でも結婚するならもう真面目に考えないといけない年じゃない?』とか…。
ディスってる?ディスってますよね?アラサー読者、巻き込み事故なんですけど笑。
で、脳内では越智さんは

 

 

議長・吉田『思ってたよりはちょっと変な人かもしれないぞ!!』確定。

 

 

 

 

ここで大事な事、いちこはまだ早乙女と付き合っていた。(記憶担当・岸さん久々登場。)
越智さんにもそれを伝え、家に帰ったいちこの頭はずーーーーっと会議会議。やっぱり早乙女の事が好きだけど、すぐケンカになるし、噛み合わないし、将来の設計も描けない。うまくいったとしてもいつかお別れを言う日がくる気がする。(しかもこのセリフ、まさかのハトコ発言。)
脳内会議の末いちこが出した結論が、これ。(心が揺れないようにメールに保存する)

 

 

『一ヶ月半待って、早乙女くんから連絡が来なければ、もうお付き合いは終わりにしようと思います。』

 

 

 

 

苦しい苦しい1ヶ月半…あーーーあ…経っちゃいました。で、あのメールを送るいちこ。
しばらくしてから、越智さんに早乙女と別れたことを報告。すると越智さんは…

 

 

『ちょっとそこで待っててもらえますか。告白しにいくので。』

 

 

 

 

お、おーーーーー!!!脳内メンバーも『正直もう安心できる相手にまかせて楽になりたい』で一致。越智さんの『結婚を前提に付き合いましょう』を受け入れ、もう再来週には越智さんの実家に行く事に決定。『サクサクいこうよ』って言う越智さん、引っかかるけどキライじゃないぞ笑。

 

 

 

で、越智さんの実家に行く日の朝、いちこのおうちに…ピンポーン♫
誰だ???越智さん?まさかの早乙女か…??で3巻終了!!

 

 

 

てか3巻、早乙女全然出番なし!!早乙女が出てこないから脳内も常に冷静に話し合いだわー。そしてこの巻で1巻から違和感の“カップケーキのピアスの持ち主”が判明。私の越智さん×早乙女説(あるわけないわ)が見事に破れ…昔越智さんが片思いしつつ早乙女に紹介してた既婚者のデザイナーさんの物だったみたい。
てか、突っ込んでいいなら、カップケーキのピアスってダサくない?一時期海外ので流行ったりしてたけど、カップケーキのピアス付けるデザイナーってどうなん??どうなん??はい、話脱線。すいません。

でもここの越智さんの

 

 

『俺なんでこんな話したんだろ 早乙女株を下げたかったのかな』

 

 

 

は、いい笑。いい人のダークサイドって、いい。やっぱパーフェクトで何考えてるか分かんない人より、人間っぽさは少しあった方が魅力的ですよね。

でも、これからどうなるんだろうな〜。いちこが好きなのは早乙女だし、読んでるこっちが盛り上がるのも早乙女なんだけど、早乙女のフワフワ感も半端ないしなー。30女がマジメに付き合う相手じゃないんだろうけど、かといって越智さんの魅力のなさもなんか残念なんだよなーなんかひっかかるとこ多いし。3巻では越智さんに一票だけど、これといっての魅力はない。これ、どっちにもいかないパターンじゃないかな?と、ふと思う。
こんな風に“どっちも微妙”って設定のマンガてあんまりない気がするけど、逆にすっごい現実的な気がする。マンガに出て来る様な、かっこよくて、性格よくて、一途で、責任感があって、仕事ができる。なんてひと中々いないもんなぁ。だからそれを求めてマンガをみんな買うんでしょうけどね。

でも、4巻はもうちょっと早乙女が出て来る事を期待♡しとります。

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:水城せとな
掲載誌:ココハナ

 

ご購入はこちら↓amazon

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です