アオハライド10巻(別冊マーガレット)

1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5
おとな女子マンガvip管理人の独断と偏見によるオススメ度
Loading...

みんな、青春に乗れ!!映画化・アニメ化決定!!
累計800万部突破の王道青春マンガにキュン♡ 

あらすじ
冬馬とつきあうことにし、キスもした双葉。
洸への気持ちを振り切り、前に進もうとする。
修学旅行の行き先は洸が中学時代を過ごした長崎。
双葉、洸、悠里、修子、小湊で同じ班になり一緒に過ごす中でー。

アオハライド各巻ネタバレはこちら

有村架純主演!同作者・ストロボエッジ各巻ネタバレはこちら

続きは感想 ネタバレ注意

洸派のワタシとしては、なんとも面白くない巻でしたな。(7巻からずーっと言ってますが。)
まぁ漫画的には大事なのかも…もっと妬けやけ〜〜洸!!笑

冬馬とつき合いだしキスもした双葉、洸への気持ちはふっ切れてはないけれども、中実に冬馬と向き合おうとしてる。(性格いいんだろうな〜。)

 

一方告白のタイミングがずれて冬馬に双葉を持ってかれちゃった洸は、カラ元気。じみーにヤキモチ妬きまくってます笑。『くやしくてたまんねー』洸、カワイイ。

 

 

冬馬と駅で別れた後、洸と偶然会った双葉。一瞬話して別れたけど、流れ星を見て興奮して振り返ると洸も同じ流れ星を見ていた!

 

 

振り向いて双葉の事を見てたんですよね〜。きゅん。双葉もそれに気づいてる。しゅん。

そしてここは前、花火大会の約束をした時、洸と双葉があと1ミリまで近づいた場所だったー。

 

 

双葉もなんとなく洸がカラ元気だったり、自分に気持ちがある様な気もしつつ…

 

 

いくらでも都合良く妄想出来てしまう こんな思いに追いつかれたくない もっとバカみたいに走れ 振り切れ

 

 


双葉もまだ未練たらたらじゃん…。でもでも、冬馬を大事にしたいと思う気持ちからなるべく洸とは関わらない様に…。えらいなぁ〜。
そしていよいよ修学旅行!!バスで隣に座った眠る双葉を見つめる洸…たまんねー!!!

 

 

 

修学旅行で双葉と洸の絡みはありつつも、夜冬馬と待ち合わせをしたり、冬馬の為におそろいのキーホルダーを選んだり、(洸が見てる前で冬馬の方へ走っていき、そんな双葉をだきしめちゃう冬馬…それを見てる洸…ワタシまでツラっっ!!)冬馬が安心してくれる様態度でしめす双葉がけなげ…

 

 

抱きしめられながら、『菊池くんが嬉しいなら私も嬉しい
うーーんなんか違くない?恋ってそんなんじゃなくない?と読みながらツッこむワタシ。

夜冬馬と待ち合わせ場所に行こうとする双葉と会った洸は…

 

ダメ!!

 

 

 

くーかわいい!!勢いでリネン室に双葉を連れ込んだ洸だけど、結局先生に見つかりそうになり、双葉をかばって洸が一人で出て行った。後ろ髪ひかれながらも冬馬に会いに行き、遅れた事情を話す双葉。冬馬は洸に次の日…

 

人の彼女にちょっかいだすなよ
た、たしかにーーー!!

双葉も双葉で、洸がお母さんとのツライ思い出がつまってる長崎での修学旅行だから心配して小湊に洸を気遣う様に伝える。思い合ってるのにな〜。冬馬の結構イチャついてくるトコに若干イラっとしちまう笑。

そしてこの巻では修子と小湊もちょっぴり接近♡小湊がんばれっ!!

10巻ラストは洸の死んだ母親との辛い思い出でもある長崎の夕日をみんなで見る。
そんな洸を見た双葉は
一つ立ち直る瞬間を見た みんなでそれを見た
もう一度巻き戻して見たい あの瞬間 うんなんか あれはよかった

 

 

最終ページ、携帯を見ながら少し変わった様子の小湊ー。一体なんなんだ??

ともかくともかく、早く洸と双葉のくっつくとこ見たいよーう、まだまだ先かな?あんまりじらすと飽きちゃいますよーー。11巻も楽しみにしてます!!

 

 

《引用元 作品DATA
出版社:集英社
著者:咲坂伊緒
掲載誌:別冊マーガレット

ご購入はこちら↓amazon

電子書籍はこちら↓

この記事が気にいったら
いいね ! ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です